アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

旅行2日目、この日は夕方にヴァラナシ行きの列車に乗るので
あちこち歩き回らずパハールガンジのメイン・バザールでも見て
一日ぶらぶらしている事にしました。

ホテルの前のアラカシャン・ロードです。

INDIA201.JPG

INDIA202.JPG


アラカシャン・ロードはパハールガンジの北のはずれにあります。
真っ直ぐ歩くとニューデリー駅前の通りにぶつかります。

INDIA203.JPG

右に曲がって5分ほど歩くとニューデリー駅の前に出ます。
しかしこの5分が大変。

オートリクシャと人とバスや車が入り乱れて
車線なんか関係なくみんなが自分勝手に走り回り
2重追い越しや3重追い越しはあたりまえ、
四六時中クラクションが鳴りっぱなしで
気温は35度あるのか40度なのかだらだら汗が流れ
歩いているだけでどっと疲れ5分がまるで1時間みたいです。

INDIA204.JPG

ようやくニューデリー駅の前にたどり着いても状況は変わりません。
これ、一国を代表する駅の前の通りですよ?
左側が駅で右側には食堂や怪しい旅行会社が軒を連ねます。
東京駅や新宿駅の駅前に相当する場所なんですが・・・。

軒を連ねる食堂はタイやマレーシアで
むしろ食堂を好んで利用していた私でも入る気がしない代物。
「レストラン」みたいなのはどこにも存在しません。

INDIA205.JPG

そしてニューデリー駅です。

INDIA206.JPG

駅のホールにはたくさんの人達が座り込んでいます。

INDIA207.JPG

駅の向かいにはパハールガンジのメイン・バザールがあります。

INDIA208.JPG

これはメイン・バザールに対して左斜めに伸びる道。

INDIA209.JPG

そしてメイン・バザール。

バンコクのカオサン・ロードみたいな
ホテルの1階にカフェがあるような通りを想像していたんですが
とんでもないです。

INDIA210.JPG


ガイドブックの地図にはポツポツとレストランが載っていますが
そのレストランがせいぜい食堂と言った程度のもの。
道自体はおみやげ物やが並ぶ程度で
この道の宿に長期滞在したら日常品をどこで手に入れるのか
とても困りそうです。

う~ん。
私はこの通りには泊まりたくいないなあ。

ただしメイン・バザールも一番奥まで行くと
ちょっと喧騒から離れてのどかに成って来ます。

INDIA211.JPG


ガイドブックに載っていたレストラン(ようは食堂)に入り
昼食をとりましたがその時にも見事に停電しました。

ここにいても暑くて疲れるだけ。
適当に切り上げてホテルに戻りました。

INDIA212.JPG


INDIA213.JPG


ちょっと高めのホテルにしておいて良かった。
と言っても下から2番目の部屋で1,800ルピー、税込み約4,000円です。


関連記事

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.07.11 19:45  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/167-fe9dbf5e