アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

7月の3連休に中国の北京に行って来ました。

最初は香港か台北に行こうと思ったのですが
既に出発2週間前で結構高くて断念。

ほかに何かないかと探していると、
UAの特典航空券で北京ならなんとか見つかりました。

行きは成田からアシアナ航空でソウルまで行き、
ソウルで中国国際航空に乗り継いで北京に行き、
帰りは中国国際航空の直行便で羽田に戻るという航空券です。

帰りはビジネスクラスしか空席がありませんでしたが
マイルが少し足りない分を購入しても往復2万4千円ですみました。


まず昼の12時30分発のアシアナ航空 OZ101便でソウルへ飛びました。

Beijing201307-101


3時頃にはソウルの仁川空港に到着。

乗り継ぎ時間は2時間50分です。
乗り継ぎには旅客ターミナルから搭乗棟に移動します。
まずは乗り継ぎ用のセキュリティ・チェックで荷物検査を受けます。

Beijing201307-102


一度3階に上がってから地下に降りて
シャトル・トレインで搭乗棟に移動しました。

Beijing201307-103

Beijing201307-104


搭乗棟に着くと乗り継ぎカウンターに行き
中国国際航空の搭乗券を受け取りました。

Beijing201307-105

Beijing201307-106


そして5時50分発の中国国際航空 CA126便で北京へ向かいました。

Beijing201307-107


中国の航空会社は評判が悪いですが、
この中国国際航空はいくらかまともらしいので
どんなもんか気になっていました。

乗ってみると乗客も静かで、
良くはないけどまあ合格点という感じでした。

機内食はこんな感じです。
エコノミークラスの標準的な食事です。

Beijing201307-108


特に不快な思いをすることもなく、
午後7時頃、無事北京空港に到着しました。
着陸時、空港全体がスモッグで霞んでいるのには驚きました。

Beijing201307-109

Beijing201307-110


北京空港は人が少なくてガラガラ。
入国審査はまったく並びませんでした。

羽田を抜いて利用旅客数がアジアNo.1だと聞いていましたが、
国内線の利用客が多いのでしょうか?

Beijing201307-111


空港の出口までまたシャトル・トレインで移動です。

Beijing201307-112

Beijing201307-113


出口を出てタクシーでホテルに向かいましが、
ここからがちょっと手間取りました。

まずタクシーの後ろの席に乗り込むと
運転手のおばさんに身振り手振りで
前の席に座れと文句を言われて一騒動。

タクシーは後ろに乗るもんだと
英語が通じないのを無視して英語で言っていたら諦めました。
もちろん英語はまったく通じていません。

次はホテル名が英語で書かれた地図を見せると、
地図には中国語で地名が書かれているにもかかわらず
ぜんぜん通じませんでした。

運転手は外に出て英語が分かる人を連れてきて、
地図を見せて説明してようやく行き先が伝わりました。

しかし首都の空港に乗り付けるタクシーの運転手が
単語一つ分からない英語力なんてありえないです。
上海の方がずっとまともです。

やっとホテルに向かって走り出しましたが、
大通りを走ってホテルのある通りの前まで来ると、
通行止めになっているのかここには入れないと言われ
隣の通りで降ろされこの路地を歩けば行けると言われて
こんなところで降ろされました。

とてもこの隣が紫禁城とは思えない通りです。

Beijing201307-114


ここを歩けと言われたのはこんな路地です。

Beijing201307-115


でもなんか楽しくなってきていたりして。

この路地を言われた通りに歩いてみましたが、
途中で左に曲がってぐるぐる歩くだけ。
あきらめて戻って大通りを歩いてホテルに向かいました。

反対方向に歩けばすぐに天安門に出るという場所です。

Beijing201307-116


15分ほど歩いてようやくホテルに着きました。

今回泊まったのはDays Inn Forbidden City Hotelです。
アメリカのモーテル・チェーンのホテルです。
紫禁城と王府井大街の間にあります。

Beijing201307-117


部屋は広くはないですが良い感じの部屋でした。

Beijing201307-118

Beijing201307-119

Beijing201307-120

Beijing201307-121


さっそく王府井大街へ行って見ることにしました。

大通りには出ずに真っ直ぐに歩いて行くと、
かなり賑わった屋台街がありました。
王府井小吃街でした。

Beijing201307-122

Beijing201307-123


なかなか悪くないです。
とりあえず通り抜けて翌日来て見ることにしました。

Beijing201307-124

Beijing201307-125


そして王府井へ出ました。

Beijing201307-127

Beijing201307-126


大きな通りで人も多くて賑やかですが、
ほとんど買い物をする店ばかりです。

道端の店でビールを飲んだだけで退散しました。

と思って歩いていると、客引きのおばさんがよってきました。
3人ぐらい無視しましたが退屈なので4人めは相手してみました。
近くかと思ったら車で10分以上かかる場所だそうです。

