アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

12月29日の夕方成田発の全日空 MH921便で上海へ行ってきました。
今回は初の海外での年越しです。

行き先は正月は2月の旧正月で正月気分がまるでない中国。
中国語は話せないしどうなることやら。

Shanghai0912-101.JPG



予定通り無事上海の浦東(プードン)空港に到着。
パタヤ以来軟弱化している私はタクシーでホテルへ向かいました。
料金は167元で約2,400円です。

上海のタクシーはボッタクリ無しの明朗会計で安心でした。


宿泊先はクラッシク・ホテルの浦江飯店(浦江饭店、プージャン・ファンディエン)です。
今回は宿泊するホテル自体が観光目的の一つです。
実際、滞在中に何回かツアーのガイドが観光客を連れて観光してました。

部屋は昔の有名人が宿泊した部屋に泊まれると言う
セレブレティ・ルームを4泊予約していましたが
セレブレティ・ルームは満室なのでエグゼクティブ・ルームに泊まれと言われました。

部屋自体は同じ料金の部屋で結構いい部屋なのですが
予約しているのに納得するはずもなくちょっと問い詰めました。
翌日セレブレティ・ルームに変えるからという返事で
夜も遅いしそれでその場は納めました。

もちろん翌日理由を問いただしましたけどね。

あっ、すべて英語です。
ホテルは英語で全然OKでした。


ちょっとむっとしましたが部屋自体はとてもいい部屋でした。
広さは30㎡で予約していた部屋の50㎡よりは狭いですが
一人で使うには十分な広さです。
ウッディーフロアーが気に入りました。

Shanghai0912-102.JPG

Shanghai0912-103.JPG

机があってインターネットが使えるパソコンまでありました。
エグゼクティブ・ルームはインターネット使用料がただで
毎日自分の部屋でインターネットを使うという贅沢をしました。

Shanghai0912-104.JPG


バスルームは浴槽とシャワーブースが別々にありました。

Shanghai0912-105.JPG

Shanghai0912-106.JPG

Shanghai0912-107.JPG

そしてこんなしゃれたヘルスメーターが置いてあります。

Shanghai0912-108.JPG


廊下はこんなモダンな感じです。

Shanghai0912-109.JPG

1階のロビーは重厚な木の柱と天井のシャンデリアが豪華です。

Shanghai0912-110.JPG

Shanghai0912-111.JPG


外から見るとクラッシクな石造りの概観がすばらしいです。

Shanghai0912-112.JPG

Shanghai0912-113.JPG

目の前の外白渡橋です。

Shanghai0912-114.JPG



しかしこの部屋、ひとつだけ欠点がありました。
部屋は2階で外白渡橋の交差点が目の前で、
車やオートバイの騒音で目が覚めました。

Shanghai0912-115.JPG


テレビの報道なんか見ていると
上海は既に日本を追い越す勢いで発展しているかのようですが、
実際は庶民の通勤の足はバイクや自転車がまだ多いようです。

ほんとにテレビって信用できないなあ。


さてシャワーを浴びると朝食に行きましたが
この朝食会場がまた豪華でした。

Shanghai0912-116.JPG

2階分ぐらいある高い天井のホールです。

Shanghai0912-117.JPG

Shanghai0912-118.JPG

朝食の内容は安っぽいビュッフェで全然豪華じゃありません。

Shanghai0912-119.JPG



朝食後、予約したのに満室ってどういうことだと
フロントのお姉ちゃんを問い詰めました。
ようは予約した部屋に泊まっている客が延泊したので
私を他の部屋に泊まらせたと言う事でした。

これで納得するだろうと安心したようですがそうはいくかい!
なら俺が予約しているんだから延泊した客が
別の部屋に泊まるべきだろうとさらに追求しました。

別に理由が知りたかっただけで怒ってはいないのですが
お姉ちゃんがへらへら笑っているのにカチンと来て追求して見ました。
追求にたまりかねてお姉ちゃんは上司を呼びました。

こっちの方はもう少し丁寧な対応。
もっと高い部屋を同じ料金で提供したみたいな事を言ってましたが
前の日は高い部屋だったら差額がかかるって言ってたぞ!

へらへら笑っていたおねえちゃんじゃないのでその辺で止めましたが
最後までお詫びの一言はありませんでした。

丁寧なようでもこの辺が中国人かな?


12時過ぎたら部屋を変えると言うので
それまでは近くを散策することにしました。
その記事はこちらで見ていただくとしてホテル紹介続行です。
2009年12月 上海で年越し(2) 外灘と南京東路

外灘、南京東路を散策して12時半ごろにはホテルに戻って来ました。

Shanghai0912-120.JPG


部屋は交換できるかと聞くとツインなら空いたと言う返事。
ダブルベッドの部屋で予約していましたが
早く部屋を変えたかったのでそれでOKしました。

セレブレティ・ルームは3階です。
エレベーターで上がりましたが階段もこんな感じでいい雰囲気です。

Shanghai0912-121.JPG

そして他とは雰囲気の違ったこんな場所に。

Shanghai0912-123.JPG

屋内ですがちょっとした公園風。
ドアを開けるとさらに左右にドアがあり二部屋ずつあります。

泊まった部屋は303号室で、エドガー・ショウとかいう
アメリカの作家夫妻が1931年に泊まった部屋だそうです。
チャップリンやアインシュタインじゃなくて残念。

Shanghai0912-124.JPG

部屋の中はレトロでいい雰囲気です。
だだっ広いし(笑)。

家具はちょっとガタが来ていますがそれが味です。

Shanghai0912-125.JPG

Shanghai0912-126.JPG

ソファーは皮がひび割れて渋すぎ。
座った瞬間、すわり心地わりーと思いましたが
数日座っているうちに気に入りました。

Shanghai0912-127.JPG

鏡台は鏡の一部がだめになっています。

Shanghai0912-128.JPG


内装はきれいに改修してあって半分レトロといった感じ。
バスルームはエグゼクティブ・ルームと違ってシャワーブースはありませんでした。

Shanghai0912-129.JPG



これで税込みの総額1泊約9千円です。

私が泊まるホテルの相場としてはかなり高いですが
高めのビジネスクラス程度の値段でこんなホテルに泊まれて
しかも上海にしかないホテルで大満足です。


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/211-cfcdf9b4