アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

4日目はマレーシアのジョホールバルへ日帰り観光する事にしました。

息子はどこに行きたいか特に思い浮かばず
この日はリトルインディアあたりをぶらぶらしてるかと言っていました。

せっかく来たんだから前から行きたかったJBを提案したら
JBというよりマレーシアに行くというのにそそられたようで
即JB行きが決定しました。

ブギスよりの中華系の食堂で朝食を食べた後、
ブギスのバスターミナルへ行ったらすぐ近くでした。
実はホテルからほんの300mほどの距離でした。

バスターミナルからコーズウエイ・リンクのバスでJBへ向かいました。
満席になったら次のバスに回されるので必ず座れると聞いていましたが
それはバスターミナルで乗るときだけのことで、
シンガポールのイミグレーション通過後のバス乗り場では
立って乗れるぎりぎりまで詰め込まれました。
しかも私たちは最後の二人でした(笑)。

そしてJBのイミグレーションで入国。
連絡通路を通るとそのままシティ・スクエアという
きれいなショッピング・センターの中に入ります。
シティ・スクエアの中で無難にスバゲティの昼食をとったはずが
一人分は刺激臭のする信じられない代物で食べられませんでした。

息子、ここで水道のホースの水でお尻を洗うトイレに遭遇(笑)。

そしてようやく町に出ました。

Sin0908-301.JPG

シティ・スクエアの向かい側の町並み。
どことなくシンガポールとは違いマレーシア風です。

Sin0908-302.JPG

帰りはマレー鉄道で帰って見るかととりあえずショホールバルの駅へ行きました。
しかし時刻表をもらうと一日数本しかなく鉄道はあきらめました。

Sin0908-303.JPG

メルリン・タワーあたりの屋外の階段にちらかるゴミを見て
息子はシンガポールがきれいな町だと言うのを納得したようです。

そしてタクシーをつかまえて(つかまえられた?)、
アブ・バカール・モスクへ行きました。
町中からは結構離れています。

ラマダンのせいなのかよくわかりませんが、
モスクではアザーンと同じようなお祈りの声(?)がずっと鳴り響いていました。
息子はここは日本ではないと改めて実感したようです。

Sin0908-304.JPG

Sin0908-305.JPG

しかし帰るにもタクシーがいません。
しかたなく海沿いの道を歩いて帰りました。

海の向こうはシンガポール。
隣の国が目の前に見えるこの光景は
息子の目にはどう映ったのかな?

Sin0908-306.JPG

Sin0908-307.JPG


サルタン王宮の前を通過。
ここは特に中に入って見ませんでした。

Sin0908-308.JPG

このときマレーシアの地球の歩き方では一本道なのに
道が左右に分かれていて道に迷うところでした。
しかし観光案内所でもらった地図が正確で迷わずにすみました。

シンガポールの地球の歩き方に出ているJBの地図には
ちゃんと2つに分かれた道が書かれているので
最近できた道なのでしょうか?

くそ暑いなかをトボトボ歩く私たちの横をタクシーが通過。
あ、空車だ、と息子。
その時タクシーの運転手がこっちを見てロックオン。
100mぐらい先に止まったかと思ったら高速バックで近づいて来ました。

観光案内所でもらった地図を見せて
コタラヤ2ターミナルに行きたいと言うと5リンギでOK。
タクシーで楽々コタラヤ2に到着しました。

Sin0908-309.JPG


何か冷たいものが飲みたいと思っていたら
冷房が効いた待合室みたいなところがあったので
そこに入ってみました。

Sin0908-310.JPG

飲み物の自動販売機があったので
冷たいコーラを買ってのどを潤しました。

Sin0908-311.JPG


ここで息子が自動販売機に日本語を発見。
「氷なし」・・。
コインの絵は日本の硬貨、
紙幣の投入口には1000円札入口の字が(笑)。

Sin0908-312.JPG

自動販売機自体東南アジアでは珍しいですが、
日本の中古をそのまま使ってるんですねえ。

コーラを飲みながら涼んでいると
息子の向こう側の壁の字が目に留まりました。

Sin0908-313.JPG

Senai Airport City Lounge って。
ここって空港の市内ラウンジ?
下の大きい字の AIRPORT の O の字は取れてるし、
まさかほんとに空港ラウンジ?

と思ってまわりを見ると、
入口の方に確かに出発する各便の状況を示した
モニターがありました。

Sin0908-314.JPG


どうりで場違いな大きなキャリーバッグを持った
白人のおばあさんがいるはずです。
ここから連絡バスで空港まで行くのでしょうか?


シンガポールへはここからタクシーで帰ることにしました。
ブギスのバスターミナルまで60リンギ、約1,800円。
30分も乗って2人で国境を超える金額と思えば安いもんです。

運転手にパスポートとエントリーカードを渡して
イミグレーションの窓口とのやり取りをしてもらいます。
しかしシンガポール側のイミグレーションで
日帰りで滞在2日がひっかかったようでかなり時間がかかりました。
航空券を要求されてEチケットの控えを見せてようやく入国できました。

バスターミナルからはそのままブギス・ストリートへ。
息子はお土産に怪しい日本語がかかれたお菓子を買い、
私は壊れた目覚まし時計の代わりの時計を買いました。

しかしブギス界隈、地下鉄工事ですごい事になってます。

Sin0908-315.JPG



夕食はカレーはもう飽きたとチャイナタウンへ行きました。
屋台が並ぶ通りでさんざん迷った挙句、
通り沿いの適当な中華レストランに入りましたが当たり。

一品激辛の料理を頼んでしまいましたが、
それもたくさんの薬膳を煮込んだような味で
唐辛子さえ気をつけてよければなかなかうまかったです。

(↓撮影は息子)
Sin0908-316.jpg



翌朝は4時チェックアウト。

3時前には目が覚めてシャワーを浴びて準備完了。
息子も起こして後10分ぐらいしたら下に降りようと言っていたら、
突然、近くで数人で騒ぐ大声が聞こえ出しました。

どうも様子が変なので廊下の窓から下をのぞくと
窓の真下、ホテルの入口のまん前で数人の男たちが
怒鳴りあいながらもみ合ってました。

お前ら人がチェックアウトする時にホテルの入口の前で揉め事起こすなよ。

ちょっと待とうと言って様子を見ていると声が小さくなりました。
また廊下の窓からのぞくともみ合っている男達は
100mぐらい先に移動して少し怒鳴りあいも落ち着いたよう。

もう大丈夫だろうと下に降りるとフロントの人が入口の外に立ってました。
たぶん彼が追い払ってくれたのでしょう。


ホテルのフロントです。

Sin0908-317.JPG

Sin0908-318.JPG



チェックアウト直前のハプニングはありましたが、
あとは何事もなくタクシーでチャンギ空港に向かい、
ユナイテッド航空 UA804便で無事帰国しました。

Sin0908-319.JPG



-おわり-


関連記事












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gh51.blog96.fc2.com/tb.php/156-ec308509