絶対ぼったくりだぞと思って付いて行ったらやっぱりぼったくりでした。
いや〜、逃げ切れて良かった(笑)。

中国人の客も普通にいたので日本人と見てぼったくってるようです。
私は最初からいつ逃げようと考えていたので
なんとか1,500元ぐらいで逃げましたが、
そのままいたら10万円、20万円ぼったくられていたでしょう。

よいこの皆さんにはお勧めしません。
絶対に付いて行かないでください。

でも面白かった(爆)。

(店自体は大して面白くありません)


関連記事
関連記事
ルアンパバーンも最終日です。
お昼の便でタイへ移動します。

移動の前に朝の散歩です。
サッカリン通りやメコン川をもう一度見に行きました。

LuangPrabang201306-801

LuangPrabang201306-802

LuangPrabang201306-803

LuangPrabang201306-804


朝食はサッカリン通り近くでトマト入りの麺。

LuangPrabang201306-805


ホテルに戻り10時にチェックアウトして、
頼んでおいた車で空港へ向かいました。
15分ほどで空港に着いてしまいました。

LuangPrabang201306-806


乗るのは12時45分発のバンコクエアウェイズ PG942便。
まだ2時間半もありますが小さな空港で時間をつぶす場所がありません。

LuangPrabang201306-807

LuangPrabang201306-808


とりあえずチェックイン。
チェックインカウンターもいたって質素。

LuangPrabang201306-809


搭乗券はこんな簡単な札でした。

LuangPrabang201306-810


とりあえずバンコクエアウェイズのラウンジへ行きました。
ラウンジは小さな部屋一つで他には誰もいませんでした。
冷房がガンガンに効いてました。

出国審査前の位置にあったのが残念。

LuangPrabang201306-811

LuangPrabang201306-812


あまりに寒いので早々とラウンジを出て、
出国審査を済ませて出発ゲートへ行きました。

LuangPrabang201306-813


う〜ん、売店すら無い。
ゲートは1番のみ。

しばらく待ってようやく出発です。
ゲートのドアから歩いて飛行機へ行きました。

ラオス航空機、はじめて見ました。

LuangPrabang201306-814


乗る飛行機の機種は来た時と同じようですが、
外の絵が違います。

LuangPrabang201306-815

LuangPrabang201306-816


時間通りに出発、バンコクのスワンナプーム空港へ向かいました。

LuangPrabang201306-817


飛行機の窓から眺めるタイは平野が広がり、
山ばかりのラオスとは全然違いました。

LuangPrabang201306-818


定刻通りにスワンナプーム空港に到着。
ただでさえ大きなスワンナプーム空港は、
ルアンパバーンから来ると本当に巨大でした。

LuangPrabang201306-819

LuangPrabang201306-820


入国審査を済ませるとタクシーでパタヤへ向かいました。

タクシーブースでいつも通り1,500バーツでした。
なのにタクシーの運ちゃんがいくらだったと聞くので
1,500バーツだと答えると、あれ1,700じゃなかったか?
というふざけた返事が返って来ました。

スワンナプーム空港のタクシーブースでタクシーに乗って
こんなふざけたやつはじめてです。

はあ?もう10回以上パタヤに来てるんだよ。
いつも1,500バーツだ、素人じゃねえんだよ!ぐらいの事を言って、
あとはホテルへの行き方の説明も全部タイ語にして
騙すやつ間違えたという雰囲気を醸し出すと、
あとは着くまで黙ってました。


