アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

お盆休みに有給休暇を付けてピークを外して、
8月14日から19日まで九州の長崎・福岡に行くことにしました。
長崎に3泊してから17日に福岡に移動します。

飛行機は往復ともユナイテッド航空の特典航空券です。
国内線はANA便を使うためANAのブラックアウト期間をはずしました。
ピークをはずしたとは言え乗継便しか取れませんでした。

行きは大阪伊丹空港経由の羽田発長崎行きの便です。

(1) NHD-NGS


乗り継ぎ時間が1時間半で夜7時55分には長崎空港着。
もう少し早く着く便が良かったけど割りとまともな便が取れました。

そして帰りは新潟空港経由の福岡発成田行きの便です。

(2) FUK-NRT


朝8時発はちょっときついですが福岡空港は近いので楽です。
たぶん泊まるホテルから地下鉄で15分で着いちゃいます。
できれば成田じゃなくて羽田着がよかった。

そして新潟経由ですが地図で見たら意外と無駄がありません。
ホームページのエラーで取り損なった那覇経由(笑)より全然いいです。
新潟空港で乗り継ぎ時間が4時間半もありますが、
ちょうどお昼時なんで空港でゆっくり昼食がとれていいです。

とかなんとか自分に言い聞かせていたら気がついちゃいました。
Bombardier Dash 8 の文字に。

機材がボンバルディアって。
調べてみると乗る機材はボンバルディアDHC8-Q400でした。
プロペラ機じゃないですか!
いやあ、こういうの大好きです(笑)。
テンション上がります。

そして宿泊するホテルです。

九州ホテル


長崎は1泊目は「ファーストキャビン長崎」、
残りの2泊は「カサブランカ・ゲストハウス」のドミトリーに泊まります。
本当は3泊ともカサブランカ・ゲストハウスに泊まりたかったのですが、
チェックインの受付が夜8時までで長崎空港到着が7時55分。
しかたなく初日だけ宿を変えました。

3泊全部ファーストキャビンというのも考えましたが、
滞在中の楽しさはぜったいゲストハウスだろうと思い、
2泊はカサブランカ・ゲストハウスに泊まることにしました。

福岡の宿泊は「冷泉閣ホテル川端」を予約しました。
ゲストハウスやホステルも探して1ヶ所よさそうなところがありましたが、
福岡は友人と飲むのが目的なのでホテルの方がいいだろうと、
場所が良くて一番安かったここにしました。

さて長崎の観光ですが16日に軍艦島ツアーを予約しました。
そもそも長崎に行こうと思ったのは軍艦島が見たかったからです。
調べて一番良さそうだったやまさ海運の軍艦島上陸周遊クルーズにしました。
ネット予約で3,600円、現地で現金払いです。

問題は15日です。

ファーストキャビンのチェックアウトが午前10時で、
カサブランカゲストハウスにチェックインできるのが午後2時。
朝から慌ただしく坂道歩いてグラバー園とか見に行くのもなんだし、
他の場所の予定も組みにくいしどうするかな?

8月15日って何かイベントやってないかと調べてみると、
「精霊流し」が8月15日じゃないですか。
これ大イベントじゃないですか!

syoronagashi.jpg


2時にチェックインしたらあとは精霊流し見物で決まり。
もうあとはどうでも良くなりました。
もともとグラバー園なんてたいして興味ないし(笑)。

しかも調べるとカサブランカゲストハウスの前の通りが
精霊流しのコースになっているじゃないですか。

知らずに予約したチェンマイのロイクラトンといい、
オレ、絶対何か持ってるな(笑)。

さて長崎から福岡への移動ですが、
便利そうな高速バスがあるのを見つけました。

九州号


鉄道で特急で移動するのとほぼ同じ2時間ぐらいです。
しかも料金は2,570円と半額。
便もたくさんあるようです。
1ヶ月前に成ったら忘れずに予約しないと。

さて福岡ですが一度行ったことあるしどうしますかね。
太宰府天満宮でも行ってみますかね。

とりあえずとんこつラーメン食べて、焼き餃子食って、
もつ煮食って屋台でビールが飲みたいです(笑)。


最初は夏休みにどこもいかないのも何だし、
特典航空券で軽くどっか行ってみるかと考えだした旅行ですが、
予想外に充実した旅行になりそうで楽しみです。

あとは胃潰瘍が治るのを待つだけです(笑)。


関連記事
201706Shanghai-901.jpg


上海の乗り捨て可能な自転車共用サービスについて。

上海出張に行った時に会社の近くにもありました。
安い料金で借りて好きな場所に乗り捨てOKです。
GPSを頼りに回収に来るので、家の敷地内とはかNGですが、
回収できる場所ならどこでも乗り捨てOKです。

