アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

夕方になって起きだして
夕食を食べてから飲みに出かけました。

まずはホテルの3軒隣のバーへ。

201212-Pattaya501


年越しの無料の料理が用意されていましたが、
夕食を食べたばかりで一口しか食べられず。
残念。

道路を眺めながらビールを飲んでました。

201212-Pattaya502


しばらくしてからパタヤ・タイ通りを歩いて
ウォーキング・ストリートへ向かいました。

パタヤ・タイ通りは観光客を乗せたバスなど
車がたくさんいて渋滞していました。

201212-Pattaya503


ウォーキング・ストリートは既に観光客ですごい混雑。

201212-Pattaya504


前の年には桟橋の方で花火をあげていました。
花火を見にウォーキング・ストリートを通り抜けて
桟橋の方まで行くことにしました。

201212-Pattaya505

201212-Pattaya506

201212-Pattaya507


途中の道に立っているお姉さんたちには
脇目もふらずに歩きました(ウソツケ)。

201212-Pattaya508

201212-Pattaya509

201212-Pattaya510


どの店もニューイヤー・モードです。

201212-Pattaya511


光るリボン。
欲しかったけど私が付けても・・。

201212-Pattaya512


ウォーキング・ストリートの端まで来ました。
普段だったらこのへんまで来ればほとんど人はいませんが
さすがに大晦日、ここまで来ても大混雑です。

201212-Pattaya513


売店がたくさん出ています。

201212-Pattaya514

201212-Pattaya515


しかしどうも様子が違います。
大勢いる人達はほとんどタイ人の若い人たちで
外国人観光客が全然いません。

201212-Pattaya516


大きなステージが設置されていて、
どうもカウントダウン・コンサートをやるようです。

201212-Pattaya517

201212-Pattaya518

201212-Pattaya519


コンサートには興味が無いので海沿いに出ました。

201212-Pattaya520

201212-Pattaya521

201212-Pattaya522


花火はまだ始まらないようです。
ここでずっと待っていてもしょうがないので
ウォーキング・ストリートを戻ることにしました。

201212-Pattaya523

201212-Pattaya524


コンサート会場に向かう人波を逆流するのは結構大変でした。

去年は12時頃には
ウォーキング・ストリートは満員電車状態でした。
早めにウォーキング・ストリートを離れて
他の場所で飲むことにしました。

何軒か飲んでから最初のホテル近くのバーに行きました。

ここで静かに年をこすつもりでしたが
私に付いた女の子(おばさん?)が既に出来上がっていて
そのハイテンションぶりについていけませんでした。

耐え切れず年明け直前に5分ほど歩いた場所にある別の店へ移動。

201212-Pattaya525


結局この店で新年を迎えました。

飲み歩いたおかげで風邪が治らず、
翌日の元旦は大晦日に続きホテルで寝てました。
(↑バカ)


関連記事
大晦日、同じソイ・ブアカオを10分ほど歩いたところにある
Apple Innにホテルを移動しました。
場所はパタヤ・タイ通りのtukcomに近いあたりです。

大晦日と元旦の2日は高級ホテル以外ほとんど満室で、
やっと空きを見つけたここに2泊だけしました。

この日は完全に風邪を引いていて
暑い中バックパックを背負って10分歩くのは
ちょっとだけ疲れました。

201212-Pattaya401


予約したのは税込で1泊約4千円の部屋でしたが、
予約したタイプの部屋に空きがなくアップグレード。

オーナーのロシア人のおじさんいわく、
「もっといい部屋にアップグレードしといたよ、
だけど5階の部屋でエレベーターがないんだ、
あはは・・。」だって。

部屋まで案内してくれたのは
ランニングシャツ姿で肩の後ろにタトゥーの入った
まったくホテルの従業員らしくないお兄さん。

いったい大丈夫かと思いましたが、
結果的にはなかなかいいやつでした。

部屋はまあまあ広かったけど
椅子やテーブルが一切ありません。

201212-Pattaya402

201212-Pattaya403

201212-Pattaya404

201212-Pattaya405


部屋には幅の狭いバルコニーが付いていました。

横向きにけっこういい風が吹いていて、
ここに座っていると気持ちが良かったです。

201212-Pattaya406


この辺は短期の観光客より
ロングステイの外国人が多いようです。
ビーチロードやセカンドロードとはちょっと違う
落ち着いた雰囲気の場所です。

201212-Pattaya407

201212-Pattaya408

201212-Pattaya409


風邪が辛いのでチェックインするとすぐ昼寝。
食事や夜飲みに行く時以外寝てばかりいて
一日に十数時間も寝ていました。

まるで寝るために泊まったようなホテルでした。

201212-Pattaya410


受付のカウンターの横のテーブルには
たいていオーナーが陣取ってバソコンをいじっていて
時々奥さんと娘さんもいっしょにいて
ホテルというよりゲストハウス的な雰囲気でした。


