アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

京都3日目は京都御所へ行ってみました。
地下鉄烏丸線で四条駅から今出川駅まで一本で行けます。

今出川御門から京都御苑の敷地内へ。
京都御所自体かなり広いですが、
京都御苑は南北その2倍ぐらいあります。

Kyoto201705-301.jpg


京都御所に入る前に明治天皇の生誕地によりました。

Kyoto201705-302.jpg


中に入って見学出来るわけでもないので
写真を撮ってすぐに京都御所の西側の入口へ向かいました。
ずっと壁が続いていてかなり歩きます。

Kyoto201705-303.jpg


門から中に入る時に番号札を渡され首にかけます。
これで人数を数えているそうです。

Kyoto201705-304.jpg


いよいよ京都御所の中へ。
すいていて良かったです。

Kyoto201705-305.jpg

Kyoto201705-306.jpg


まっぷるの京都散歩地図に載っているコースを
そのまま歩こうとかと思っていたのですが、
順路が表示されていたのでそれに従いました。

Kyoto201705-307.jpg


南側へ回って正殿の紫宸殿へ。

Kyoto201705-308.jpg

Kyoto201705-309.jpg

Kyoto201705-310.jpg


東側から北へ歩いて御常御殿へ。
天皇のお住いで天正18年(1590年)に
紫宸殿の横の清涼殿から独立したそうです。
仕事場と住まいを分けたってことですかね。

Kyoto201705-311.jpg

Kyoto201705-313.jpg


建物の東側にはきれいな庭園がありました。

Kyoto201705-312.jpg

Kyoto201705-314.jpg


京都御所を出ると西側にある蛤御門に行ってみました。
幕末に長州藩と会津藩・薩摩藩が激突した禁門の変の舞台です。
門の扉や柱にはその時の銃弾の跡が残っています。

Kyoto201705-316.jpg

Kyoto201705-317.jpg


次は蛤御門から京都御所の南をまっすぐ東に抜けて、
寺町通にある廬山寺へ行ってみました。

Kyoto201705-318.jpg


廬山寺のある場所は紫式部の屋敷跡だそうです。

Kyoto201705-319.jpg

Kyoto201705-320.jpg

Kyoto201705-321.jpg


小さなお寺ですがなかなか風情があります。

Kyoto201705-322.jpg


裏に慶光天皇陵があるとのことなので行ってみましたが、
これが天皇陵かと思うような小さなものでした。

Kyoto201705-323.jpg


不思議に思ってスマホでググってみると、
江戸時代の閑院宮典仁親王が死後天皇位を与えられたもので、
歴代天皇表にも載っていないそうです。

気になって帰ってきてから更にググってみました。

閑院宮典仁親王の息子は、
後桃園天皇の死後養子に入って天皇位を継いだ光格天皇で、
父親の閑院宮典仁親王に上皇の称号を送ろうとして
徳川幕府に断られたそうです。

時は流れて59年後、光格天皇の直系のひ孫が生まれます。
このひ孫が実は明治天皇となるのです。
そして明治十七年(1884年)、明治天皇は典仁親王に
慶光天皇の号を追贈したとのことです。

明治天皇が生まれた場所を見に行っておいてよかったわ。
陵を見ている時はそんなこととはつゆしらず・・。

興味ある方はこちらのブログを御覧ください。

さて次は本堂の中に入って源氏の庭を見学しました。
夏には桔梗がきれいなそうです。

Kyoto201705-324.jpg


Kyoto201705-325.jpg

Kyoto201705-326.jpg


庭は残念ながら桔梗は咲いていませんでしたが、
途中から他のお客さんがいなくなり、
座って一人で眺める庭はちょっと贅沢でした。

建物の中には源氏物語関係の展示がされていました。
(撮影禁止でした)

