アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

パタヤと言えば夜の歓楽街ウォーキング・ストリート。
その名の通り夜は歩行者天国になっています。

日本だとどうしても陰湿な雰囲気になりますが
そこはアメリカ文化、大人のユーモアが効いているのがいいです。


海岸沿いのビーチ・ロードを南の端まで行くと
ゲートがあってそこから先がウォーキング・ストリートです。

Pattaya0201.JPG


左のスターバックスとマクドナルド、
この奥に後半宿泊したホテルがあります。
こんなにウォーキング・ストリートに近いとは思いませんでした。
全部ここでも良かったも(笑)。

右側の海に面したレストランが数軒あります。

Pattaya0202.JPG


そしてこんな大型のビヤ・バーから小さなビヤ・バーが並び、
それと同じぐらいの数のゴーゴー・バーが立ち並びます。

Pattaya0203.JPG


店の前では女の子たちが呼び込みをしています。

Pattaya0205.JPG

Pattaya0204.JPG


何度も前を通って既に顔を覚えられていて
簡単に写真を撮らせてくれましたが中に連れ込まれました(笑)。

この子達は外で呼び込みをしているだけで、
こんなコスチュームの女の子は中にはいません。

中はもっとはるかに過激です(笑)。

え~、これ以上説明すると女性読者がいなくなるので
この辺でやめておきますが、ここで遊んだ後は
あの歌舞伎町が地味でつまらなくなります。

Pattaya0206.JPG


こんな通りを子供連れで歩いている白人は
教育上だいじょうぶなんでしょうか?

Pattaya0207.JPG

Pattaya0208.JPG

Pattaya0209.JPG


ビールの小瓶が120バーツ(350円)程度。
入場料などいっさいなくその気になればかなり安く飲めます。

まあ、おつりの小銭はウエイトレスへのチップ、
横について接客してくれた子には飲み物ぐらいおごって
というぐらいは普通ですがそれでもそこそこです。


たまにタイ料理のテイクアウトの店があって
この通りで働いているタイ人が買っていきます。

Pattaya0210.JPG




そして昼間のウォーキング・ストリート。

Pattaya0211.JPG

Pattaya0212.JPG

当然ほとんどの店は閉店していますが
午後になると一部のビヤ・バーが営業していて
白人がぽつんとビールを飲んでいます。
店員は夜の若い女の子と打って変わっておばちゃんが中心です。

まあかってに一人でひとりでビールを飲んでいるって感じです。
昼間は普通の町中の方がそういうビヤ・バーが多いかも。

Pattaya0213.JPG

Pattaya0214.JPG

Pattaya0215.JPG


看板を見ているとかなり過激そうですが、
実際に中に入ると・・・もっと過激です(笑)。

Pattaya0216.JPG

Pattaya0217.JPG


めずらしく昼間から若い女の子がいたビヤ・バー。
ここでビールを飲みましたがお客さんは放置状態。

私の他にも白人のお客さんが2人いましたが、
5人いる女の子たちは誰も接客せず、
だべって話していたり枝毛をいじっていたり(笑)。

まあこのゆるさがタイの魅力でもあるわけですが。

Pattaya0218.JPG

Pattaya0219.JPG




さてそろそろ飽きてつまらなくなってきた女性読者の皆様。

お待たせしました。
この通りからちょっと離れたところにあった ゴーゴー・ボーイ です。

Pattaya0220.JPG

Pattaya0221.JPG


さすがにここまでは手が回りません。
興味のある方はご自分でご確認ください(笑)。


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/186-df73ef70