アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

パタヤでは観光名所をめぐるというわけでもないので、
ミラーレス一眼は家に置いて行き、高級コンデジの
SONY DSC-RX100 だけを持って行きました。

DSC-RX100


コンデジとは言ってもレンズは広角側はF1.8と明るく
撮像素子が1型で高級コンデジに多い1/1.7型より大きく、
フォーサーズの OLYMPUS PEN には届かなくても
かなりよく映るのではと期待して買ったカメラです。

レンズは一応カールツアイスのブランドが付いていますが、
実際に作ったのがどこかはわかりません。

ルアンパバーンへもサブカメラとして持って行ったのですが、
確かに解像はかなりのものなのですが、
なぜかコントラストが低い抜けの悪い写真しか撮れず
ちょっとがっかりしていました。

しかしインターネットで調べてみて、
オートHDR(ハイダイナミックレンジ)機能がオンだと
それが悪さしてそういう絵にしかならないことを発見。

さっそくこの機能をオフにすると
しっかりしたコントラストの写真が撮れました。

そりゃそうですよね。

この機能は暗く潰れるところを潰さず、
明るく飛ぶところを飛ばさないようにする機能。
言われてみればコントラストを落とす機能ですよね。

ということでコンデジにもかかわらずかなりの写りです。
まあ、購入価格は PEN より高かったんですけどね。

ダイヤル等の操作感は Canon S95 の方がいいですが、
これもなかなかよいカメラであることは確かです。

関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/668-4b5e0812