地下鉄烏丸線で四条駅に戻ると、
近くの四条パクチーという店でタイ料理の昼食をとりました。

Kyoto201705-327.jpg

Kyoto201705-328.jpg


壁に飾りにタイの食堂にあるようなメニューが貼ってありました。
もちろんその値段では食べられませんが(笑)。

注文したのはシンハービールと(いわゆる)ガパオライス。
豚肉に出来るか聞きましたがランチはチキンのみでした。

Kyoto201705-329.jpg


日本によくあるタイの装飾品を置いて変にタイ風にした店ではなく、
本当にタイにありそうなタイの食堂風でなかなか感じのいい店でした。
パクチーブームに乗った店名だけが気に食いませんが。

一度ホステルに戻って一休み。
その後は近くを散策することにしました。

まずは直ぐ近くの錦市場へ。
ホステルの前の道をまっすぐ歩いて200mほどです。

Kyoto201705-330.jpg


やっぱりすごい人出です。

Kyoto201705-331.jpg

Kyoto201705-332.jpg

Kyoto201705-333.jpg

Kyoto201705-334.jpg


錦市場ばかり歩いていても仕方がないので、
一本北の道を歩いてみました。

Kyoto201705-335.jpg


意外と雰囲気のいい店があったりしてこちらもけっこうな人出でした。
外国人観光客もいましたが、こちらは日本人が多いようです。

Kyoto201705-336.jpg

Kyoto201705-337.jpg

Kyoto201705-338.jpg


牛カツ屋さんに行列ができていました。
有名店なんでしょうか?

