アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

作戦通り、朝のタージ・マハル観光のため
この日は朝5時ごろには起きました。

というかインドに来てから毎日これぐらいに起きています。
まあ、日本時間の8時半か9時なのでぜんぜん平気です。

急いでシャワーを浴びるとホテル・カマルの屋上に上がり
朝のタージ・マハルを見ました。
朝もやで少しぼやけていますがいい雰囲気です。

INDIA1101.JPG


そして朝6時の開門に合わせて南門へ。
すると警備員にこの時間は空いているのは西門だけだと教えられました。

西門には朝早くから数十人の人が並んで待っていました。

INDIA1102.JPG


ボディーチェックは当然問題なくパスと思いきや
なんと持っていた懐中電灯が引っかかってしまいました。
なんで懐中電灯がだめなのか全然意味わかんないんですが。

外において並びなおせと言われましたが
入場券はもう穴をあけられてしまっていて
インド人のこと、穴を見て買いなおせというに決まっています。

この懐中電灯をそこに置かせてくれと散々粘ったあげく
係員が根負けして懐中電灯を預かってくれることになりました。

帰りに寄れよと言われ、
二度三度とサンキューを繰り返して中に入りました。

帰りに寄ったときにはその人はいませんでしたが
どうせただでもらった懐中電灯です。
むしろ没収してくれとお願いしたかったくらいなので
ノープロブレムです。


そしてようやく朝のタージ・マハル観光です。
朝一番なので中にいる人は少なく
ちょっと朝もやがかかっているものの雰囲気はいいです。

INDIA1103.JPG


ゲートから見えてくるとやはりちょっとだけ感動します。

INDIA1104.JPG

朝のタージ・マハルは色がピンクがかってきれいです。

INDIA1105.JPG

INDIA1106.JPG

INDIA1107.JPG


うっとおしいバカの一つ覚えのしゃがめしゃがめ係もいません。

INDIA1108.JPG

INDIA1109.JPG

INDIA1110.JPG

左側にあるモスクです。

INDIA1111.JPG

タージ・マハルにインドの服で着飾った観光客たち。
雰囲気いいです、というかまさにインドという感じです。

INDIA1112.JPG

INDIA1113.JPG

INDIA1114.JPG


2回目だし時間に限りがあるので軽く観光。

西門から出てホテルに戻り、
近くで朝食をとってからチェックアウトしました。

INDIA1115.JPG


夜、イルミネーションできれいだった建物も、朝見るとオンボロ。

INDIA1116.JPG



オートリクシャでアグラ・カントメント駅に向かい
9時には駅に着きました。

INDIA1117.JPG



乗るのは10時03分発の KERALA EXPRESS です。
この列車のタイムテーブルを見たらインドの南端のあたりから
2日間かけてアグラにたどり着く列車です。
いったい何時間遅れて到着するのかと覚悟していたら
なんと時間ぴったりに入線してきました。

インドの列車が時間通りに運行するはずがないので
3時間遅れて途中で取り戻して
また遅れてまた途中で取り戻してなんてのを繰り返して
たまたまアグラ・カントメント駅に時間通りに着いたのでしょう。

案の定、13時20分にニューデリー駅着の予定が
1時間半も遅れて午後3時ごろにニューデリー駅に到着しました。


駅に着くと駅前のメイン・バザールへ。
するとあんなにひどく見えた通りの店が
意外とちゃんとした店に見えるじゃないですか。

10日間インドを旅しているうちに感覚が変わってしまったようです(笑)。

さっそく宿探し。
メイン・バザールを奥のほうまで歩き、
前に見てきれいなロビーだったコテージ・イエス・プリーズへ。
しかし空き部屋がないかと聞くと予約しているかと言われ
していないと言うとにこっと笑って首を横に振って
満室だと言われてしまいました。

予約なんてしなくても平気と思っていましたが
鉄道と言いホテルといい、
インドは予定がはっきりしているなら予約はした方がいいですね。


しかたなくメイン・バザールを駅の方向へ戻ると
途中で小さいけどきれいなロビーの中級ホテルに気が付きました。
ここいいかもと部屋を見せてもらいましたが
小さな窓がすみにあるだけでほぼ窓無し状態、
しかも従業員が電気のスイッチを見つけられないのか点かないのか
結局最後まで小さな窓の明かりで見ただけ。

部屋はきれいそうだしいい感じの椅子とテーブルもありましたが
いつ停電が起こっても不思議のないこの場所で
ちょっとこれは信用できないと思い止めました。


この日は暑くて10キロ以上の荷物を担いで宿を探して歩くのもいやになり、
アラカシャン・ロードのほかのホテルを見ることもなく
(2ヶ所ほど目を付けてあったホテルもあったんですが)
最初に泊まったホテル・グランドゴッドウィンに泊まることにしました。

ニューデリー駅の前の道を歩いていると
私には絶対無理と思っていた並んでいる食堂が
ヴァラナシやアグラと比べたらぜんぜんましに見えます。

やっぱり感覚が変わってしまってますね。

ホテル・グランドゴッドウィンは
部屋のタイプも前回と同じ下から2番目の部屋です。
前回は一番奥の部屋でしたが今回は通り沿いの部屋です。

INDIA1118.JPG


屋上のレストランのウエイターがしっかり私を覚えていてくれました。
今度は3泊するといったら、オーケー、朝食、ランチ、ディナー、
全部任せろ!みないた感じでのりのりでした。

同じホテルを使うのもいいですねえ。


前回は寂れた感じの通りというイメージでしたが
100mほどしか離れていないところで地元の祭りをやっていて
空き地のようなところで芝居をやっており
小さな子供連れの家族が大勢集まっていて
今回は夜になっても賑やかでした。


INDIA1119.JPG




関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/176-a41ba70d