上海事務所の連中も営業の時に便利に使ってるそうです。

で、さっきテレビを付けたらTBSでこのサービスの事をやっていました。
しかし乗り捨てなんかとんでもないと批判されていました。
回収に来ることは一切触れずに。

私も中国はあんまり好きじゃないけど報道するならちゃんとやれよ。

201706Shanghai-902.jpg



聞いたところ大気汚染対策のために広めているようです。

また、会社の前の道路に、外灘まで2両編成の
電気自動車のバス路線が出来ていました。
これも大気汚染対策でしょうか。

北京がどうなってるのかは知らないけど、
大気汚染対策をしようと努力しているならいいことだと思います。


(えー、胃潰瘍で今週いっぱい自宅療養中です)


関連記事
上海出張から帰国する朝、
近くに市場があると聞いたので朝食後に行ってみました。
ホテルから2、3分歩いたところにあります。

泊まったホテルです。
建物自体はけっこう大きいです。

ShanghaiMK-001.jpg


交差点を渡って少し歩くと朝から買い物客が大勢いました。

ShanghaiMK-002.jpg


道沿いにも店が並んでいます。

ShanghaiMK-003.jpg

ShanghaiMK-004.jpg

ShanghaiMK-005.jpg


市場の入口かと思って入ったところはスーパーでした。
もう少しだけ歩くと市場の入口がありました。

ShanghaiMK-006.jpg


中に入るとかなり大きな市場でした。
繁華街すら無いような町なので小さな市場かと舐めていました。

ShanghaiMK-007.jpg

ShanghaiMK-008.jpg


一軒まるごと卵屋さんの店。
なんか売れ残ったの何日も売ってそうです。

ShanghaiMK-009.jpg


肉屋さんは肉むき出し。

ShanghaiMK-010.jpg


おでんの具に良さそう。

ShanghaiMK-011.jpg


市場を出て通りに出ました。
道沿いの店で玉子焼きみたいなものを買ってみました。

ShanghaiMK-012.jpg

ShanghaiMK-013.jpg


値段を聞こうとしましたが完全中国語オンリー。
1元札を出すと首を横に振って5元札を出すとお釣りをぐれました。

玉子焼きかと思ったら柔らかいパン地(?)に表面だけ卵を塗ってありました。
まあまあ美味しかったけど朝食後で食べきれませんでした。


関連記事
新宿で飲んで帰るのがめんどくさくなって、
ナインアワーズ北新宿に泊まってきました。

新宿でちょっと飲んだ後にえびそば一幻に行ってみました。
しかし外で10人ほど並んでいて中にも10人ぐらい待っていました。

201706-9hours-01.jpg


こりゃあ食べ終わった頃にはだいぶ遅くなるなと思い、
列に並びながらスマホで近くにゲストハウスがないか探していると、
ナインアワーズ北新宿が一泊3,120円で出ているのを発見。
すぐに予約しました。

ナインアワーズは前から気になっていたのですが、
カプセルホテルとしては値段が高めで泊まる機会がありませんでした。

さてえびそば一幻です。

201706-9hours-02.jpg

201706-9hours-03.jpg


えびみそ、そのまま太麺を注文。

201706-9hours-04.jpg


いやあ、やっぱうまいです。
私の中では並んでまで食べる店はここだけです。
ここはまだ国内3店舗、台北に一店舗しかありません。
一蘭や一風堂みたいにチェーン店化してほしくないものです。

食べ終わってナインアワーズ北新宿へ歩いていきました。
北新宿という名前ですが新大久保にあります。

201706-9hours-05.jpg


エレベーターに乗って8階の受付へ。

201706-9hours-06.jpg

201706-9hours-07.jpg


間違えて女性で予約していました(笑)。
大丈夫ですよ〜と言われて無事チェックインできました。

受付の裏には広いリビングスペースがあり、
中央に大きなテーブルがドーンとあります。
これは居心地良さそうです。
外国人観光客がくつろいでいました。


201706-9hours-08.jpg


広い窓からは西新宿の高層ビルの夜景が絶景です。
なんで受付が8階なのかと思いましたがこのためですかね。

201706-9hours-09.jpg


このナインアワーズですが、
初めて京都に出したホテルがグッドデザイン賞を受賞しています。

コンセプト設計をしたメインデザイナーの柴田文江さんとは
以前一度だけ一緒に仕事をさせていただいたことがありますが、
やさしい曲線を使ったナチュラルなデザインをされる方です。
(グッドデザイン賞の審査員もされています)

