アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

デリーに戻って2日目はレッド・フォート(ラール・キラー)を見に行きました。
デリー滞在は基本はのんびり過ごすつもりでしたが
デリーに来た以上レッド・フォートぐらいは見ておかないと。

普通はインド旅行の最初に見に行くんでしょうが
最初の滞在は1泊だけだったため最後になりました。

ホテルの前にいたオートリクシャに声をかけられて
乗る気になって値段を聞くとなんと250ルピーもふっかけてきました。
今までの相場からこの距離だったら100ルピーがいいところ。


なんでこんなに高いんだと文句を言うと
オールドデリーだから特別なんだとか
理解できない事をいいだして納得できません。

そうしたらじゃあ230ルピーでいいと言うので
デリーは首都だし物価が高いのかなあと思ってしまい
うっかりその値段で乗ってしまいました。

乗ったら乗ったでデリーの後はどこに行くとか聞き出し
デリーには戻ってきたんだというと、
じゃあレッド・フォートの後にはどこに行くんだとか
うるさく聞きだしたので無視して黙っていました。

そうするとお前は英語がしゃべれないのかと言い出したので
英語はしゃべれるがお前が何言ってるか聞こえないというと
わざわざオートリクシャを止めて聞き出しました。

レッド・フォートを見た後も乗らないかというので
強い口調で No! と言うとようやく黙りました。

大ハズレだな、こいつ。

それよりも何よりも、
その間にさーっと割り込んで
運転手に両替させていたインド人のおばちゃん、
あんたはすごい。

とにかく良くしゃべる運転手にろくなやつはいないです。


ちょっと不機嫌になりながらもレッド・フォートに到着。

でかいです。
城壁の一部が見えているだけで全体像が分かりません。
タージ・マハルを建設した皇帝シャー・ジャハーンが作ったそうです。

INIDIA1201.JPG

INIDIA1202.JPG


ラホール門を入るとお土産物屋さんがならんだバザールになっています。

INIDIA1203.JPG

INIDIA1204.JPG


中は拍子抜けするぐらい建物が少なくて
広々としていて城の中というより公園と言う感じ。
その中にポツポツと建物が立っています。

他の観光客が歩くのについていって
通路を真っ直ぐ歩いて中央の建物へ。

INIDIA1205.JPG

真ん中に何か置いてあって
みんな写真を撮っていましたがなんだか分かりません。
皇帝の玉座のような気がしますが・・。

INIDIA1206.JPG

柱がいっぱい。

INIDIA1207.JPG

その先に進むけどこれもなんだかわからず。

ロンリー・プラネットに結構詳しく書いてありましたが
地図の建物の位置が微妙に実物と違うようで
見ている建物が何なのかはっきり分からないものもありました。

INIDIA1208.JPG

INIDIA1209.JPG


さらに進み城の一番奥へ。
いくつかの建物が並んでいます。

INIDIA1210.JPG

INIDIA1211.JPG


これがたぶんディワン・イ・カース。
皇帝が近い人だけを集めて会議を行った場所・・らしいです。

見てた時はちゃんと説明が書いてあって
何の建物だか分かっていたんですが、
日本に戻ってきたらどれがどれだったか・・・。

すいません。

INIDIA1212.JPG

INIDIA1213.JPG

壁や柱に細かい装飾がしてあるのですが
なにせ汚れてすすけて見えていていまいちでした。

まあ前日にタージ・マハルを見たばかりですからねえ。
どうしても比べちゃいますよね。

私がほとんど感動も覚えず歩いていると、
少し前を歩いていた背の高い金髪女性が一言。

フーム、エキゾチック・・・。

そうかあ、こんなもんでいいのか?
すかすかの柱だけの建物が並んでいるだけだぞ?

まあ、感性は人によって違うものですねえ。


とにかく、ディワン・イ・カース他、
まあいろんな建物が並んでいます(笑)。

INIDIA1214.JPG


一番南にあるのがマムタズ・マハル。
中は博物館になっています。

INIDIA1215.JPG



まあこんなものかと歩いてきた道を戻っていき外に出ました。

INIDIA1216.JPG


意外と外の城壁が一番迫力があるかも。

INIDIA1217.JPG

INIDIA1218.JPG



道路の向こうはジャイナ教の寺院。
その向こうの道を歩いて次はジャーマー・マスジッドへ行きました。

INIDIA1219.JPG

良く分からん遊園地も。

INIDIA1220.JPG



途中の道はかなりローカルでいい感じです。
観光客はこんなところは歩かないでバスで乗り付けていました。

くそ暑い中をとぼとぼ歩いてようやくジャーマー・マスジッドに到着。
しかしお祈りのため中に入れるのは2時からでした。

INIDIA1221.JPG

INIDIA1222.JPG

INIDIA1223.JPG

肝心の中心部は見れませんでした。

遠くに見えるのはレッド・フォート。

INIDIA1224.JPG


階段にすわっていたらそこからも追い出され
しかたなくオートリクシャをつかまえてホテルに戻りました。
帰りはたったの80ルピー。

くそー、来る時のリクシャ、やっばりぼってやがる。
ホテルで出待ちしているリクシャは全部ダメですねえ。


INIDIA1225.JPG



関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/177-88b7c5a4