アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

さてバンコク近辺でまだ行ったことがなくて気になっていた、
エラワン・ミュージアムへ行って来ました。
高さが15階建てのビルぐらいの頭が3つある巨大な象の像があります。

場所はバンコクの隣の Samut Prakan にありますが、
BTSが伸びて行くのが楽になっています。

まずBTSに近くのアソーク駅から乗って終点の ベーリング駅まで行きました。

201211-BANGKOK-201

201211-BANGKOK-202


ベーリング駅からは3kmほど離れた場所にありタクシーに乗りました。
タクシーを降りて門の前に立つと既に巨大な象の像が見えてました。

思ったよりでかいぞ。

201211-BANGKOK-203


中は公園になっていて少し歩くと料金所がありました。
入場料は300バーツとタイにしてはバカ高です。

だんだん大きくなる像を見ながら歩きました。

201211-BANGKOK-204

201211-BANGKOK-205


象の像の前に到着。
で、でかい、見上げるしかないです。

201211-BANGKOK-206


しかしお寺でもないのにお供え物を上げて拝んでしまう、
このタイ人の発想はいまだに理解できません。

201211-BANGKOK-207

201211-BANGKOK-208


201211-BANGKOK-209


巨大な象の像の前には小さな象の像がありました。

201211-BANGKOK-210

201211-BANGKOK-211


中に入るとシュールな世界が広がっていました。

201211-BANGKOK-212

201211-BANGKOK-213

201211-BANGKOK-214


素晴らしいといえば素晴らしいのは確かですが。
これはいったい何、何がしたいの?
タイ人観光客は全く気にしていない様子です。

中央の階段をあがって上に行き、
そこから更に螺旋階段を上がると・・・。

201211-BANGKOK-215


また良く分からない世界が現れました。

201211-BANGKOK-216


正面に仏像と祭壇があって横にも仏像がありました。

201211-BANGKOK-217

201211-BANGKOK-218



横の仏像は撮影禁止で正面の仏像はOK。
実は大切な展示物は横の仏像のようです。
よく見なかったけど。

外に出て、売店横でコーラを飲んで一休み。

201211-BANGKOK-219


それからタクシーに乗ってベーリング駅に行き、
BTSに乗ってアソーク駅に戻りました。

関連記事
11月に我慢できずにバンコクに行って来ました。

今回宿泊したのはBTSアソーク駅のすぐ近くにあるウエルネス・レジデンスです。

201211-BANGKOK-101


ロビーはこじんまりとしていますがきれいです。
奥にあるエレベーターはドアが手前にゆっくり開閉するため時間がかかります。
スペースがないところに後から家庭用の物を付けたような感じです。

201211-BANGKOK-102

201211-BANGKOK-103


予約した部屋は一番広いタイ・スーペリア。
40㎡もありますが一泊3千4百円ぐらいでした。

作りは簡素で豪華さはありませんが、
ウッディーな綺麗な部屋でキッチンまでありました。
これだけ広いならもう少し大きなソファーを置いて欲しかったですが。

201211-BANGKOK-104

201211-BANGKOK-105

201211-BANGKOK-106


バスルームはバスタブ付き。
といっても洋式の中で体を洗うバスタブは嫌いで、
むしろシャワーだけの方が好きです。

201211-BANGKOK-107

201211-BANGKOK-108

201211-BANGKOK-109


部屋は良かったですがサービス面は若干問題あり。
チェックインした時にトイレットペーパーがなかったり、
フロントのスタッフが昼間の女性以外よく分かっていなかったり。


さてこのホテルの場所ですが、
歓楽街のソイ・カウボーイの入り口のすぐそばにあります。
建物ひとつ挟んだだけで徒歩15秒で行けます。

201211-BANGKOK-110


この写真の水色の建物を挟んで左がウエルネス・レジデンス、
右がソイ・カウボーイです。

201211-BANGKOK-111



サービス面で細かい問題はありますが、
この値段でこの部屋ならかなり満足です。


関連記事
パタヤの Soi LK Metro にある、
キーラティ ホームステイ (Keerati Homestay)です。

泊まったのは3タイプある部屋のうちの
一番広いデラックス・ルームです。

予約は agoda でしました。
この手の安ホテルだと他ではなかなか扱っておらず、
最近はホテル予約はほとんど agoda でやっています。

Keerati_Homestay-01


建物は2つに分かれていて、
その間の狭い通路に面して入り口があります。
正面から見て右側がフロントです。

Keerati_Homestay-02

Keerati_Homestay-03


こじんまりとしたフロントですが、
大手のホテルとは違って人間味があります。

毎日同じ人が昼間と夜の2交代制で勤務しています。
夜の担当の人はなんとレディーボーイです。
でもいいやつです。

さて部屋ですが、これが広くて驚きました。
1泊3,500円ぐらいでこの広さとは。

入り口を入るとキッチンがあって、
奥にベッドと広々としたソファーコーナーがあります。

ただし部屋の作りはかなり安っぽいです。
でもよく手入れされていて清潔です。
電気が一つ切れてましたが・・。

アメニティーはないものと思ってください。

Keerati_Homestay-04

Keerati_Homestay-05

Keerati_Homestay-06

Keerati_Homestay-07

Keerati_Homestay-08


バスルームは安宿にありがちな湯沸かし器式のシャワーのみ。
安っぽいですが結構広くて使い勝手は悪くありません。

Keerati_Homestay-09

Keerati_Homestay-10


最大の欠点は室内が暗いことです。

電気が小さくて光量不足。
窓のカーテンを全開にすれば明るくなりますが、
騒音を気にして Soi LK Metro と反対側にしてもらったら
向かいの LK Metro Hotel のバルコニーから丸見えでした。

