アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

v


いつもは地球の歩き方を片手に旅行をしている私ですが、
9月のインド旅行ではロンリープラネット日本語版も持って行きました。
結果、いつもサブバッグに入れて活用したのはロンリープラネット。

今回のインド旅行で感じた二つのガイドブックの違いを
ちょっと書いて見たいと思います。


まず情報量とその内容。

とにかくロンプラは移動や宿泊先や両替など、
自力で旅するための情報が豊富に載っていて頼りになります。
地球の歩き方はご挨拶程度に載っているだけ。
移動方法に関してはすぐにロンプラしか見なくなりました。


そして記述方法がロンプラは非常に客観的です。
事実を理路整然と書いてありそれをどう使うかは読者しだい。
どんなタイプの旅行の仕方をするのかは旅行者の自由、
ロンプラはそのどの旅行者にも役立つように書かれていると感じました。

それに対して地球の歩き方は、
ロンプラと両方見ていると主観の強さが気になりました。
というか主観の感想みたいな事書くスペースがあるなら
もっとちゃんとした役に立つ事実ベースの情報を書けよ。

例えば温水のシャワーにこだわっていては安い宿には泊まれない、
などと記述されていてインド旅行はそのレベルの安宿に泊まる
バックパッカーであるべきだとでも言いたげで、
旅とはこうあるべきだという執筆者の主観がにじみ出ています。

私は安宿でもいいけど最低ラインはバス・トイレ付きの個室、
窓付き、温水のシャワー付き、エアコン付きを目安にしています。
温水にこだわるななど余計なお世話です。

それは単にアンタの旅行スタイルだってだけでしょ?
いったいなんの役に立つの?
だいたい地球の歩き方のこの情報量じゃそんな旅行はできないでしょ?

そのくせ別の国のガイドブックには
安宿に泊まるのは安全を犠牲にしているのだから
良く考えろとか書いてあって一貫性がなく
ほんとに執筆者の主観で書いているだけという気がします。

どんな旅行の仕方をするのかは旅行者の自由、
そのすべての旅行者をサポートするという
ロンリープラネットの姿勢に好感が持てます。


それでいて地球の歩き方のホテル・ゲストハウスの説明は
読者の投稿をそのまま載せているものが目立ち無責任。
これも少なくとも執筆者がきちんと見て書いている
ロンプラのホテル紹介の方が役に立ちます。
くちこみ情報もいいけどそれはおまけの情報でしょう?


次に地図。

ロンプラの地図は道ばかり書かれていて
目印になるような建物の記述が少なく心配でしたが
実際に現地に行って見ると地球の歩き方よりずっと正確。

地球の歩き方の地図は目印になる建物が多くて
一見分かりやすそうですが道がいい加減で使えませんでした。

ホテルといい地図といい、地球の歩き方は
現地を全部見て書かれているのが疑問に成ります。
タイとかマレーシアとか他の国ではそんな事なかったんですけどね。
インドが広すぎて手が回らずこうなっているということでしょうか?

まあロンプラもヴァラナシの旧市街の地図は
現地の迷路のような道では全然役に立ちませんでしたが。


そして観光名所の説明。

これも地球の歩き方は主観的です。
ヴァラナシに行ったらガンガーで沐浴をして見ようとか、
あの汚い川で沐浴するかどうかは本人の判断でしょう。

ヴィシュワナート寺院への道は入り口が分かりにくいが
ぜひ歩いて見よう、とかってそれを分かりやすくするために
ガイドブックがあるんだろうと腹さえ立つ記述です。

「・・してみよう。」って記述がところどころありますが、
だからどうしたらそうできるんだよ!その説明をちゃんと書けよ!
って思っちゃいます。

そのくせ一つ一つの観光名所についての説明は
やっぱりロンプラの方が圧倒的に詳しく書かれています。
3倍ぐらい厚さの違いがありますが内容の濃さは5倍は違う?

唯一地球の歩き方の方がいいのは写真が多いことぐらいですね。
目の前の建物がなんなのか分からない時に一度地球の歩き方が役に立ちました。
逆に言えば持って歩いてロンプラより役立ったのはそれぐらいという事です。


地球の歩き方で役立ったのは鉄道の予約の仕方。
インターネットでの予約の仕方も書かれていて
これを参考にインターネットで鉄道の予約をしました。


まとめると、
バックパッカーと思われる執筆者の主観がうっとおしいのが地球の歩き方、
首尾一貫、冷静に事実が並べられていて知りたい事が調べやすいのがロンプラ、
(そしてちゃんと載っているのがロンプラ、載っていないのが地球の歩き方)
という印象を受けました。

主観の強さはインドの地球の歩き方特有なのかもしれません。


帰りに寄ったタイのバンコクや次のパタヤでは、
タイのロンプラも持っていますが地球の歩き方だけ持って行き、
パタヤではそれもほとんど見ないでホテルでもらった地図だけ見ていました。
旅行の目的地とスタイルでも違うと言うことでしょう。

一応地球の歩き方をフォローしてますが
そんなに情報が必要ない場合には重いロンプラより
軽い地球の歩き方の方がいいかもね、ってだけです。


もし時間が取れてタイ国内を2~3週間回れるなら
その時はロンプラを持って行きたいと思います。
インドを旅行して初めてロンリープラネットの価値が分かりました。


関連記事

こんにちは。
地球の歩き方とロンプラについては大体同感です。というわけで私もロンプラにはお世話になってます。地球の歩き方の良いところはやはり写真ですね。特に言葉が通じない国で、行きたい場所を尋ねたりするときとか、食べたい料理を注文するときとかに便利かも。
あと、私は写真に写っている「旅行人ノート」は気に入ってます。

2009.10.31 07:45 URL | reis #- [ 編集 ]

reisさんどうも。
私も以前タイのピマーイ遺跡に行ったときには地球の歩き方の写真のお世話になりました。
バス停でもバスの中でも写真を見せてピマーイ、ピマーイと連呼してました。
タイの地球の歩き方はインドより良く出来ている気がします。
旅行人ノートは今回のインドでも考えたんですが何しろピンポイントでしか
情報が出ていないので出ていないところが多すぎて却下しました。

2009.10.31 09:26 URL | go-ichi #bHAk49Ok [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/188-aa165d1d