アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

ハイダルパシャ駅から来た道を戻り、
バスターミナルの向かいあたりで昼食をとりました。

入ったのは食堂風のキョフテ屋さんです。

Istanbul-801.JPG

Istanbul-802.JPG


注文したのはベーシックなキョフテ。
ひき肉のかたまりを焼いた小さめのパンバーグといった料理です。
店員がすすめた、自分で好きなものを取るサラダも注文。
これで結構いい値段します。

Istanbul-803.JPG

Istanbul-804.JPG


この辺では観光客が珍しいのか
赤いエプロンの店員がちょくちょく声をかけてくれて、
頼んでないのに私の写真まで向こうから撮ってくれました。

Istanbul-805.JPG

壁の時計がでかい。


店を出るとハイダルパシャ駅と反対方向に歩き出しました。
観光客向けでない繁華街の散歩です。

Istanbul-806.JPG


野菜や果物が並んだ市場風の一角。
ついつい写真を撮っちゃいますが
良く考えたらただの八百屋さんです。

住んでいる人から見たら、
なんでこんなもん写真に撮ってるんだっ、
て感じですよね(笑)。

Istanbul-807.JPG


Istanbul-808.JPG


なんでこんなもん写真に撮ってるんだっ、その2。
パン屋さん。

Istanbul-809.JPG


さすがに観光名所があるわけでもなく飽きてきて
帰ろうかなと思い出した時にこんな店の前に出ました。

Istanbul-810.JPG


見るとこの通りは骨董屋さん街になっているようです。
ちょっと面白そうなので歩いて見ることにしました。

Istanbul-811.JPG

Istanbul-812.JPG


また適当に歩き出すと今度は道にテーブルを並べた
レストランが集まった通りにでました。
同じ種類の店を一ヶ所に集める習慣でもあるのでしょうか。

Istanbul-813.JPG

Istanbul-814.JPG


うっ、ビールが飲みたくなる。

Istanbul-815.JPG


歩いてもきりがないので、
船の乗ってエミノニュに帰ることにしました。
アジア側に来たと言うことでそれなりに満足です。


船の乗り場に戻り、エミノニュ行きの船に乗船。

Istanbul-816.JPG


ヨーロッパ側の陸地にブルー・モスクやアヤソフィヤや
トプカプ宮殿が並んで見えてきました。
この3つの観光名所を一度に見れるのも船の上からならではです。

Istanbul-817.JPG


左端がブルー・モスク。
あの巨大な建物が小さく見えます。
私が泊まっているホテルも見えてるはずなんだけど
どれだかぜんぜん分かりません。

Istanbul-818.JPG


そしてアヤソフィア。

Istanbul-819.JPG


大きすぎて全体像が分からなかったトプカプ宮殿も
海上からなら全体を見渡すことが出来ます。

Istanbul-820.JPG


だんだんエミノニュの港に接近。

イェニ・ジャーミィと、
その斜め後にイスタンブールで一番大きな
スュレイマニエ・ジャーミィが並んで見えてきました。

これもまたすばらしい眺めです。

Istanbul-821.JPG


そしてエミノニュに到着です。


アジア側に行ったからには新市街地にも行かねばと
すぐ近くにあるガラタ橋を渡って見ることにしました。

Istanbul-822.JPG

Istanbul-823.JPG

Istanbul-824.JPG

Istanbul-825.JPG


ガラタ橋の上は釣りをしている人がたくさんいました。

Istanbul-826.JPG


ガラタ橋はそんなに長くなくて新市街地側にはすぐに到着。
渡る前は新市街地を散策して見るつもりでしたが、
カドゥキョイで結構歩いていて疲れているし
特に見たい場所もないので止めてホテルに戻ることにしました。

新市街地にも行ったぞ、という事で。

Istanbul-827.JPG
↑この写真、抜けてました。

Istanbul-828.JPG


橋を引き返しながら旧市街地側をながめていると
結構あちことにモスクが見えます。
ぱっと見て分かる大きなモスクを数えただけでも
全部で6ヶ所も見えていました。

アジアしか知らない目で見ればヨーロッパ的な町並みなのに
町中にモスクがあってアザーンが鳴り響く
不思議な雰囲気の町です。

大きなモスクを背景に釣りを楽しむ人たち。
のどかな風景じゃないですか。

Istanbul-829.JPG


イスラム教徒といえばテロリストという
偏見を持った人たちに見せたあげたい風景です。

Istanbul-830.JPG


海と船をながめながら、
スルタンアフメット地区に戻りました。


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/258-98f8bff1