関連記事
パタヤの東にあるラヨーンに日帰りで行ってみました。
パタヤより東は隣のジョムティエンにしか行ったことがありません。

ラヨーンは観光客にとってはビーチに行く中継地で、
町自体はほとんど見るものがありません。
でも知らない町に行くのはそれだけで楽しいです。


まずパタヤ・クラン通り(セントラルロード)が
スクンビッド通りに突き当たったところにある
小さなバスターミナルまで行ってみました。

実は前日ここまで来て確認したのですが
ラヨーンに行く長距離バスは朝早くしか無いそうです。

その事をホテルのレセプションの人に話したら
路線バスがあるからスクンビット通りに立って
バスが来たら止めればいいと言われました。

そんな技はもちろん私には無理です。
わかりやすいバスターミナルの横の
ガソリンスタンドの前にあるバス停で
ラヨーンに行く路線バスに乗ることにしました。

ちなみにスクンビット通りと言うと
バンコクの中心部の通りを思い浮かべますが、
実はバンコクからパタヤを通って
カンボジア国境まで行く幹線道路です。

念のためバスターミナルでもう一度聞いてみましたが
やっぱりラヨーン行のバスはもうありませんでした。

201212-Pattaya301


バス停に行きそこにいたバイクタクシーの運転手に
ラヨーンに行くバスはここに来るかと聞いたら
来るというので安心して待ってました。

この辺から英語はほとんど通じない世界。
知っている限りのタイ語で会話しました。

ロット・メー(バス)パイ・ラヨーン(ラヨーンに行く)
マー(来る)ティーニー(ここに)マイ?(ますか?)
みたいな感じです。

そのうち10人乗りぐらいのミニバスが来ました。

するとバイクタクシーの運転手が
これがラヨーンに行くと言うのであわてて乗り込みました。
ラヨーンまで80バーツでした。

201212-Pattaya302

201212-Pattaya304


ミニバスはスクンビット通りを走りながら
時々道に立っている人を拾っていきます。
満席になってもどんどんお客様を乗せて、
最後は5人ぐらいの人が狭い車内で立っていました。

ステップに立っているのは集金係の女の子です。
立っていても乗れなくなった時点で降りてしまいました。
彼女がそのあとどうしたのか気になります。

201212-Pattaya303


1時間40分か50分ぐらいかかってラヨーンに到着。

バスターミナルまで行くのかと思ったら、
道端でラヨーンだと言って降ろされました。
ミニバスはそのまま更に先へ走って行きました。

内陸部の直線距離に近いコースではなく、
海岸近くを大回りしたため時間がかかりました。

201212-Pattaya305


現在位置の確認を兼ねて、
地図を見ながらバスターミナルを探しました。

201212-Pattaya306

201212-Pattaya307


5分ほど歩いてバスターミナル発見。
乗ってきたようなミニバスが停まっていて、
大きなバスも並んでいました。

201212-Pattaya308

201212-Pattaya309

201212-Pattaya310


さてどうするか。

近くに市場があるようなのでそこに行って見ることにしました。

201212-Pattaya311


すごいバナナ。

201212-Pattaya312


真昼間なせいか市場は閑散としていました。

201212-Pattaya313


ぶらぶら歩いていると屋台で食事をしている人たちを発見。

201212-Pattaya314

201212-Pattaya315


せっかくなのでここで昼食を食べて見ることにしました。
タイ人と一緒に並んでご飯の入ったお皿をもらい、
無難そうなのを適当に二品ほどかけてみました。

201212-Pattaya316


口から火を吹きながらなんとか完食。

パタヤで食べているタイ料理はあれでも
かなり外国人向けになっていると実感しました。

201212-Pattaya317


ペッ、ペッ(辛い)と連呼。
おばちゃん、笑いすぎだよ。

201212-Pattaya318


水をがぶ飲みしてなんとか復活。
さて次はどうするか?

