アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

8月14日、旅行8日目、プーケット2日目の朝です。
ホテル入り口前の海が目の前に見えるレストランで朝食。
気持ちがいいです。

食事の内容はたいした事ありませんが。

KL-SIN-PHK0801.JPG


海岸沿いの道も朝は静か。

KL-SIN-PHK0802.JPG



さて、この日はピピ島ツアーの日です。

new-map1-big.jpg


朝10時にホテルにお迎えが来て、
11頃どこぞの海岸からスピード・ボートに乗り込み、
まずはカイ島に向かいました。

カイ島としか言っていなかったけど、たぶんカイ・ノック島です。

同じボートに乗ったのは白人親子4人家族、
イタリア人夫婦、中華系タイ人の老夫婦と私です。

KL-SIN-PHK0803.JPG


ボートから小さい島が見えてきます。

KL-SIN-PHK0804.JPG


目測で長さ200mmぐらいの小さな島です。
ここ、いい!

半日ツアーでピピ島しか行かないと思っていたところにうれしい誤算です。

KL-SIN-PHK0805.JPG


ボートはそのまま砂浜に到着です。
ピピ・レ島のマヤ湾にはスピード・ボートじゃないと行けない
という意味がだんだん分かってきたぞ。

KL-SIN-PHK0806.JPG


KL-SIN-PHK0807.JPG


カイ・ノック島で2時間の海水浴タイムです。

泳げるエリアは限られていて、
水は白くにごっているけど小さな魚がたくさんいます。
むしろボートが着いた側の海岸の方が水はきれいです。

KL-SIN-PHK0808.JPG


KL-SIN-PHK0809.JPG


ここでボートを乗り換えて、
到着した既に10人近く乗っているボートに乗って、
次はピピ・ドン島へ向かいました。

家族連れの4人とはここでお別れです。

スピード・ボート、気持ちがいいです。
天気が悪いとみんな船酔いになって最悪らしいですが、
この日は晴天で揺れはするけどかなり快適でした。

KL-SIN-PHK0810.JPG


45分かかってピピ・ドン島のトン・サイ湾に到着しました。
ピピ・ドン島はピピ諸島の6つの島の中で一番大きな島で、
人が住んでいて宿泊施設があるのはこの島だけです。

KL-SIN-PHK0811.JPG


大型船はちゃんと桟橋に着けています。

KL-SIN-PHK0812.JPG


ピピ・ドン島には1時間ほどの滞在。
ここはたくさん店のある結構賑やかな通りがあります。
銀行のATMまであります(笑)。

KL-SIN-PHK0813.JPG


しかし日差しが強い。
Tシャツ着ていても出ているところがジリジリ焼けるのが分かります。

KL-SIN-PHK0814.JPG


遅い出発のツアーで昼食なしなので、
パン屋でシナモン・パンを買って食べながら歩いてました。

KL-SIN-PHK0815.JPG


トン・サイ湾と反対側のビーチまでは
狭いところだと150mぐらいしかありません。
反対側のロ・ダラム・ビーチは相当な遠浅です。

KL-SIN-PHK0816.JPG


次はいよいよピピ・レイ島へ。

その前に中華系タイ人老夫婦が戻ってこなくて
ボートのスタッフが5分ほど探してました。

横の白人女性がボソッと「ジャパニーズ・・・」。
違うから、彼らタイ人だから!
さっきからタイ語しかしゃべってないでしょ!!!

まあ確かに見た目は日本人と似てますけどねえ。
タイにいるんだからタイ語ぐらい区別付けろよ。

中華系タイ人老夫婦、無意識で日本の評判落としてます。
ここは彼らの国なんて文句は言えませんが。

つうかねえ、爺さんのほう、水着も着ないで
ボートの中で危ないぐらい立ち上がって
一眼レフで写真撮りっぱなしなんですよ。

私が見ても確かに20年~30年ぐらい前の
典型的な日本人のイメージそのものです。

KL-SIN-PHK0817.JPG


ピピ・ドン島が遠ざかり、ピピ・レイ島が近づいてきます。

まずは船上からバイキング・ケイブを観光。
ボートのスタッフのタイ人女性が英語で説明してたけど、
あんまり興味も無かったので良く分かりませんでした。

鳥の巣と取って食べるんだというような事を言っていて、
白人連中が失笑していたけどたぶんツバメの巣の事ですね。
食うんだよ、中華料理じゃ。

KL-SIN-PHK0818.JPG


次はロ・サマ湾で初めてのシュノーケリングをしました。

魚はたくさんいたけど透明度はいまいち。
ボートの近くが一番魚が多いと思ったら
ボートからえさ撒いてました。

KL-SIN-PHK0819.JPG


そしていよいよマヤ湾へ。
映画ザ・ビーチのビーチの場面の撮影地です。
ボートからマヤ湾のビーチが見えてきます。

KL-SIN-PHK0820.JPG


そしてついにマヤ湾に上陸。
もう気分はデュカプリオです!

KL-SIN-PHK0821.JPG


夕方なんで半分日陰になってましたが、
人とボートは聞いていたより少なめでした。
建物がまったく無いビーチっていいですね。

映画では完全に山に取り囲まれていましたが、
実際には空いていて、映画ではCGでふさいでいます。

KL-SIN-PHK0822.JPG


KL-SIN-PHK0823.JPG


KL-SIN-PHK0824.JPG


KL-SIN-PHK0825.JPG


映画で旅行者のコロニーがあったのはこの辺ですかねえ?
今は道以外は植物で覆われていて、
とても映画に出ていたような建物がならんでいたとは思えません。

KL-SIN-PHK0826.JPG


あっというまに時間は過ぎてピピ・レ島ともお別れです。
マヤ湾からプーケットまで50分間、まっすぐ帰ります。

KL-SIN-PHK0827.JPG


KL-SIN-PHK0828.JPG


ボートの真後ろにずっとピピ・レ島が見えていて
だんだん小さくなっていくのをみんなじっと見ていました。

KL-SIN-PHK0829.JPG


KL-SIN-PHK0830.JPG


KL-SIN-PHK0831.JPG


プーケットに着くほんの数分前、
ピピ・レ島は水平線の下に消えました。


ホテルに帰りついたのは夜の8時。
ぜんぜん半日ツアーじゃないです。

さすがに疲れました。

夕食を食べた後は・・・ぱーっっとバングラ・ロードで飲みました(笑)。

アシカラズ。

関連記事

カイ島の海、いい感じの色ですね。
ボートが着いた方が特にキレイ。
私が参加したのは、クラビからのツアーだったので、この島には行きませんでした。
気になりますね。ココ。
今回、天気が良くて本当に良かったですね。

2008.08.31 02:21 URL | アジアびと #0GBRut2w [ 編集 ]

>アジアびとさん
この島、ほんといい感じでしたよ、”島”っていうのが実感できます。
でもあまりに小さいので1日いたら飽きると思いますが。
プーケットからここだけいくのならかなり手軽なはずです。

海の水はどこいっても泳げるところよりボートをつける場所の方がきれいでした。
泳げるところは水の流れが緩やかなところだからでしょうか?

2008.08.31 12:56 URL | go-ichi #bHAk49Ok [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/58-470c542c