アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

マムートの15Lがあまりにも小さかったので、
今度こそ一泊出張用にと Cabin Zero Classic 28L を購入しました。
値段はアマゾンで5,470円でした。
(でもマムート気に入ってますが)




アマゾンで機内持ち込み手荷物の大きさギリギリに作った
Cabin Zero Classic 44Lを見つけました。
このシリーズは他に36L、28Lとあり、
28Lなら一泊用にぴったりに違いないと購入しました。

条件として鍵穴付の物を探していたのですがバッチリです。
サイズもタテ39cmxヨコ29cmxマチ19cmとちょうど良さそう。

さて商品が到着。

これでこの間のホステルに一泊しましたがぜんぜん余裕。
試しに京都旅行に持っていく荷物を詰め込んでみると、
なんとほとんどぴったり入ってしまいました。

CabinZero01.jpg

CabinZero02.jpg

(青く写ってますが色はネイビーです)

形が四角くてシンプルで無駄がないです。
京都に持っていくつもりだった30Lのバックパックより入ります。
まるで京都旅行用に買ったみたいです(笑)。
もうこれで京都に行ってきます。

いままでは登山用のバックパックのメーカーの商品の中から
鍵穴付の旅行に使えそうなバックパックを探していましたが、
こういう手もあったかと目からうろこです。

たしかに登山用の方が背負い心地はいいのですが、
本格的なバックパッカー旅行でもなければ長時間背負わないし、
LCCを使った旅行用にはこっちの方が実用的かもしれません。

値段も半額ぐらいで2個買えちゃいます。
36Lか44Lも買っとくかなあ(笑)。

という事で一泊出張にぴったりのバックパックは
また手に入りませんでした(笑)。


関連記事
東京で働いていて普段東京のホテルに泊まることはないのですが、
早朝から会議をやるというので自宅から始発は体にきついと、
前の晩は都内に泊まることにしました。

といっても自腹でなるべく安く済ませたいので、
Tokyo Hostel ENISHIのドミトリに泊まってみました。
場所は池尻大橋駅から三軒茶屋駅方面に行った246沿いにあります。

行ってみるとこんな薄っぺらい建物でした。

Enishi-101.jpg


1階にはイタリアンレストランがありますがかなり狭いです。
テーブルのある場所はカウンターに椅子がありませんでした。

Enishi-102.jpg

Enishi-103.jpg

Enishi-105.jpg


右側のレストランの入り口から中に入ると、
反対側の奥にホステルのレセプションがありました。
これ、レストランのレジではありません(笑)。

Enishi-104.jpg


チェックインしてレセプションの裏の階段から2階に上がります。

Enishi-106.jpg


2階は共用スペースになっています。

Enishi-107.jpg

Enishi-108.jpg


ただし夜はレストランの席になるそうで実質共用スペースなしです。
夜こそ共用スペースが必要な時間なんですけどねえ。

もともと3階までレストランだったところにあとからホステルを作って、
レストランとホステルの共存が大変だと店の人が言ってました。

さて共用スペースを通り抜けて反対側へ。

Enishi-109.jpg

Enishi-110.jpg

Enishi-111.jpg


上の階に上がるのにはドアからいったん外に出ます。

Enishi-112.jpg


ドアから出るといきなりレトロな階段(笑)。
アパートを改造して作ったためこうなっているそうです。
反対側に、なんと表札がついたドアがありました。

Enishi-113.jpg


そして4階に上がります。

Enishi-114.jpg


ベッドが8台ぐらいありました。
隣のベッドとの間だけ壁であとはカーテンです。

Enishi-115.jpg


バスタオルと小タオルが無料で付いていました。
ベッドメイキングも自分でやる必要がなく楽ちんです。

ベッドの壁側には長い棚がありました。
奥行きはないけど小物を置くのには便利です。

Enishi-116.jpg

Enishi-117.jpg


荷物はワイヤーキーでベッドの足にくくりつけました。

Enishi-118.jpg


ベッドの直ぐ横にロッカーがありました。
服をハンガーにつるすのにちょうどいいぐらいの大きさですが、
バックパックを入れるほどの大きさはありません。

Enishi-119.jpg


トイレもベッドの前で場所が良かったです。
この階にトイレが二つ、シャワーが一つありました。

Enishi-120.jpg

Enishi-121.jpg

Enishi-122.jpg


洗面台はこんな感じでちょっとレトロ。

Enishi-123.jpg


外に出てちょっと飲んできてから就寝。
ベッドはふかふかでよく眠れました。

1階のレストランでサラダを食べながらビールを飲んだけど、
サラダが大盛りで良かったです。

翌朝、早めに目が覚めてしまいましたが、
車の音がうるさくてそのまま眠れませんでした。
窓から外を見ると真横が首都高でした。

Enishi-124.jpg


ホステル自体はそんなに悪くないですが、
共用スペースが夜使えないのと窓の横の首都高がマイナス点です。

寝るためだけに泊まることを考えると、
次はもっと静かな場所にあるホステルかなあ。

追記:一泊 3,600円でした。

関連記事
GWは昨年11月に泊まった京都の Hostel Ebi に3泊して京都旅行です。

HostelEbi.png


Hostel World を初めて使ってみようかと思ったら一泊4,500円もしました。
Booking.com で見てみたらキャンセル不可ながら税込み一泊3,600円でありました。
これで即決、3泊で10,800円と格安です。

さて交通手段ですが、3列シートなら高速バスでも大丈夫かと、
行きだけ予約したのですがすぐにGWの大渋滞を思い出してキャンセル。
キャンセル料が100円だけで助かりました。

次に、またぷらっとこだまを使おうと思ったら、
予約が可能になる一ヶ月前でグリーン車しか残っていませんでした。
あっという間に売れちゃったんですかね。

で、成田から関空に飛ぶことになりますがLCCを探したら、
Peachで2万円を切っていたので予約しました。

PeachOsaka.jpg


しかし、よく考えたら自宅から成田、関空から京都まで、
有料の特急を使わなくても片道分で3千円はかかります。
ぷらっとこだまでグリーン車予約しても同じじゃないか(涙)。

まあ、高速バスで渋滞にはまるよりはいいと思って行ってきます。


関連記事