アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

ジョグジャカルタ2日目は市内を観光しました。

朝食後、まずはマリオボロ通りあたりを散策。
まあ、前日の晩に歩いたあたりと同じですが。

ホテルの部屋はドアノブが壊れていたりしましたが、
フロントやロビーはかなり立派で、
出来た頃は良いホテルだったのでしょう。

Yogyakarta201209-501

Yogyakarta201209-502

Yogyakarta201209-503


まずはマリオボロ通りをトゥグ駅方面に歩きました。
午前中だけあって前日の晩よりは道がすいていました。

Yogyakarta201209-504

Yogyakarta201209-505.jpg


さすがに頭から布をかぶった女性が目立ちます。
意外と布をかぶっていない女性も多くて半々ぐらいでした。

Yogyakarta201209-506

Yogyakarta201209-512


朝食の屋台もちらほら出ていました。

Yogyakarta201209-507


そして馬車とベチャ、まだ準備中といった感じです。

Yogyakarta201209-508

Yogyakarta201209-509

Yogyakarta201209-510

Yogyakarta201209-511


ソロウィジャヤン通りの目印のサークルKです。

Yogyakarta201209-513

Yogyakarta201209-514


ニュー・スーパーマンがある路地の入り口。

Yogyakarta201209-515


路地にはこんな売店もありました。

Yogyakarta201209-516


ソロウィジャヤン通りが泊まるには一番居心地がよさそうです。
安宿街の路地は狭すぎてちょっと圧迫感があります。

Yogyakarta201209-517

Yogyakarta201209-518


前の晩にツアーを予約した SOSRO TOUR は、
昼間見るとこんな感じでした。

Yogyakarta201209-519


ちょっとトゥグ駅まで行ってみました。

Yogyakarta201209-520


駅前の道を5分ほど歩くと小さな駅の前に出ました。

Yogyakarta201209-521

Yogyakarta201209-522.jpg

Yogyakarta201209-523


この駅前の道はちょっと不便そう。
最初はこの道沿いのホテルを予約しようかとも思いましたが、
鉄道を使うわけでもなく、止めておいて正解でした。

駅を見た後は再びマリオボロ通りへ。

Yogyakarta201209-524


トランス・ジョグジャの駅です。
ジャカルタのバスウエイのジョグジャカルタ版ですが、
駅が小さくてちょっと無理矢理感があります。

Yogyakarta201209-525


露天で売っていた食べ物。
おばさん、写真だけ撮って買わなくてごめんね。

Yogyakarta201209-526


マリオボロ通りの昼間の屋台は椅子とテーブルですが、
夜になると椅子がなくなり畳に座っているのと同じ感じになります。

Yogyakarta201209-527


泊まったホテルの横にあるショピング・モールを通過し
そのままホテルも通りすぎてさらに南へ。

Yogyakarta201209-528

Yogyakarta201209-529

Yogyakarta201209-530


ブリンハルジョ市場の前に出ましたが
入り口に気が付かずにいつの間にか通過してしまいました。

Yogyakarta201209-531

Yogyakarta201209-532

Yogyakarta201209-533


まあいいや、帰りに見れば。


そのまま南に進み、クラトン(王宮)を見に行きました。



関連記事
ホテルについて一段落着くとさっそく、
翌々日のボロブドゥール遺跡とプランバナン遺跡の
ツアーを予約することにしました。

まずはホテルのフロントに行って予約できないか聞いてみました。
ホテルのフロントでは地球の歩き方にも出ている
Great Tours のツアー予約を扱っていました。

