アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

大晦日、同じソイ・ブアカオを10分ほど歩いたところにある
Apple Innにホテルを移動しました。
場所はパタヤ・タイ通りのtukcomに近いあたりです。

大晦日と元旦の2日は高級ホテル以外ほとんど満室で、
やっと空きを見つけたここに2泊だけしました。

この日は完全に風邪を引いていて
暑い中バックパックを背負って10分歩くのは
ちょっとだけ疲れました。

201212-Pattaya401


予約したのは税込で1泊約4千円の部屋でしたが、
予約したタイプの部屋に空きがなくアップグレード。

オーナーのロシア人のおじさんいわく、
「もっといい部屋にアップグレードしといたよ、
だけど5階の部屋でエレベーターがないんだ、
あはは・・。」だって。

部屋まで案内してくれたのは
ランニングシャツ姿で肩の後ろにタトゥーの入った
まったくホテルの従業員らしくないお兄さん。

いったい大丈夫かと思いましたが、
結果的にはなかなかいいやつでした。

部屋はまあまあ広かったけど
椅子やテーブルが一切ありません。

201212-Pattaya402

201212-Pattaya403

201212-Pattaya404

201212-Pattaya405


部屋には幅の狭いバルコニーが付いていました。

横向きにけっこういい風が吹いていて、
ここに座っていると気持ちが良かったです。

201212-Pattaya406


この辺は短期の観光客より
ロングステイの外国人が多いようです。
ビーチロードやセカンドロードとはちょっと違う
落ち着いた雰囲気の場所です。

201212-Pattaya407

201212-Pattaya408

201212-Pattaya409


風邪が辛いのでチェックインするとすぐ昼寝。
食事や夜飲みに行く時以外寝てばかりいて
一日に十数時間も寝ていました。

まるで寝るために泊まったようなホテルでした。

201212-Pattaya410


受付のカウンターの横のテーブルには
たいていオーナーが陣取ってバソコンをいじっていて
時々奥さんと娘さんもいっしょにいて
ホテルというよりゲストハウス的な雰囲気でした。


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/625-096dae6f