Kyoto201705-339.jpg

Kyoto201705-340.jpg


河原町通りに抜けて四条大橋へ行くと、
夕暮れの納涼床に明かりが灯って雰囲気最高でした。

Kyoto201705-341.jpg












関連記事
さて、今回も四条烏丸のHostel Ebiに宿泊しました。

Hostel Ebi のご主人です。

Kyoto201705-201.jpg


居心地のいいリビングです。

Kyoto201705-202.jpg

Kyoto201705-203.jpg


カプセルホテル風のドミトリ。
ドミトリですが壁があり最低限のプライバシーは保てます。

Kyoto201705-204.jpg

Kyoto201705-205.jpg


さて二日目の朝です。

550円のおばんざい朝定食を食べに行きましたが、
なんと10人ぐらいの行列ができていました。

前回行った時はほとんど空席でした。
並んでいるのは若い人ばかりで、何かで紹介されたようです。

あきらめて錦市場へ行ってみました。
こんどは朝で、ほとんどの店が開いていませんでした。

Kyoto201705-207.jpg

Kyoto201705-208.jpg


錦天満宮に寄ってから四条通りに出ました。

Kyoto201705-209.jpg

Kyoto201705-210.jpg

Kyoto201705-211.jpg

Kyoto201705-212.jpg


結局、前の晩と同じ立ち食いそば屋でそばを食べました。
四条大橋から鴨川を見ると納涼床が設置されていました。

Kyoto201705-213.jpg


そのまま祗園の花見小路へ。

Kyoto201705-214.jpg


ここまで来たので二年坂、三年坂へ行ってみることにしました。
まず八坂の塔の前を通りました。

Kyoto201705-215.jpg


八坂の塔の直ぐ近くに若い女の子が大勢いるところがありました。
八坂庚申堂という場所のようです。

Kyoto201705-216.jpg


八坂の塔の横を通って二年坂へ。

Kyoto201705-217.jpg

Kyoto201705-218.jpg

Kyoto201705-219.jpg


そして三年坂へ。

Kyoto201705-220.jpg

Kyoto201705-221.jpg

Kyoto201705-222.jpg


三年坂から先はすごい人出でした。
せっかく近くまで来たので清水寺へ行ってみようかと思いましたが、
狭い道が満員電車のような混雑でした。

あきらめて反対方向に歩いて五条通りにでました。
道は車が渋滞していて駐車場にバスが20台ぐらい停まっていました。
混んでいるはずです。

五条大橋を渡ってずっと歩いて烏丸駅まで戻りました。

Kyoto201705-223.jpg

Kyoto201705-224.jpg


一度ホステルに戻って一休みしてから、
3時頃、朝入れなかった店、京菜味のむらに行ってみました。

Kyoto201705-225.jpg

Kyoto201705-226.jpg


800円のおばんざいセットを食べようと思っていったのですが、
せっかくだからと1,620円の特別メニュー「雅」にしてみました。

Kyoto201705-227.jpg


湯葉丼がうまかったです。
おばんざいの小鉢が綺麗でしたが、
一つ一つが量が少なくてもうちょっと食べたかったです。

800円ので良かった気もしますが、
せっかくの京都なので一回ぐらいいいでしょう。

食事の後は今度こそ店が店が開いているだろうとまた錦市場へ。
今度はものすごい大混雑でした。

Kyoto201705-228.jpg

Kyoto201705-229.jpg

Kyoto201705-230.jpg


そして日が暮れてきた頃、先斗町の日本酒バー「おちょこ」に行ってみました。

Kyoto201705-231.jpg

Kyoto201705-232.jpg


相変わらず品のいい店です。

Kyoto201705-233.jpg


ちょっとだけ飲んでからまた前日の「わたなべ横丁」に行ってみました。

Kyoto201705-234.jpg


前日気になっていた和牛のどてを注文。
大阪と違って味噌は使っていませんでした。

Kyoto201705-236.jpg


ガリチューハイというのが気になって頼んでみました。
寿司のガリが入ったチューハイでなかなか行けます。

Kyoto201705-235.jpg


そしてぶりトロを注文。
これもうまいです。

Kyoto201705-237.jpg


最後に宿の近くの立ち飲み屋で、
前日買った千円分の金券の残りを使って戻りました。



関連記事
ゴールデンウィークに京都に行ってきました。

今回は成田からPeachで関空に飛びました。
朝10時ごろ家を出て成田へ。
成田駅前で昼食を食べてから空港へ向かいました。

Kyoto201705-101.jpg

Kyoto201705-102.jpg


14時25分発のPeach MM314便に搭乗しました。

Kyoto201705-103.jpg


そして1時間ほどのフライトで関空の第2ターミナルに到着。

Kyoto201705-104.jpg


連絡バスで第1ターミナルへ。

Kyoto201705-105.jpg

Kyoto201705-106.jpg


南海に乗って難波へ。

Kyoto201705-107.jpg


難波駅に到着、地下鉄御堂筋線に乗って梅田へ。
難波・心斎橋あたりは出張で何十回も来ているので土地勘があります。

Kyoto201705-108.jpg

Kyoto201705-109.jpg


梅田から阪急に乗って京都の烏丸へ。

Kyoto201705-110.jpg

Kyoto201705-111.jpg


烏丸に着いた頃にはもう夕方になっていました。
結局9時間もかかってしまいました。
素直に新幹線を使えばよかった(笑)。

Kyoto201705-112.jpg


今回も烏丸駅近くの Hostel Ebi に宿泊しました。
チェックインするとすぐに夕食を食べに外に出ました。

Kyoto201705-113.jpg


直ぐ近くの錦市場へ行ってみました。
もうほとんどの店が閉まっていました。

Kyoto201705-114.jpg


錦天満宮に寄ってみました。

Kyoto201705-115.jpg

Kyoto201705-116.jpg


そのまま河原町まで歩いていきました。

Kyoto201705-117.jpg

Kyoto201705-118.jpg


先斗町へ。
先斗町は観光客でいっぱいでした。

Kyoto201705-119.jpg

Kyoto201705-120.jpg

Kyoto201705-121.jpg

Kyoto201705-122.jpg


先斗町の高い店には入らず、
木屋町通りと河原町通りのあいだにある
立ち飲み屋に行ってみました。

Kyoto201705-123.jpg

Kyoto201705-124.jpg


行ったのはネットで見つけた「わたなべ横丁」という名前の店です。

Kyoto201705-125.jpg


庶民的ないい感じの店でした。
まずはビールです。

Kyoto201705-126.jpg

Kyoto201705-127.jpg


上に乗っている料理が気になって頼んでみたらラタトゥーユでした。
(って何?)

