アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



インドネシア、ジャワ島ジョグジャカルタのタマン・サリ

旅行用のサブカメラとして Canon IXY 210F をアマゾンで注文しました。

サブカメラとしては Canon IXY 930IS を持っていて気に入ってもいます。
一番気に入っているのはそのデザインと手に持った時の質感。
ほんとうにデザインの力を実感できるカメラです。

これと比べると他のコンパクト・デジカメは安っぽくみえます。
同じキャノンのカメラも同様です。

撮影した画質はさすがにいまいちですが、
これは他のコンパクト・デジカメも同様で
このカメラに限ったことではありません。

そしてタッチパネルと操作ボタンの絶妙なバランスが
非常に直感的で使いやすいカメラを実現しています。


えーと Canon IXY 210F でした(笑)。

今でも気に入っている 930IS ですが、
OLYMPUS PEN E-PL1 を買ってその性能を知ってしまうと
画質の悪さと暗いところでの写り悪さが気になりだしました。
発色とかきれいなんですけどねえ。


それで、再来週からのベトナム・ハノイ旅行もサブカメラとして
Canon IXY 210F を注文してしまいました。

液晶はタッチパネルではないみたいですし、
デザインも 930IS と比べるといまいち。

じゃあなんで買ったのかというと暗いところでの写りの良さです。

まあ、撮った事はないのですが、
裏面照射CMOS というやつで暗い時の写りがいいそうです。
ほんとだといいんですが・・・。

昼間観光中はPENを使うので、
サブカメラが活躍するのは夜食事などで出歩く時に
手ぶらで行きたいけど写真が撮りたくなった時に
ポケットに入れておいたサブカメラで撮れる・・という場面。

そうすると必然的に暗い時に写りがいいカメラが欲しくなります。
で、気に入ったカメラがあるのにあえてこれを注文しました。
画質は周辺の解像度などはあきらめるとして、
ただただ暗い時の写りがいいことを期待するばかりです。


あともう一機種欲しかったのが OLYMPUS XZ-1 です。
こっちの方が絶対写りがいいに決まっているのですが、
手ぶらでポケットに入れるにはちょっと大きすぎ。

しかももしこれの写りが良かったら、
PEN かこれか、どちらかしか使わなくなるでしょう。
サブカメラじゃなくてメインになったら PEN がもったいなさ過ぎます。
あるいは PEN を使うなら XZ-1 がもったいない。

しかも値段が5万円以上していて
私が PEN をレンズ2本セットで買った値段より高いじゃないですか。
ということで XZ-1 はサブカメラとしては却下となりました。

もっと PEN を使えということでしょうか。


PEN がこんなに写りよくなければ 930IS で満足してたんですけどねえ・・・・・。
(ウソです、満足してたら PEN 買いません)


追記
失敗しました、うっかりしてました。
210Fは広角側28mm相当です。
24mm相当からある410Fの方を買うべきでした。
勝手に倍率が高い分は望遠側だと思い込んでいました(涙)

関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/407-1bf36a21