アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

土佐といえば明治維新の中心地のひとつ。
次はまず旧土佐藩主山内家の下屋敷跡に行って見ました。

Kochi201202-401.JPG


高知城から歩いて10分ほどで着きました。

敷地にはホテルが建っていて、
あるのは門と横の長屋だけですが雰囲気は十分です。

Kochi201202-402.JPG

Kochi201202-403.JPG


下屋敷が丸ごと残っているのかと思っていて、
最初見た時はちょっとがっかりしました。

しかし既に敷地にホテルが建っているのに
これだけの物を残しているのは逆にたいしたものです。

Kochi201202-404.JPG


向かいの小さな公園の隅には石碑がありました。

Kochi201202-405.JPG

Kochi201202-406.JPG


さて、土佐といえば坂本龍馬です。

石碑しかないのは知っていましたが、
坂本龍馬が生まれた場所まで行って見ました。

地図で見ると高知城のすぐ近くに思えますが
高知城の敷地が大きいための錯覚。

途中、路面電車を眺めながらかなり歩きました。
1kmほども歩いてようやく坂本龍馬誕生地に着きました。

Kochi201202-407.JPG


案内の標識がなければ通り過ぎてしまいそうです。

Kochi201202-408.JPG

Kochi201202-409.JPG


車の無い当時の高知の町を想像すると、
山内容堂のいる高知城とこれだけ歩く龍馬の家の辺りでは
まったく別世界だったんだろうなと思えます。

結構歩いて足が疲れて、
帰りは路面電車に乗ってみることにしました。

Kochi201202-410.JPG

Kochi201202-411.JPG

Kochi201202-412.JPG






おおはしどおり駅で降りて、ホテルへ戻りました。

Kochi201202-413.JPG





関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/515-c28ad007