アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

寝たのはもう朝の5時ごろで、起きた時にはお昼になっていました。

お昼はウォーキング・ストリートのゲートからすぐの
サウスロードにある食堂でとりました。

201112Pattaya-201.JPG

201112Pattaya-202.JPG


まずは起きがけのシンハービール(笑)。

201112Pattaya-203.JPG


そして昼食は空芯菜炒めと焼き豚入りの幅広麺です。

201112Pattaya-204.JPG

201112Pattaya-205.JPG


さてこの日はまず、
安い携帯電話を買いに行く事にしました。

SIMカードが交換できる携帯電話を持っていれば
他の国へ行ってもSIMカードを交換して使うことができ、
前々から欲しいと思っていました。

まあほとんど使うことはないでしょうが、
持っていればそのうち役に立つこともあるでしょう。

セカンドロードを超えてサウスロードをビーチと反対側へ歩きます。

201112Pattaya-206.JPG


5分も歩けばローカルなエリアに入ってきます。

201112Pattaya-207.JPG

201112Pattaya-208.JPG


1階にキューカンバ・レストランがあるキューカンバ・イン。
一度こんな安宿に泊まって1ヶ月ぐらい長居してみたいものです。

201112Pattaya-209.JPG


まもなく携帯電話をたくさん売っているtukcomに到着。

201112Pattaya-210.JPG

201112Pattaya-211.JPG


無事、携帯電話を入手しました。
(詳しくはこちらをどうぞ)

近くをぶらぶらしながらホテルに戻りました。

201112Pattaya-212.JPG

201112Pattaya-213.JPG

201112Pattaya-214.JPG

201112Pattaya-215.JPG


あとは特に何をするでもなく
安いマッサージを受けたりしながらぶらぶら過ごしました。


さて夜です。

ビーチ沿いのビーチロードは露店でいっぱいです。

201112Pattaya-216.JPG


クリスマスからお祭りモードが続いているようです。

201112Pattaya-217.JPG

201112Pattaya-218.JPG


そしてこの日も(というか毎晩)ウォーキング・ストリートへ繰り出しました。

201112Pattaya-219.JPG



サイモン・バー。
大きなバーに見えますがブース毎に別々の店です。

201112Pattaya-220.JPG


年末のウォーキング・ストリートは観光客ですごい人出です。

201112Pattaya-221.JPG


新興国からの観光客が始めての海外旅行でパタヤに来るようです。

ロシア人と思われる東欧系の白人は、
カップルや女性グループや子連れで歩いています。
背の高いモデルのような女の子も少なくありません。

中国人は旗を振ったガイドに連れられて
20人ぐらいの団体でぞろぞろ歩き、
通りを歩いて戻るだけで店には入りません。
若いカップルも多いです。

アラブ系も結構多くてアラブ・ストリートと呼ばれる
アラブ人向けの店やホテルが並ぶ通りもあるようです。
アラブ人は歩いていても人をよけないで
平気で正面からぶつかってくるので嫌いです。

インド系もちらほらいますが以前より目立たない気がします。

店の中にいる東洋人はまず日本人か韓国人。
日本人は年をとったおじさん(私含め)が多いです。
韓国人の方が若い人が多いような気がします。

そして現地在住のタトゥーがいっぱい入った
巨体の退役軍人と思われるアメリカ人たち。
この人たちは現地でコミュニティーができているようで
店であっておお久しぶり、などとやっています。


201112Pattaya-222.JPG


とにかく世界各国から観光客が押し寄せてきていて、
ここを見ればアジアの中心はタイだと思えてきます。


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/496-f6d3fdb8