アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

東京で働いていて普段東京のホテルに泊まることはないのですが、
早朝から会議をやるというので自宅から始発は体にきついと、
前の晩は都内に泊まることにしました。

といっても自腹でなるべく安く済ませたいので、
Tokyo Hostel ENISHIのドミトリに泊まってみました。
場所は池尻大橋駅から三軒茶屋駅方面に行った246沿いにあります。

行ってみるとこんな薄っぺらい建物でした。

Enishi-101.jpg


1階にはイタリアンレストランがありますがかなり狭いです。
テーブルのある場所はカウンターに椅子がありませんでした。

Enishi-102.jpg

Enishi-103.jpg

Enishi-105.jpg


右側のレストランの入り口から中に入ると、
反対側の奥にホステルのレセプションがありました。
これ、レストランのレジではありません(笑)。

Enishi-104.jpg


チェックインしてレセプションの裏の階段から2階に上がります。

Enishi-106.jpg


2階は共用スペースになっています。

Enishi-107.jpg

Enishi-108.jpg


ただし夜はレストランの席になるそうで実質共用スペースなしです。
夜こそ共用スペースが必要な時間なんですけどねえ。

もともと3階までレストランだったところにあとからホステルを作って、
レストランとホステルの共存が大変だと店の人が言ってました。

さて共用スペースを通り抜けて反対側へ。

Enishi-109.jpg

Enishi-110.jpg

Enishi-111.jpg


上の階に上がるのにはドアからいったん外に出ます。

Enishi-112.jpg


ドアから出るといきなりレトロな階段(笑)。
アパートを改造して作ったためこうなっているそうです。
反対側に、なんと表札がついたドアがありました。

Enishi-113.jpg


そして4階に上がります。

Enishi-114.jpg


ベッドが8台ぐらいありました。
隣のベッドとの間だけ壁であとはカーテンです。

Enishi-115.jpg


バスタオルと小タオルが無料で付いていました。
ベッドメイキングも自分でやる必要がなく楽ちんです。

ベッドの壁側には長い棚がありました。
奥行きはないけど小物を置くのには便利です。

Enishi-116.jpg

Enishi-117.jpg


荷物はワイヤーキーでベッドの足にくくりつけました。

Enishi-118.jpg


ベッドの直ぐ横にロッカーがありました。
服をハンガーにつるすのにちょうどいいぐらいの大きさですが、
バックパックを入れるほどの大きさはありません。

Enishi-119.jpg


トイレもベッドの前で場所が良かったです。
この階にトイレが二つ、シャワーが一つありました。

Enishi-120.jpg

Enishi-121.jpg

Enishi-122.jpg


洗面台はこんな感じでちょっとレトロ。

Enishi-123.jpg


外に出てちょっと飲んできてから就寝。
ベッドはふかふかでよく眠れました。

1階のレストランでサラダを食べながらビールを飲んだけど、
サラダが大盛りで良かったです。

翌朝、早めに目が覚めてしまいましたが、
車の音がうるさくてそのまま眠れませんでした。
窓から外を見ると真横が首都高でした。

Enishi-124.jpg


ホステル自体はそんなに悪くないですが、
共用スペースが夜使えないのと窓の横の首都高がマイナス点です。

寝るためだけに泊まることを考えると、
次はもっと静かな場所にあるホステルかなあ。

追記:一泊 3,600円でした。

関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/930-beea89df