アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

大晦日の日は豫園(ユーユエン)に出かけました。
500年ほど前に作られた個人の庭園だそうです。

ホテルから南京東路駅まで歩きそこからさらに徒歩で南下。
観光地でない途中の風景が意外と面白かったです。

Shanghai0912-401.JPG

Shanghai0912-402.JPG

豫園に近いところにあった教会の建物を使った小学校。

Shanghai0912-403.JPG


そして豫園の横にある商店街、豫園商城の門に到着。

Shanghai0912-404.JPG

道が分かりにくかったですが
商店街を通って九曲橋を渡ってチケット売り場に到着。

Shanghai0912-405.JPG

Shanghai0912-406.JPG


チケットを買ってさっそく中へ。
入り口正面の三穂堂の前の岩には
江沢民前国家主席が書いたと言う書があります。

Shanghai0912-407.JPG

Shanghai0912-408.JPG

そして三穂堂。

Shanghai0912-409.JPG

Shanghai0912-410.JPG


中は狭い迷路のようになっていてこじんまりとしています。
はっきり言って広々とした日本庭園の方がぜんぜんいいです。

池の向こうにある大假山。
ガイドブックには仰々しく書かれていますが
ごちゃごちゃ積み重なった岩の上にちょこんと小さな屋根があるだけです。
たいした物じゃありません。

Shanghai0912-411.JPG

その先にあった水路。
これも名前が付いているらしいですが・・。

Shanghai0912-412.JPG

たぶん万楼。

Shanghai0912-413.JPG

Shanghai0912-414.JPG


見慣れたなんていうことのない建物が続きます。
欧米人ならともかく日本人ならエクゾチックさも感じないでしょう。
早くも飽き気味です。

龍壁。
見たままです。

Shanghai0912-415.JPG

天春堂だったかも。

Shanghai0912-416.JPG

Shanghai0912-417.JPG


通路を通って庭園の中央に出ます。

Shanghai0912-418.JPG

Shanghai0912-419.JPG


出来の悪い日本庭園のようで感動できません。

Shanghai0912-420.JPG

ここから見る景色がすばらしいと言われても・・。

Shanghai0912-421.JPG

Shanghai0912-422.JPG


近代都市上海で唯一古き良き中国が味わえる場所と
期待していただけにちょっとがっかりでした。

Shanghai0912-423.JPG


そして奥にある内園へ。

Shanghai0912-424.JPG


HISご一行様が先に入っていったため、
出て行って人が少なくなるまで少し待ちました。

Shanghai0912-425.JPG

Shanghai0912-426.JPG

Shanghai0912-427.JPG


一通り見終わると出口から出て豫園商城をぶらつきました。
こっちの方がよっぽど良かったかも。

Shanghai0912-428.JPG

食べ物屋の屋台が並んでいます。

Shanghai0912-429.JPG

カニの揚げ物。
殻付きなので買うのは止めました。

Shanghai0912-430.JPG

そしてこんな肉の焼き物を買い食いしました。
けっこういけてました。

Shanghai0912-431.JPG

しばらく商店街をぶらぶら。

Shanghai0912-432.JPG

Shanghai0912-433.JPG

Shanghai0912-434.JPG

Shanghai0912-435.JPG

Shanghai0912-436.JPG


ということで豫園、
日本の庭園の方が100倍もいいというのが正直な感想。
すべてがせせこましいです。

美的感覚の問題かもしれませんが。


タクシーで帰ろうとしましたが豫園のまわりはタクシーの争奪戦。
しばらく歩いて少し離れたところでようやくタクシーを捕まえて
ホテルへ帰りました。

Shanghai0912-437.JPG



関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/214-4cb29679