地球の歩き方に載っていた涅槃仏を見に
ワット・パー・プラドゥーへ行くことにしました。

201212-Pattaya319


すると大通りで何やらパレードをやっていました。

201212-Pattaya320

201212-Pattaya321

201212-Pattaya322


なんのお祭りだろうと思っていたら、
近くの学校の中に入っていってしまいました。
どうも病院の付属の看護学校か何かのようです。

201212-Pattaya323

201212-Pattaya324


つうことはこの人達は看護婦さんのたまご?

ここでずっと見ていてもしょうがないので、
ワット・パー・プラドゥーへ行くことにしました。
ワット・パー・プラドゥーは隣の路地を入ったところです。

201212-Pattaya325


お寺にはいくつか建物が並んでいました。
その中から涅槃仏がある建物を探しました。

201212-Pattaya326

201212-Pattaya327

201212-Pattaya328


涅槃仏発見、わりと小さいです。

201212-Pattaya329

201212-Pattaya330


あとはたいして見どころも無さそうなので、
バスターミナルに戻ってパタヤに帰ることにしました。

201212-Pattaya331


帰りは大きなバスがいいなあと思って
パタヤへ行くバスはどれだと聞くと、
これだ、と言われたのはまたもミニバスでした。

確かに窓の上にタイ文字で
クルンテープ(バンコク)ー ラヨーンと書いてあります。
ようはこれが路線バスってこと?

201212-Pattaya332


パタヤ・クランに行きたいと告げて乗り、
無事に朝ミニバスに乗った近くにたどり着きました。


関連記事
大晦日と元旦に泊まるホテルの確認がてら、
ソイ・ブアカオをパタヤ・タイ通りまで歩いてみました。

スタートはここから。

201212-Pattaya201


途中、良いホテルがないかチェックしながら歩きました。

201212-Pattaya202

201212-Pattaya203


良さそうなホテルがあっても場所が悪いかな。
あえてここに泊まらなくても他に・・って感じです。

201212-Pattaya204

201212-Pattaya205


ソンテウから見て気になっていた店。
中をのぞいてみたら派手な看板のわりに普通でした。

201212-Pattaya206


ホテル併設のバービア街。
こんな所に作ってもねえ。

201212-Pattaya207


この辺、繁華街から離れていますが
ソンテウが両方向に走っていて意外と便利。

201212-Pattaya208

201212-Pattaya209


前日に行ったバービア街。
あちこちにバービア街が作られていますが、
バービア街単独では難しそう。

201212-Pattaya210


結構歩きました。

201212-Pattaya211

201212-Pattaya212

201212-Pattaya213


大晦日と元旦に泊まるホテルです。

201212-Pattaya214


その3軒隣りにあったバー。
ここでビールを一本飲んで一休み。

201212-Pattaya215


そのすぐ横にある空き地ですが、
週に2回、市場になります。

201212-Pattaya216


パタヤ・タイ通りが見えて来ました。

201212-Pattaya217


パタヤ・タイ通りに出るとすぐ右に Tukcom があります。
私はここで以前、SIMフリーの携帯(日本以外はそれが普通)を買いました。

201212-Pattaya218

201212-Pattaya219


そのままパタヤ・タイ通りを歩いてウォーキング・ストリートへ向かいました。

201212-Pattaya220


パタヤ・タイとセカンドロードの交差点。

201212-Pattaya221


ウォーキング・ストリートに出ると、
まずはバービア街の一番手前の店に入りました。

201212-Pattaya222

201212-Pattaya223


ここのバービアは席についても
すぐゲームで時間を潰そうとして面白くありません。
お客さんがほとんど二度と来ない観光客だからでしょうか。

1時間ほどゲームをして飽きた頃に店を出て
ウォーキング・ストリートの他の店へ。

201212-Pattaya224



この日も散々飲み歩きました。
(説明は人格を疑われるので自粛いたします)


関連記事
今年の正月も昨年同様パタヤで年を越しました。

年末年始は旅行費用が高いですが
何かと出費はおさえたい失業者の身です。
(なら旅行なんか行くなと言われそうですが・・)

