アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

2日目の朝はにわとりの声がうるさくて4時過ぎには目が覚めてしまいました。

せっかく目がさめたので5時半頃にはサッカリン通りに托鉢見物にでかけました。
サッカリン通りに行く途中にも托鉢の僧が歩いています。

LuangPrabang201306-401


観光客もぞくぞくと托鉢見物へ。
どこかの宿からバンで乗り付けている人たちもいます。
といってもラオスのこと、大した人数ではないですが。

LuangPrabang201306-403


既に道に座って待っている人たち。

LuangPrabang201306-402


ワット・シェントーンの方向からぞくぞくと僧が歩いてきます。

LuangPrabang201306-404

LuangPrabang201306-405


でもなんか様子が違うぞ。

LuangPrabang201306-406


僧を待っているのは観光客ばかり。
地元の人たちはごく少数。

ラオス人は僧を待っている人より、
観光客に食べ物を売りつける物売りの方が多いです。

LuangPrabang201306-407.jpg


なにこれ、完全に観光イベント化してるじゃないか。

LuangPrabang201306-408


観光客がいないと僧だけが歩いている光景になるわけで、
このへんから興味激減です。

僧の方もどんな気分なんでしょうかね。

LuangPrabang201306-409

LuangPrabang201306-410

LuangPrabang201306-411

LuangPrabang201306-412


去っていく僧たち。

LuangPrabang201306-413


戦い終わって一休み、そして撤退する物売りのおばさんたち。

LuangPrabang201306-414

LuangPrabang201306-415



う〜ん、ちょっと微妙な托鉢見物でした。



関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/648-7056f922