アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

翌朝、カーテンを開けると、
カーテンは大きいのに窓はちょっとだけでした。

部屋の向かいには中華料理の有名店、青葉がありました。

201111Taipei-206.JPG


前日は夜遅かったけど
朝はなんとか朝食に間にあう時間に起きて
1階に下りて朝食を食べました。

朝食は簡単なビュッフェスタイル。
この辺のホテルのお客さんはほとんど日本人かと思っていたら
むしろ台湾人(中国人?)の方が多い感じでした。

201111Taipei-201.JPG

201111Taipei-202.JPG

201111Taipei-203.JPG


料理は簡単なものですが
ご飯が日本並みにちゃんと炊けています。

201111Taipei-204.JPG



さて、この日は総統府に出かけることにしました。

総統府は外からは見たことがありますが、
中が見れるのは平日だけで見たことがありません。

この日は金曜日、見れるのは午前中だけ、
急いで総統府へ向かいました。

201111Taipei-205.JPG


中山北路に出てタクシーを拾うことにしました。

201111Taipei-207.JPG


タクシーはすぐにつかまりましたが
ゾントンフー(総統府)と言ってもなかなか通じません。
ガイドブックの写真を見せてようやく理解してもらえました。

こういう時はロンリープラネットよりも地球の歩き方です。

201111Taipei-208.JPG


総統府のちょっと手前でおろしてもらいました。

201111Taipei-209.JPG

201111Taipei-210.JPG


しかし入り口がどこだか分かりません。
正面を警備している人に聞くと右側に行けとのこと。

201111Taipei-211.JPG


右に回ると日本人の団体客が列を作っていました。

201111Taipei-212.JPG



列に並びながら入場料いるんだっけとガイドブックを見ていて唖然。
中に入るのにはパスポートが必要と書いてありました。
私のパスポートはホテルの部屋のセキュリティーボックスの中。

まあいいさ、また台湾に来るさ。


どうしようとがっかりしながらガイドブックを見ると
500mぐらい歩いたところに清の時代の門、
北門(承恩門)があるのを見つけました。

おお、いいじゃん、ここに行こう。

北の方に5分か10分歩くと北門が見えてきました。
しかし北門は渋滞の車に隠れて放置されたように立っていました。

201111Taipei-213.JPG


それでも道を渡って門に行くと
数人の観光客にガイドが説明をしていました。

201111Taipei-214.JPG


上を見れば、まあそれなりに絵にはなるのですが。

201111Taipei-215.JPG


反対側にまわると門の名前が書いてありますが、
上に道路があってこれも絵になりません。

201111Taipei-216.JPG


まあ、一応見たということで。


さて他にどこか行くところがないかとガイドブックを見ていると
西門駅の辺りが若者の町だと書いてありました。
今の台北を知るにはそういうところもいいかと
西門町まで歩いていくことにしました。

201111Taipei-217.JPG


左から来た二股の道を、
今度は右側を歩いて西門町に向かいました。


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/477-fceb5adb