さてチェックインするとこんなカードをもらいます。
印刷された二次元バーコードがロッカーのキーになります。

201706-9hours-10.jpg

201706-9hours-11.jpg


エレベーターは男性用、女性用に分かれています。
私の泊まるカプセルは3階でした。

201706-9hours-12.jpg

201706-9hours-13.jpg


3階にいくと寝室の手前にロッカーが並んでいます。

201706-9hours-14.jpg

201706-9hours-15.jpg


ロッカーにはバスタオルとフェイスタオル、
スリッパ、寝間着、歯ブラシが置かれていました。
間仕切りが邪魔で服をかけるのに苦労しましたが、
なんと間仕切りは上に跳ね上げられるそうです。
知らなかった・・。

下に大きな荷物も置けます。

ドアを開けるといきなりカプセルが並んでいました。

201706-9hours-16.jpg

201706-9hours-17.jpg


かなりSFチックな空間です。
外国人観光客が泊まってみたくなる気持ちもわかります。
床にカプセルの番号が書かれていて分かりやすいです。

201706-9hours-18.jpg


普通のカプセルホテルとは違い曲線を多用しています。

201706-9hours-19.jpg


中には小物置きの小さなへこみが二つとコンセントが一つ。
あとは電気の明るさ調整のつまみだけです。
小物置きは見た目はいいですが小さすぎて実用性はいまいち。

枕は形がよくすごく寝心地が良いです。
一つ欲しいぐらいです。

3階にはシャワーがなく7階まで行かなければならず、
これはちょっと不便でした。

7階にあるシャワールームです。

201706-9hours-21.jpg

201706-9hours-22.jpg


最近の新しくて綺麗なカプセルホテル風のドミトリーと較べてしまいますが、
あくまでカプセルホテルをどうデザインするかという発想のようで、
自分のベッドと共用スペースを行ったり来たりするにはちょっと不便です。

シャワーがカプセルと同じ階にないのも、
シャワー浴びたらあとは寝るだけという発想なのかもしれません。

あとこのカプセルがけっこう他のカプセルから振動が伝わってきます。
他の人のいびきも同時に3人ぐらい聞こえてきました。
空調らしき音もずっと聞こえていました。

木の板で作ったドミトリーの方が防音はいいかもしれません。
まあ、ぐっすり寝れたので実害はありませんが。

201706-9hours-23.jpg


寝る前はほとんどのカプセルが空いていましたが、
朝起きるとほとんど空いていませんでした。

寝間着を着替える時に一緒になった人はほとんどサラリーマン風。
深夜まで飲んで終電逃して泊まるという、
カプセルホテルの王道の使い方の人もかなりいるようです(笑)。

着替えると8階に上がってチェックアウト。

201706-9hours-24.jpg

201706-9hours-25.jpg


西新宿の高層ビルが夜よりもさらによく見えていました。

201706-9hours-26.jpg


さて帰るか。


連泊する時も一度チェックアウトしてロッカーを変えないといけないそうで、
もうちょっと旅行者に便利なように変えてほしいものです。
まあ、私は酔っ払って泊まったサラリーマンなので問題なしでしたが(笑)。



関連記事
火曜日から上海に出張中です。

午後3時の便に乗る予定でしたがキャンセルに成り、
夜便に振替になり上海のホテルに付いたのはちょうど深夜12時でした。

上海では上海宜嘉酒店に滞在しています。
日本で言えばビジネルホテルのクラスです。

Shanghai_201706-01.jpg

Shanghai_201706-02.jpg


今日の夕方、初めて中国に来た会社の若い子を連れて、
外灘に高層ビル群を見にいきました。

Shanghai_201706-03.jpg

Shanghai_201706-04.jpg


南京東路で中華料理を食べてからホテルに戻りました。
仕事も終わり、あとは明日日本に帰るだけです。



関連記事