Kyoto201705-128.jpg


ここはさすがに外国人観光客はいませんでした。
たまたま隣になった名古屋の人と盛り上がって、
いい気分になって店を出ました。

Kyoto201705-129.jpg


ちゃんと食事をするほどお腹は空いていないけど、
つまみだけでちょっと物足りないなあと思っていたら、
ちょうど立ち食いそば屋がありました。

Kyoto201705-130.jpg


月見そばを一杯食べました。
スープが薄味で立ち食いそばでも京都風でした。

Kyoto201705-131.jpg

Kyoto201705-132.jpg


錦市場を逆に歩いてホステルの方へ戻りました。
もう1軒近くの立ち飲み屋に寄ってみました。

Kyoto201705-133.jpg

Kyoto201705-134.jpg


全部百円均一という触れ込みですが飲み物は二百円でした。
おつまみは小さなパック入りのお惣菜です。

Kyoto201705-135.jpg

Kyoto201705-136.jpg

Kyoto201705-137.jpg


真ん中に陣取った白人観光客たちがうるさくて、
ちょっと飲んだだけですぐに店を出ました。



関連記事
前回と同じ、京都四条烏丸のHostel Ebi に滞在中です。

昨晩は河原町通りと木屋町通の間の裏路地にある、
立ち飲み屋さん「わたなべ横丁」で飲んできました。
ローカル感たっぷりな上に観光客も歓迎してくれる居心地のいい店でした。
隣りにいた名古屋のお兄さんと盛り上がりました。

Kyoto-a.jpg


今朝は朝食を食べに近くのおばんざい屋さんに行くとなんと行列ができてました。
11月に来た時は2、3組しかお客さんがいなかったのに。
若い人ばかりなので雑誌か何かで紹介されたのだと思います。

あきらめて河原町通を歩いていて適当にそばで朝食をとり、
ぶらぶらと鴨川まで行ってみました。

下に降りるといい風が吹いていて気持ちよかったです。
納涼床を作っている最中のようでした。

Kyoto-b.jpg


そのままなんとなく二年坂、三年坂まで行ってみました。

Kyoto-c.jpg

Kyoto-d.jpg

Kyoto-e.jpg


近くまで来たので清水寺まで行ってみようかと思いましたが、
細い道が人で溢れて満員電車のようになっていました。
あきらめて反対方向に歩きました。

途中にあった駐車場に観光バスが10台以上停まっていました。
そりゃあ混むわけだわ。

ホステルに戻ってまったりしている最中です。
さて、どこに行こうかな?


関連記事
マムートの15Lがあまりにも小さかったので、
今度こそ一泊出張用にと Cabin Zero Classic 28L を購入しました。
値段はアマゾンで5,470円でした。
(でもマムート気に入ってますが)




アマゾンで機内持ち込み手荷物の大きさギリギリに作った
Cabin Zero Classic 44Lを見つけました。
このシリーズは他に36L、28Lとあり、
28Lなら一泊用にぴったりに違いないと購入しました。

条件として鍵穴付の物を探していたのですがバッチリです。
サイズもタテ39cmxヨコ29cmxマチ19cmとちょうど良さそう。

さて商品が到着。

これでこの間のホステルに一泊しましたがぜんぜん余裕。
試しに京都旅行に持っていく荷物を詰め込んでみると、
なんとほとんどぴったり入ってしまいました。

CabinZero01.jpg

CabinZero02.jpg

(青く写ってますが色はネイビーです)

形が四角くてシンプルで無駄がないです。
京都に持っていくつもりだった30Lのバックパックより入ります。
まるで京都旅行用に買ったみたいです(笑)。
もうこれで京都に行ってきます。

いままでは登山用のバックパックのメーカーの商品の中から
鍵穴付の旅行に使えそうなバックパックを探していましたが、
こういう手もあったかと目からうろこです。

たしかに登山用の方が背負い心地はいいのですが、
本格的なバックパッカー旅行でもなければ長時間背負わないし、
LCCを使った旅行用にはこっちの方が実用的かもしれません。

値段も半額ぐらいで2個買えちゃいます。
36Lか44Lも買っとくかなあ(笑)。

という事で一泊出張にぴったりのバックパックは
また手に入りませんでした(笑)。


関連記事