1時間半ほどでパタヤに到着。

LuangPrabang201306-821

LuangPrabang201306-822


夜になるとサッカリン通りとは大違いの
観光客でいっぱいの賑やかな繁華街で飲んだくれました。

LuangPrabang201306-823

LuangPrabang201306-824



ー 終わり ー


関連記事
ルアンパバーン旅行記の途中ですが、
明日から2泊3日で北京に行ってきます。

北京にした理由は安く行けるのがそこしか無かったから(爆)。
ユナイテッドのマイルを使って不足分は購入して、
往復約2万4千円です。

行きは成田から仁川空港までアシアナ航空(笑)、
仙川から北京までは中国国際航空です。
帰りは中国国際航空のビジネスクラスで羽田に戻ります。
朝早い便で帰るので実質1日。

とりあえず紫禁城は見に行くとしてあとは何するかな〜。


関連記事
ルアンパバーンに来て4日目。
この日はもう一度この街を歩いてカメラに収める事にしました。

LuangPrabang201306-701


まずは朝食に、一度食べてみたかったラオス名物の
フランスパンのサンドイッチを食べに行きました。

ホテルからはかなり歩きますが、
前に見つけたサンドイッチの屋台が並んでいる場所に行きました。

LuangPrabang201306-702


別に選ぶほどのこともないので一番手前の店へ。

LuangPrabang201306-703


フランスパンのサンドイッチとラオスコーヒーを注文。
長さ30cmぐらいもあるフランスパンをサンドイッチにして
2つに切ってあってそうとうでかいです。

LuangPrabang201306-704


食べきれなかった・・、コーヒーもでかいです。
二人で食べてちょうどいいぐらい。
しかし値段が約800円ぐらいもしました。

さて、初日に歩いた辺りを
もう一度歩いて見ることにしました。

まずはサッカリン通りの繁華街へ。
まあ200mぐらいしかありませんが。

LuangPrabang201306-705.jpg

LuangPrabang201306-706.jpg

LuangPrabang201306-707.jpg

LuangPrabang201306-708.jpg


サッカリン通りの繁華街の両側です。

LuangPrabang201306-711

LuangPrabang201306-712


いったんホテルの近くへ。

LuangPrabang201306-713

LuangPrabang201306-714

LuangPrabang201306-715


泊まっていたホテルのビラ・チットダラ。
改めて写真撮るとこんなホテルです。

LuangPrabang201306-716


ホテルの向かいのお店。
ビヤ・ラオ買ったりコーラ買ったり、
けっこうお世話になりました。

LuangPrabang201306-717


さて次は当然メコン川。
ホテルの前の路地を歩いてメコン川へ。

LuangPrabang201306-718

LuangPrabang201306-719

LuangPrabang201306-720

LuangPrabang201306-721


メコン川沿いのレストラン。
見た目はいい雰囲気だけどくそ暑い・・。

LuangPrabang201306-722


その辺を適当に歩いていたら、
花の咲いた木の下で涼んでいる少年僧をみつけて、
気になって中に入ってみました。

LuangPrabang201306-723


見ると少年僧が食事を作っていました。
おばあさんがいろいろ食べ物を持ってきます。
まるで自分の孫の面倒を見ているよう。

LuangPrabang201306-724


なかなかのどかでいい雰囲気のお寺です。

LuangPrabang201306-725

LuangPrabang201306-726


一応、日本だったら猛暑だって大騒ぎされるぐらい
日差しが強くて暑い日でした。
(毎日そうですが)

昼食は近くの店で麺を食べたけど大失敗。

日課の昼寝とマッサージのあと、
二度目の昼食というか早めの夕食を食べました。

行ったのはナムカーン川側のタマリンドというお店。

ラオス料理の教室があるお店で、
観光客が予約しに来ていました。

LuangPrabang201306-727


店は小奇麗だけどカジュアルな感じ。
でも店員はよく教育されているという感じで
店員は高級店といってもいいんじゃないでしょうか。

この店の店員はみんな英語が上手です。

まずはビヤ・ラオ。

LuangPrabang201306-728


ラオラーオもショットで飲んでみました。
バナナ・ラオラーオが甘いけどキツかった。
砂糖たっぷり入れた紹興酒みたいな味です。

うまかったのでお土産に買ったけど日本では不評でした。

そして卵と肉の入ったスープ料理と何かの野菜料理と餅米。
イメージとぜんぜん違うものが出てきたけど
スープ料理はうまかったです。

LuangPrabang201306-729


なかなかいい店でした。
もっと早く来てみればよかった。

LuangPrabang201306-730



翌日はルアンパバーンを離れタイに移動。
ホテルに戻って荷物をパッキングしました。

関連記事