しかし、最低催行人数が2人からで、
他に予約が入っておらず1人では予約できませんでした。

それではと同じく地球の歩き方に載っていて
他の人の旅行記で使っていて目をつけていた
SOSRO TOUR まで散歩がてら行って見ることにしました。

ホテルの入口を出ると目の前はマリオボロ通りです。
人口50万人の都市の中心街だけあって
思っていたより大きな通りでした。

ベチャ(サイクル力車)や馬車が並んでいて
想像とは違いましたが雰囲気のある通りでした。

Yogyakarta201209-401

Yogyakarta201209-402

Yogyakarta201209-403


車道は半分に区切られていて、
片側が自動車用、片側がベチャと馬車用です。

Yogyakarta201209-404

Yogyakarta201209-405


道沿いの建物にはバティック(布)を売る店が並んでいます。
バティック屋さんばかりで飲食店がほとんどありません・・。

歩道より歩きやすそうと馬車の横を歩いていたら、
馬のウンチをふんじゃいました(涙)。

Yogyakarta201209-406

Yogyakarta201209-407

Yogyakarta201209-408


トゥグ駅の方へ5分ほど歩いてソロウィジャヤン通りを左折します。
サークルKが目印です。

Yogyakarta201209-409


2、3分歩くと右手の路地を入ってすぐのところに
SOSRO TUOR がありました。

Yogyakarta201209-410

Yogyakarta201209-411


カウンターだけの小さな事務所でしたが
若いお姉さんが受付でなかなか丁寧でした。

こちらは1人からでOKという事で、
さっそく翌々日のツアーを予約しました。

Yogyakarta201209-412

Yogyakarta201209-413


ツアーは送迎+朝食(チケット代別)で 70,000ルピー、
ボロブドゥール遺跡とプランバナン遺跡のチケットも購入して
合わせて合計385,000ルピー、日本円で約3,500円でした。
下手すると自力で行くより安いかも知れません。

