アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

ついに我慢できなくなり、アマゾンで
OLYMPUS PEN Mini E-PM1ダブルレンズキットを購入しました。

これでメインカメラ、サブカメラとも入れ替えです。

まずは14-42mmズームレンズを装着したところ。
ほとんどこの状態で使うことになると思います。

PEN_mini01.JPG


このレンズをつけて手に持つとほんとに軽くて小さいです。

カタログスペックだとPEN Mini は E-PL1 よりちょっと小さいだけ、
見て比べると確かにボディーは薄いけど一回り小さいだけといった感じです。
ところが実際に手に持つと2倍も大きさが違うような印象を受けます。

そしてAFが非常に早いです。

実は購入前にPEN Miniを触って見たことはないのですが、
最新のフラッグシップ機E-P3は触ったことがあり
そのAFの速さは実感していました。

それと同じAF機構を搭載しているというのが
このカメラを購入した最大の理由です。

実際使ってみるとスッっと1動作でピントが合います。
E-PL1 もサブのS95も行って戻るといった感じで
ピントが合うのに2動作かかり、半分の時間でピントが合います。

デザイン的には3世代違うだけあって洗練されていて
かなりかわいらしく見えていたE-PL1がごつく感じられます。


このカメラはストロボが内蔵されていません。
その代わりデザインに一体感がある外付けストロボが付属しています。
付属のストロボを装着したところです。

PEN_mini02.JPG



暗い場所でストロボなしでも良く写るので不便は感じないでしょう。
旅行中ストロボが欲しくなるような場面を考えると、
たぶんサブカメラの方を持ち歩いていると思います。


そして17mm単焦点レンズ(パンケーキレンズ)を装着したところです。

PEN_mini03.JPG


このレンズが一番難しいですねえ。

1本付きのキットと1万円ぐらいしか違わなかったので
後から買うことを考えれば割安と買いましたが、
これを使う場面が思い浮かびません。

ズームレンズがカバーしている範囲内の焦点距離だし、
大きさを気にしてズームをあきらめて小さいレンズをつけるのなら
写りが多少悪くてもサブカメラのS95を持ち歩くと思います。

ミラーレス一眼レフを買いながら
レンズ交換をする気のない私も問題ですが(笑)。


PEN E-PL1 と大きさを比較した写真です。

PEN_mini04.JPG



こうして見るとPEN Miniの方がいいところばかりですが
やはり劣っている点もあります。

まず背面の液晶ディスプレイが見にくいです。

ちょっとにじんだような感じでシャープさに欠けます。
カメラを動かしてディスプレイに写っているものが動くと
残像が残りカメラを止めないとはっきりみえません。

そしていろいろ設定を変える時の操作性はPL1の方が上です。
まあこれはほとんどAUTOで使用するのでたいした問題ではありません。

前面にグリップが無いのがネット上で指摘されていますが
実際に持ってみると左手をレンズの下に当てれば問題ありません。
親指を当てる部分にゴムの滑り止めがあり、
ハンドストラップをつけていればちょっと大きなコンデジを持った感じです。


ともかくこれで旅行用のカメラとして、
メイン、サブともほぼイメージ通りのカメラがそろいました。

関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/485-65b3f3d7