アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



インドネシア、ジャワ島ジョグジャカルタのタマン・サリ

とりあえず清渓川の方へ歩いてみました。

201211-Seoul-301

201211-Seoul-302

201211-Seoul-303


清渓川沿いの道を通って
鍾路タワーと普信閣のある交差点まで行ってみました。

201211-Seoul-304

201211-Seoul-305

201211-Seoul-306

201211-Seoul-307


どちらも以前来たことがありちょっと見ただけ。

このまま広蔵市場まで行こうかと思ったけど、
歩くには遠いし一度北倉洞に戻ることにしました。

北倉洞に戻るとホテルの近くにあった
ソウル参鶏湯(サムゲタン)という店で昼食にしました。
食べたのはもちろん参鶏湯です。

201211-Seoul-308

201211-Seoul-309

201211-Seoul-310


味が薄くて以前東大門市場近くで食べた参鶏湯の方が
美味しかったような気がします。

昼食後は地下鉄に乗って鍾路5街駅近くの広蔵市場に行きました。

201211-Seoul-311.jpg

201211-Seoul-312


以前ここに来た時、市場のお店よりも
通路に出ている屋台で昼間っから焼酎を飲んでいる
地元風なところに魅力を感じました。

でも最新版の地球の歩き方には
でかでかと見取り図が出てしまっています。

以前は全く見なかった日本人観光客もちらほら。
そのうちここも南大門市場みたいになってしまいそう。

それでもまだあの屋台の雰囲気はそのままで、
ナマの韓国の雰囲気は十分に楽しめました。

201211-Seoul-313

201211-Seoul-314

201211-Seoul-315

201211-Seoul-316


私も適当な場所を見つけて座り焼酎を飲むことにしました。

201211-Seoul-317

201211-Seoul-318

201211-Seoul-319


チャミスルと天ぷらのような料理を韓国語で注文。
これと焼酎くれって言っただけですが。

韓国の焼酎はハーフボトルで出てきます。
日本で売っているのと同じ銘柄でも
度数が低くて甘く日本酒のような飲み方をします。

201211-Seoul-320


昼間っから焼酎、なかなかいいです。

201211-Seoul-321


ボトルを一本空けたところでお会計。
地下鉄に乗ってホテルのある北倉洞に戻りました。

201211-Seoul-322



たった2泊3日の旅行、観光ももう終わりです。



関連記事
旅行2日目は徳寿宮に行って見ることにしました。
宿泊しているホテルから歩いていける場所にあります。

まずは朝食を食べに南大門市場に行きました。

201211-Seoul-201

201211-Seoul-202

201211-Seoul-203


細い路地にある食堂チンジュチッに行き、
朝からガッツリと牛テールスープ(コリトマッ)を食べました。

201211-Seoul-204

201211-Seoul-205

201211-Seoul-206


想像と違ってかなり淡白な味で、
スープにご飯を入れて食べると朝食にもいい感じでした。


食後はさっそく徳寿宮(トクスグン)へ向かいました。
大漢門から中に入りまずは咸寧殿へ。

201211-Seoul-207


201211-Seoul-208


201211-Seoul-209


何のことはない、中に入ると他の建物と敷地がつながっていました。

201211-Seoul-210

201211-Seoul-211

201211-Seoul-212


その奥にあった建物の
この石と石の間をセメントで埋めたような壁、
オリジナルを無視した修復に見えます。

もともとこのままだったら
石の間が密着した日本の城の石垣と比べて
建築技術が低くてなおさら興ざめですが。

201211-Seoul-213

201211-Seoul-214.jpg


咸寧殿の裏にあった静観軒です。

201211-Seoul-215


このまま横に行けば中和殿へ行けますが、
せっかくなので一度戻って中和門から行ってみました。

201211-Seoul-216



201211-Seoul-217

201211-Seoul-219

201211-Seoul-220

201211-Seoul-221

201211-Seoul-222


一番奥にある石造殿です。
西洋風の建物で李氏朝鮮の最後の王が住んでいたそうです。
私的にはこちらの方が興味があります。

201211-Seoul-223

201211-Seoul-224

201211-Seoul-225

201211-Seoul-227


光明門には鐘が飾られていました。

201211-Seoul-228

201211-Seoul-229


一通り見て大漢門から外に出ました。

201211-Seoul-230


もう少しこの辺を歩いて見ることにしました。


関連記事
ソウル往復約1万7千5百円という
アシアナ航空の格安航空券を見つけて、
11月29日より2泊3日で韓国のソウルに行って来ました。

格安航空券ながらアシアナ航空のホームページで
座席指定も出来ました。

竹島問題の影響で観光客が減って
例年より1万円ほど安くなっているようです。

韓国は反日なので嫌いですが、
韓国を非難するほど航空券が値下がりするなら一石二鳥です。
ならなぜ韓国に行く・・旅行好きのサガですね。

安い航空券があれば行く、
手段のためには目的を選ばず!

