アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



インドネシア、ジャワ島ジョグジャカルタのタマン・サリ

今回のインド旅行の航空券はタイのバンコクで乗り継ぎ。
帰りはバンコクで2泊してインドでの怒りを静めました(笑)。

今回泊まったホテルはマジェスティックスイート。
バンコク5つ目のホテルにして初めてスクンヴィットに滞在しました。

BKK001.JPG

このホテルは部屋が狭いと聞いていたので
ちょっと広めのルームタイプにしましたが
それでもあんまり広くありません。

BKK002.JPG

バスルームは変な形のバスタブが付いてましたが
バスタブを使わない私には良く出来たシャワーブースのようで
けっこう使いやすかったです。

BKK003.JPG

問題は窓。

ちゃんと窓は付いているんですが
ほとんど隣の建物でふさがれています。
間をイミテーションの植物で飾ってありますが
かえってそれが気味悪かったです。

まあすぐお隣はバンコクを代表する凶悪な有数の歓楽街。
部屋にいるより隣でビール飲んでるほうが多くて
関係ないといえば関係なかったです。


スクンヴィット通りの向こうに数軒食堂やレストランが並んだ
ちょっと雰囲気のある通りがありました。

BKK004.JPG

BKK005.JPG


なんとなく見覚えのある料理の看板を見ていたら・・カレー。
もうカレーは勘弁してください(笑)。

ふとまわりを見回すとアラビヤ文字がやたらとあります。
どうもアラブ人とかインド以西の人が多く宿泊する通りのようでした。

路地の一番手前にタイ料理の食堂があって
そこでカオマンガイ(チキンライス)を食べて見ましたが
肉がいまいちでした。

BKK006.JPG

BKK007.JPG




さて今回のバンコク滞在ですが、
インド旅行の疲れを癒すために何もせずにゆっくりする計画でしたが
白人の中でビールを飲んでいるだけではいかにももったいないと
ついに我慢できずに観光に出かけてしまいました。

行き先はワット・プラケオ。
ツアーなどではエメラルド寺院と紹介されている
バンコクでも特別扱いの寺院です。


まずはアソーク駅から地下鉄に乗って
シーロムでBTSに乗り換えます。

土地勘があるって楽ですねえ。

シーロム通りから見た光景。
デリーから来ると近代的なビルが立ち並ぶ
この何の変哲もない光景に感動します。
(ちょっとおおげさか)

BKK008.JPG

BKK009.JPG


サパーン・タクシン駅で降りて近くのサトーンのボート乗り場から
チャオプラヤー川のエクスプレスボートに乗り換えます。

前回もそうでしたがなぜか強制的に150バーツもする
船内ガイド付きのツアーボートに乗せられました。

帰りは立った客でぎゅうぎゅう詰めの値段が1/10ぐらいの水上バス。
どうやったら行きも安いボートに乗れるのか謎です。

BKK010.JPG

BKK011.JPG

BKK012.JPG

ワット・アルンを横に見ながらター・ティアンのボート乗り場に到着。
ワット・プラケオの入り口は広い敷地の反対側でした。

途中の道は露天街になっていました。
お客さんはほとんどタイ人です。

BKK013.JPG


日差しはきついですがあまり汗をかかず
インドよりは多少楽な気がします。

ようやくワット・プラケオの入り口に到着です。

BKK014.JPG

BKK015.JPG

そしてまっさきに本堂でエメラルドで出来たご本尊を見ました。

BKK016.JPG

BKK017.JPG

本堂の内部は写真撮影禁止ですが
外からエメラルドのご本尊が丸見えと言う
いかにもタイ人らしくどこか抜けています。

小さい緑色の像がエメラルド製のご本尊です。

そのあとはやたら派手な仏塔などが無秩序に立っている
寺院の本堂以外を見て回りました。

BKK018.JPG

BKK019.JPG

BKK020.JPG

ひたすら派手でひたすら無秩序。
まるで空いているところに適当に仏塔を立てたかのよう。
この辺の芸術的なセンスはインドの方がずっと上と言う感じがします。

ひたすら派手なのも見る分には面白いですけどね。

BKK021.JPG

BKK022.JPG

悪魔と猿神だそうですがこいつらが一番派手です。

BKK023.JPG

BKK024.JPG

BKK025.JPG

BKK026.JPG

まわりの回廊には精巧な絵が描かれています。

BKK027.JPG


次は門を抜けて隣にある王宮へ。

チャクリー・マハ・プラサート宮殿。
ビクトリア様式の建物にど派手なタイ様式の屋根が乗っています。

BKK028.JPG

その向かいの建物。

BKK029.JPG

チャクリー・マハ・プラサート宮殿の隣にあるドゥシット・マハ・プラサート宮殿。

BKK030.JPG


王宮はざっと見るだけでおしまい。
外に出て真っ直ぐ川のほうへ歩くと屋台街があって
その奥にター・ティアンの隣のター・チャーンのボート乗り場がありました。

屋台街でクイッテオを食べてからボートに乗りました。

BKK031.JPG



バンコクに2泊した後、夜10時10分発の
タイ国際航空 TG640便で日本へ向かいました。


- インド旅行記、これでほんとに終わり -



関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/180-5ccbcbad

チャオプラヤーエクスプレスボート (Chaopraya Express Boat)
バンコク旅行記 -たびひろ(旅広場)- > チャオプラヤーエクスプレスボート(Chaopraya Express Boat) ラッシュアワーも関係なくすいすいと進むチャオプ...

2009.10.23 19:13 | バンコク旅行記 -たびひろ(旅広場)-