部屋は一番上の4階でした。
部屋の入口の前のスペースには
LK Metro Hotel 側も Soi LK Metro 側も壁がなく、
反対側にしてもらったのに騒音が筒抜けでした。

Keerati_Homestay-11

Soi LK Metro 側を見下ろすと正面はゴーゴーバーでした。

Keerati_Homestay-12


このホテルはエレベーターがなく、
4階まで階段で上がらなくてはなりません。

フロントから2階に上がって廊下を端まで歩いて
そこから4階まで階段を上がって
やっと部屋にたどり着きます。

Keerati_Homestay-13


廊下にはこんな飾り付けもしてあって
意外とおしゃれな一面もあります。

Keerati_Homestay-14


1階にはパスタのレストランがあります。
パスタだけではなくタイ料理もあっていいのですが、
残念なことに午後からしか営業しません。

Keerati_Homestay-15


フロント前の通路は反対側は LK Metro Hotel に出ます。
こんなホテルですがオーナーが同じだそうで
LK Metro Hotel のプールが使えます。

私は使って見ませんでしたが。

Keerati_Homestay-16


夜になるとホテルの前の路地はこんな状態になります。
これで静かな部屋を求めるのが無理というものです。

Keerati_Homestay-17



チェックアウトの日、レイトチェックアウト代わりに
一番安いスタンダード・ルームを数時間借りてみました。

Keerati_Homestay-18

Keerati_Homestay-19


こちらは部屋も狭いですがそれはいいとして、
なんとベランダに面した戸が木で出来ていました。

閉めれば光が全く入らないし
開ければ冷房で冷やした空気が全部出ていきます。

Keerati_Homestay-20


極めつけはバスルームに同じような木の戸が
ベランダに面して付いていました。

シャワーを浴びた後にそのままベランダに出て
道を歩いている人に裸を見せたい人にはお勧めですが。

Keerati_Homestay-21

Keerati_Homestay-22



デラックス・ルームはそれなりに居心地が良かったですが、
スタンダード・ルームは外の光が不必要な人以外お勧めしません。


関連記事
関連記事
友人と飲んで福岡に来た目的を果たした翌日、
博多川端商店街の近くの冷泉公園でやっていた
福岡オクトーバーフェスト2012に行ってみました。

土日は午前11時からやっていました。
10月だというのに日差しが強くて暑いぐらいでした。

Fukuoka201210-401

Fukuoka201210-402


まだお昼だというのにかなりの人出でした。

Fukuoka201210-403


まず一杯目はこの店で。

Fukuoka201210-404



色の濃いビールとソーセージを買いました。
一杯千円以上してけっこう高いですが
ジョッキは有無を言わせず大ジョッキです。

Fukuoka201210-405


残念ながらこのビールは口に合わず。

ジョッキはデポジット代を取られますが、
同じ店でジョッキを返すと返ってきます。

中央の大きなテントはほぼ満席でした。

Fukuoka201210-406


二杯目も同じお店でゲット。
つまみにアイスバインを買いました。

Fukuoka201210-408


このビールはなかなかです。
それよりアイスバインがうまかったです。

既に酔いがまわってきました。
腹ごなしに会場を回ってみました。

Fukuoka201210-409

Fukuoka201210-410

Fukuoka201210-411


テントに入れず外で飲んでる人も。

Fukuoka201210-412

Fukuoka201210-413


直射日光の当たる席はあいてましたが。

Fukuoka201210-414

Fukuoka201210-415


テントの中は混んでいて座れず。

Fukuoka201210-417


反対側に回ると日本のビールもありました。

Fukuoka201210-418


一杯飲んで見ることにしました。

Fukuoka201210-419

Fukuoka201210-420


なかなかフルーティーで美味しいです。
普段飲んでいるような味のビールは一つもありません。

この曲がったグラスのビールも気になりましたが、
昼間からこれ以上は無理なので諦めました。

Fukuoka201210-421

Fukuoka201210-422


テント内はステージで音楽が始まって
ますます盛り上がってます。

Fukuoka201210-423

Fukuoka201210-424


たっぷりおいしいビールを味わって、
そろそろホテルに戻ることにしました。


ホテルに戻ったら眠くなってそのまま爆睡(笑)。
夕方起きたらそのまま今度は屋台で一杯。

Fukuoka201210-425

Fukuoka201210-426

Fukuoka201210-427



翌日、午後1時5分発のANA 254便で羽田に戻り、
ただ飲みに行っただけの旅行も無事終わりました。


− 終わり ー



関連記事