アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

釜山の宿泊先はチャガルチ市場近くの旅館、三原荘(サムウォンジャン)です。
http://www.samwonjang.com/

一泊27,000ウォン(約2,000円)の安宿ですが、
若い社長さんが日本語ペラペラで日本人に人気の宿のようです。
社長さん、ちょっと関西なまりです(笑)。

私が泊まったときも宿泊客は日本人ばかりで、
観光シーズンは日本人の予約でいっぱいになるそうです。

12-BUSAN01.JPG

三原荘がある細い通りは、ノレパン(カラオケボックス)が半分、
ホルモン焼きの食堂が半分並んでいるようなところです。
裏道になっているようで結構車が通ります。

12-BUSAN02.JPG

入り口を入ると薄暗い廊下にカウンターがあります。

12-BUSAN03.JPG

部屋の中は以外にも明るくてきれいです。
だだ、ゴミ箱の絵とか子供部屋を連想させます(笑)。

12-BUSAN04.JPG

12-BUSAN05.JPG

ヘヤードライヤー、歯ブラシ、髭剃りなど一通りのものはありますが、
ホテルみたいにこまめに毎日新しくはしてくれません。
掃除は毎日社長さんがしていましたがゴミは片付けてくれませんでした。
頼めばやってくれそうでしたがどっちでもいいのでほっときました。

浴室はシャワーのみ。
洗面台の水道からもお湯が出ます。

12-BUSAN06.JPG

冷蔵庫に水のペットボトルが2本入っていますが初日のみ。
廊下におおきな水タンクが付いた給水機があって
もっと欲しければこれで汲めという事のようです。
ある意味かえって便利でした。

12-BUSAN07.JPG


部屋の中の暖房は床暖房で寒くはないけど
外出から帰ったときに冷えた体を温めるのには向きません。
エアコンはクーラーのみです。

ベッドにホットカーペットのようなものがしいてあって
背中は暖かいですが布団は夏掛けみたいに薄いです。

これが韓国では普通のようです。
スエットなど暖かい寝巻きが必須です。

女性一人のお客さんが泊まっていたり、
廊下からおばあさんとお孫さんが日本語で話す声が聞こえたり、
日本人宿のようになっていて安心して泊まれると思います。

アパート借りて住んでいるような錯覚に陥りそうな
安宿好きには居心地のよい宿でした。

関連記事

部屋きれいですね。
掃除が行き届いている感じがします。

夜はちょっと中に入るのをためらっちゃう
ような外観がまたいいですね。
温泉マークが意味深だし(笑)

2009.01.03 01:40 URL | アジアびと #0GBRut2w [ 編集 ]

#アジアびとさん
こういう旅館は普通の宿泊客と怪しい使い方が同居してるみたいです。
ここは日本人宿化しているのであやしさはほとんどありませんが。
温泉マークは韓国では温泉と関係なく旅館のマークみたいです。

夜は、予約してなかったら旅館の中どころか通りに入るのもためらう雰囲気です(笑)。

2009.01.03 08:45 URL | go-ichi #bHAk49Ok [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/87-a45972f1