アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

地球の歩き方を見ると王府井大街に出る手前に
香港美食城というレストランが出ていたので、
そこで昼食を食べることにしました。

Beijing201307-301


しかし香港美食城の少し手前で、
レストランのメニューに北京ダックが出ているの見て、
やっぱ北京に来たら北京ダックだろうと、
そのレストランに入ってしまいました。

Beijing201307-302


中に入ってみるとなかなか立派な中華レストランでした。

Beijing201307-303


飲み物にライトビールを注文したつもりが
ノンアルコールビールでした。

ところがこれが結構うまい。
同じ銘柄の普通のビールよりこっちの方がうまかったです。

Beijing201307-304


そしてお目当ての北京ダック。

Beijing201307-305


何か野菜をと注文した瓜料理。
肉が沢山入っていて肉料理2品になってしまいました。

Beijing201307-306


主食はお粥です。

Beijing201307-307


値段はそれなりにしたけど、
まあ良かったんじゃないでしょうか。

Beijing201307-308


店を出て少し歩くとすぐに香港美食街の前に出ましたが、
店は既につぶれてました。


さて次はどこに行こうか考えましたが、
またチケットを買うのに長時間並ぶのはいやなので、
中国の古い町並みを改装して新しい店にしたという
南鑼鼓巷へ行って見ることにしました。

王府井大街を横切ってさらに歩き、
地下鉄5号線の灯市口駅へ行きました。

Beijing201307-309

Beijing201307-310


王府井大街を通りすぎて更に東へ。

Beijing201307-311

Beijing201307-312


かなり歩きましたが散歩気分なので問題なし。

Beijing201307-313


駅がなかなか見つかりませんでしたが、
道路を渡ったところのビルにありました。

Beijing201307-314


北新橋駅で下車して今度は西に歩きました。
なんか無駄に歩いた気がしないでもないですが。

Beijing201307-315

Beijing201307-316

Beijing201307-317


しばらく歩いて南鑼鼓巷に到着。

Beijing201307-318


もう少し古い町並みを想像していたのですが、
若者向けの店が並ぶ通りでした。
雰囲気と客層は原宿の竹下通りみたいな感じです。

Beijing201307-319

Beijing201307-320


中国の古い町並みではなくちょっと期待はずれ。

ただ、すごい人出で人気のある通りのようなので、
せっかくなので端まで歩いて見ることにしました。

Beijing201307-321

Beijing201307-322

Beijing201307-323

Beijing201307-324


結局、また中国人の人並みに揉まれての観光でした(笑)。

Beijing201307-325

Beijing201307-326

Beijing201307-327



南鑼鼓巷を端まで歩くと、
大通りでタクシーを拾ってホテルに戻りました。

もう足が棒のようになってました。


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/657-518da358