行きの飛行機はUAの特典旅行を使って
税金・手数料のみで行きました。

最初は1月2日の上海でANAから
タイ国際航空に乗り継ぐ航空券を予約したのですが
これがなんと上海で到着と出発が別々の空港という代物。
12月31日に北京乗り換えの便の空席を見つけてそちらに変更しました。

しかしこれもパタヤへ向かうタクシーの中で年越しになります。
年末の予定がはっきりして面接は年明けと決まった所で
世間の連休が始まる前のタイ国際航空の直行便に変更しました。

帰りはスカイゲートでマレーシア航空の片道航空券を予約しました。
クアラルンプール乗り換えの夜行便が4万8千円。

変更手数料がちょっとかかりましたが
なんとか合計6万円弱で収めました。
年末年始にこの値段なら御の字です。

ホテルは1泊2千5百円のホテルを狙いましたが
年末年始は混んでいて通しで取れません。

結局3つのホテルに分けて予約して、
12月31日と1月1日だけ約4千円のホテル、
他は約2千5百円のホテルを予約しました。
12泊でトータル約3万3千円です。

年末年始に12泊して飛行機+ホテル代で約9万円、
いいんじゃないんでしょうか。
(と自分を納得させる・・)


さて行きに乗ったのはタイ国際航空TG677便です。
午後5時半に成田を出発して、
夜10時半にスワンナプーム空港に到着する便です。

201212-Pattaya101


荷物は全部機内に持ち込み、
スワンナプーム空港に到着して入国審査が済むと
SIMカードを購入してすぐにタクシーに乗りました。

高速を降りてパタヤの町に入ると
タクシーの運転手に道を指図して、
夜中の1時半ごろにはソイ・ブアカオにある
18 Coins inn Pattayaに到着しました。

ここに宿泊するのははじめてですが、
一階にあるレストランは何度か利用しています。

いつも初日は遊びすぎて体調を崩しますが、
今回は日数もたくさんある事だし
軽く2〜3軒飲み歩いてから早めに寝ました。

まあと言っても飲みだしたのが
2時(日本時間の4時)ですからねえ。

知らない方に説明しておくと、
タイのバーはセット料金とか一切無くて
飲んだ飲み物の料金だけ支払います。

気に食わなかったらビール小瓶1本飲んで次の店、
なんて事も普通にできます。


さてこのホテルですが、部屋は狭いですが
日本のビジネスホテルと比べればずっと広くて
この値段なら十分です。

201212-Pattaya102

201212-Pattaya103


ただ、すぐ近くに同じ値段で
もっと広い部屋に泊まれるホテルがあり、
それを知っていると不満に感じてしまいます。

201212-Pattaya104

201212-Pattaya105


入り口とは別にもう一つドアがありました。
開けてみると幅が狭く奥に長いベランダがありました。
一見使えなさそうですが洗濯物を干すのに便利でした。

一階のレストランは食事時はいつも白人客でいっぱいです。

201212-Pattaya106

201212-Pattaya107


2日目の朝(というかお昼)起きると朝食に近くの食堂へ行きました。

201212-Pattaya108


さほど食欲もないので軽くクイッテオ。
1杯35バーツ(約100円)でした。

201212-Pattaya109


食後は近くのソイ・レンキーに行き年明けに泊まるホテルの場所を確認。

201212-Pattaya110

201212-Pattaya111

201212-Pattaya112


ソイLKにちょっと寄ってからホテルに戻りました。

201212-Pattaya113


ホテルの手前でこんな屋台を発見。
ガソリンをボトルに入れて売っている屋台です。
ここは何十回も通ったことがあるのに気が付きませんでした。

201212-Pattaya114



一度ホテルに戻ってからソイ・ブアカオを歩いていると、
こんなバービア街を見つけました。

こんな場所に作ってもお客さん来ないと思うんだけど。
とりあえずサンミゲール・ライトを1本飲みました。

201212-Pattaya115

201212-Pattaya116



夕食後はソイ・ブアカオ、パタヤ・タイ通りと歩いて
ウォーキング・ストリートにくり出しました。

201212-Pattaya117.jpg

201212-Pattaya118.jpg

201212-Pattaya119.jpg


ウォーキング・ストリートだのソイLKだの散々飲み歩きました。
(説明は人格を疑われるので自粛いたします)


関連記事