アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

1月2日のお昼ごろ、ソイ・レンキーにある
3番目のホテルSooi-Tee Guest Houseに移動しました。
最初に泊まったホテルから歩いて3分ぐらいです。

agoda で予約して1泊2,400円ぐらいでした。
名前の通り、個人経営の小さなホテルで
サービスレベルはゲストハウスに近いです。
ここに帰国まで4泊しました。

ここは集合住宅のような建物に、
いくつかのホテルとお店が入っています。

201212-Pattaya601.jpg

201212-Pattaya602.jpg


部屋は狭いですが築2年ぐらいで新しくてきれいです。
狭いといってもこの値段でこれなら十分です。

カーテンを開けてると隣の部屋のベランダから
部屋の中が丸見えなのが最大の欠点です。

201212-Pattaya603.jpg


狭いながらもテーブルと椅子がありました。
これがあるだけでぜんぜん居心地が違います。

201212-Pattaya604.jpg

201212-Pattaya605.jpg


天井にはファンがついていて冷房とファンと両方使えます。
南国風の大きなファンは落ちそうで怖く、
これぐらいの大きさのがちょうどいいです。

写真を入れ忘れていて追加しました。
201212-Pattaya606.jpg


トイレはシンプルながら新しくてきれい。
シャワーは湯沸し器式です。

201212-Pattaya607

201212-Pattaya608


部屋にはベランダが付いていました。
入り口の真上の2階の部屋で、
屋根の上には煙草の吸殻が散らかっていました。

201212-Pattaya609

201212-Pattaya610


ホテルの入口を入ると小さなカウンターがあります。
入り口左にトラベル・デスクがあって
ホテルの人はいつもそちらにいます。

201212-Pattaya611


2階に上がるにはカウンターの横の急な階段を上がります。

1階の裏側にも出入り口があって、
そちら側には小さなレストランがあります。

201212-Pattaya612

201212-Pattaya613


裏側の入り口を出ると前にはボーグ・ホテルという
大きなホテルがでーんと建っています。

ここはロシア人や中国人の団体さんが多いようで、
大型の観光バスが乗り付けているのを何度か見ました。

201212-Pattaya614

201212-Pattaya615

201212-Pattaya616


さすがにこの辺まで来るとちょっと不便かも。

201212-Pattaya617

201212-Pattaya618

201212-Pattaya619


あとは帰国前日に床屋に行ったぐらいで、
帰国まで飲み歩くだけの自堕落な生活をしてました。

ちなみに床屋はソイ・ダイアナインにある
ファランが多い床屋で、150バーツでした。


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/627-33a0b5b8