201211-Seoul-101


さて搭乗したOZ101便は12時半に成田を出発して、
午後3時10分にはソウルの仁川空港に到着します。

せっかく早い時間に着くので
空港から市内までは新しく出来た鉄道のA'REX に乗ってみました。

201211-Seoul-102


直通の特急列車は8千ウォンに値下げされていました。

直通の特急と各駅停車の普通列車では入り口が違いましが、
中に入ったらホームは同じで前後に仕切っているだけでした。

201211-Seoul-103

201211-Seoul-104


中はがらがらでした。

201211-Seoul-105


10分ほど遅れて1時間弱でソウル駅に到着しました。
宿泊したのは北倉洞、ソウル駅を横断した反対側です。
旧ソウル駅庁舎を観光しながらホテルまで歩きました。

201211-Seoul-106

201211-Seoul-107

201211-Seoul-108


15分ほどで着くはずでしたが
いつの間にか南大門市場に迷い込んでしまい、
ホテルに付くのに結局30分もかかってしまいました。

今回宿泊したのはHotel Y Houseです。
飲み屋や食堂が並ぶ通りを入ったところにある
モーテルのような外観のホテルでした。

201211-Seoul-109

201211-Seoul-110


日本のビジネスホテルのような狭さですが1泊6千円もしました。

何しろ航空券を買ったのが3日前で、
以前、東大門市場近くで泊まったホテルの方が
値段が安くてしかも広かったけど空いていませんでした。

まあたった2泊だし・・。

201211-Seoul-111

201211-Seoul-112


さっそく回りを徘徊しました。
まずは地下道を通って通りを渡り南大門市場へ。

201211-Seoul-113

201211-Seoul-114

201211-Seoul-115


ざっと見てから北倉洞に戻り夕食をとることにしました。
食堂はたくさんあるのですが会社帰りの人達でいっぱい。

201211-Seoul-116


ようやく一軒の店に入れましたが、
食事のメニューがあまりなく豚の焼肉と冷麺を食べました。
しかし正直美味しくなかったので追加注文せずに外に出ました。

201211-Seoul-117

201211-Seoul-118


見た目はうまそうだったんですけどねえ。
空腹はおさまったので明洞に行って見ることにしました。

201211-Seoul-119

201211-Seoul-120


明洞をぶらぶらしてからホテルに戻りました。
するとホテルの前の通りに屋台が3軒ほど出ていました。

まだ食べ足りなかったし、韓国の焼酎が飲みたかったし、
ちょっと入って見ることにしました。

201211-Seoul-121

201211-Seoul-122


まずチャミスルを一本。
日本で言えばハーフボトルです。

201211-Seoul-123


並んだ食材から豚のばら肉を選んで、
これが食べたいとおばさんに言いました。
おばさんがサムギョップルか? と言うので、
よくわからないけど、とりあえずそうだと言って注文しました。

201211-Seoul-125

201211-Seoul-124


豚肉をカリッと焼いただけの料理ですが
これは美味しかったです。

焼酎を飲み終わった所で屋台を出て、
コンビニで水などを買ってホテルに戻りました。

201211-Seoul-126



外は心配したほどは寒くなく真冬の東京程度でした。

関連記事
さて、せっかくソイ・カウボーイの隣に宿泊したので、
どんな場所か写真だけざーっと載せておきます。

201211-BANGKOK-301

201211-BANGKOK-302

201211-BANGKOK-303

201211-BANGKOK-304

201211-BANGKOK-305

201211-BANGKOK-306

201211-BANGKOK-307

]201211-BANGKOK-308

201211-BANGKOK-309

201211-BANGKOK-310

201211-BANGKOK-311

201211-BANGKOK-312

201211-BANGKOK-313


この中の一軒で飲んでいると、
隣にこんなところで珍しいスーツ姿の
白人二人連れが飲んでいました。

声をかけられてちょっと話をしました。

ポーランド人でもう7年もバンコクに住んでいるそうで、
この店は恋人が働いているんで毎日来てるんだ、
と言っていました。

絶対違うだろ、
水商売のお姉ちゃんに騙されてるだろと思いながら
パタヤはどうだと聞くと、
パタヤは汚いと履いて捨てるように言われました。

パタヤのどこがそんなの汚いのか私の頭の中は???
私は大都会のバンコクよりパタヤの方が好きですけどねえ。
感じ方って人それぞれですねえ。


さてこの派手な繁華街が朝になるとがらりと変わります。
こんな変わり様が見れるのも隣に泊まったメリット(?)です。

201211-BANGKOK-314

201211-BANGKOK-315


通りの一番奥のバーはお昼時には料理のトレーが並び、
近くで働いているタイ人でいっぱいでした。

201211-BANGKOK-316

201211-BANGKOK-317



いろいろ食べてみたかったけど、
2回しか食べに行けませんでした。


関連記事