という事で、無事、
ボロブドゥール遺跡とプランバナン遺跡ツアーを予約できました。

朝5時出発がちょっと難点ですが。


予約したあとは夕食をとりました。
ソロウィジャヤン地区はジョグジャカルタの安宿街で
外国人旅行者向けのレストランが何軒かあります。

SOSRO TUOR の近くにあった
感じの良いレストランに入ってみました。

Yogyakarta201209-414

Yogyakarta201209-415

Yogyakarta201209-416


なかなかいい雰囲気です。
ビンタン・ビールにもありつけました。

Yogyakarta201209-417


メニューを見てもよくわからないので、
ウエイターに自分が何が好きか聞いてそれを注文。
出てきたのがこれです。

Yogyakarta201209-418


骨付きの鶏肉を焼いた料理。

料理自体は問題ないんですが、
これをナイフとフォークで食えというのは私にとっては拷問。
1/3ぐらいで放棄して店を変えました。

近くにどこか無いかと地図を眺めて、
地球の歩き方にもロンリー・プラネットにも載っていた
ニュー・スーパーマンという変な名前の店に行きました。

Yogyakarta201209-419


これが変な名前とはぜんぜん違う、
なかなか渋い、良い感じの店でした。

Yogyakarta201209-420


とりあえず、またまたビンタン・ビール。

Yogyakarta201209-421.jpg


ここは無難にナシ・チャンプルを注文。
ご飯が見えないほど上におかずが乗っていました。

Yogyakarta201209-422


ようやく満足な食事ができました。
店を出るとソロウィジャヤン通りをとぼとぼ戻りました。

道端の小さな屋台ではインドネシア人が食事をしていました。
ちょっとまだその中に入り込む度胸はありません。

Yogyakarta201209-423

Yogyakarta201209-424


マリオボロ通りを歩いてホテルに戻りました。

Yogyakarta201209-425

Yogyakarta201209-426



食後はどこかのバーで飲みたかったけど、
まわりはイスラム教徒ばかり、そう簡単にみつかりません。

ホテルのフロントで聞くと
インナ・ガルーダ・ホテルにあると言われました。
行ってみるとカラオケの入り口にあるカウンターでした。

しかしホテル内に小さなディスコがあって、
そこに行くと生演奏で歌手が歌っていました。

生演奏を聞きながらビールを一杯(いっぱい・・)。
おかげで気分よく飲めました。


関連記事
朝の散歩のあとホテルに戻りチェックアウトして、
14時20分発の AirAsia QZ7550便でジョグジャカルタへ移動しました。

ホテルの敷地内で待機していたブルーバード・タクシーで
スカルノ・ハッタ空港のターミナル3まで
高速代別で端数をチップに取られて100,000ルピー。

空港から来た時の半額でした。

AirAsiaのカウンターに向かいチェックイン。

Yogyakarta201209-301

Yogyakarta201209-302


AirAsiaはカウンターの使用も別料金です。
以下は往復の料金の内訳表です。

AairAsia_fee


搭乗券はペラペラの紙です。

AirAsia_eTicket01


出発便の案内板を見るとAirAsiaを中心とする格安航空会社ばかり。
ターミナル3は格安航空会社専用ターミナルのようです。

Yogyakarta201209-303


チェックインも済ませて出発ロビーに向かうと、
予想に反して小さいながらも新しい綺麗なターミナルでした。

Yogyakarta201209-304

Yogyakarta201209-305


天井からはAirAsiaの宣伝の垂れ幕がたくさんかかっていて
さながらAirAsia専用ターミナルの様相です。

Yogyakarta201209-306


まだ時間があったのでスターバックスで一休み。

Yogyakarta201209-307


コーヒーを飲み終わって、出発ゲートへ進みました。

Yogyakarta201209-308

Yogyakarta201209-308b


搭乗ゲートはゾーン3となっていましたが
時間が近くなっても全くその気配なし。

ちょっと様子を見に歩いてみたら
一番奥のゾーン5にQZ7550の表示が出ていて
大勢人が待っていました。

Yogyakarta201209-309


30分以上遅れてようやく搭乗開始です。

何のことはない、どのゲートを使おうが
外に出て自分で歩いて行くだけでした。

Yogyakarta201209-310

Yogyakarta201209-311


特に先導している人がいる様子もなく
どうしてどの飛行機かわかったのか謎です。

Yogyakarta201209-312


ジェットスターの時と同じく、
今回も追加料金を払って一番前の通路側の席をキープ。

エアアジアのCAと言えば真っ赤な上下のスーツと思っていましたが、
この便は上は赤のシャツ、下はジーンズでした。
ジーンズのお尻にしっかりAirAsiaのロゴが刺繍されていました。

Yogyakarta201209-313


今回は席の前にこんな壁がありました。

Yogyakarta201209-314


シートはシンボルカラーの赤を使ったレザーシートです。

Yogyakarta201209-315

Yogyakarta201209-316


結局1時間近く遅れて出発しました。
高度が上がると、なんとまだ機体が少し傾いているうちに
機内食の販売をはじめてしまいました。

この時間のフライトなので空港で昼食を取るのが普通ですが、
どんなものか見てみたかったので事前に注文していました。

頼んだのはチキンのパニーニ。
コーラを買って一緒に食べました。

日本円で200円ぐらい、悪くないです。
レギュラーの航空会社のエコノミーの機内食より
こっちの方が全然いいです。

Yogyakarta201209-317

Yogyakarta201209-318


私が包装を開けている間にも、
機内販売のカートは前に戻ってきていました。
後ろを見ると機内食なんか食べている人は殆どいません。

AirAsiaの日本国内便のレポートで、
機内食の販売が全員に行き渡らず問題だと指摘されていましたが、
むしろ問題なのは飛行機に乗れば機内食を食べるものだという
日本人の先入観でしょう。


窓からムラピ山が見えました。

Yogyakarta201209-319


1時間ほどでジョグジャカルタに到着。
タラップを降りてまたとぼとぼ自分の足で歩きました。

Yogyakarta201209-320

Yogyakarta201209-321


地方の空港、なかなかのどかな雰囲気です。

Yogyakarta201209-322


荷物を受け取り到着ロビーへ。

タクシーブースの前に大勢係員が並んで
お客さんを捕まえようとしていましたがなんか変。
タクシーブースの横の別のブースに連れいかれましたが
どうもレンタカーのような気がしました。

声をかける奴は怪しいという原則に従い、
止めてタクシーブースに行き直しました。

料金は50,000ルピー(約450円)でした。

外のタクシー乗り場には係員がいて
タクシーが着くたびにお客さんの紙の番号を呼びましたが
これだけの観光地の空港にもかかわらず
インドネシア語でしか番号を言いません。

まわりの人の順番を確認しながら、
自分らしい時に他の人が出ていかないので
係員に紙を見せてタクシーに乗りました。

Yogyakarta201209-323


道はジョグジャカルタ市内に近づくに連れて混んできて、
結局1時間近くもかかりました。


さて今回宿泊したのは街の中心、
マリオボロ通りにあるHotel Mutiara Malioboroです。

タクシーの運転手が1か2か聞いてよくわかりませんでしたが、
実は新館、休館の2つの建物が並んでいてフロントは別々でした。

Yogyakarta201209-324



私が泊まったのは新館の Deluxe King です。
一見、豪華そうな部屋でしたが
家具は木の色が褪せてきていてました。

Yogyakarta201209-325

Yogyakarta201209-327

Yogyakarta201209-328


浴室も悪くはないけどちょと古い感じです。

Yogyakarta201209-329

Yogyakarta201209-330

Yogyakarta201209-331


ただしバスタオルを乗せる棚が傾いていたり、
ドアノブが壊れていたり、メンテ悪すぎです。

Yogyakarta201209-332

Yogyakarta201209-333


ちょっとどうなのよというところはありますが、
全体としては結構いごこちのいい部屋でした。

Yogyakarta201209-334



ちょっと日も傾いてきていましたが、
マリオボロ通りを散策して見ることにしました。



関連記事
夕食後、さらにホテルのまわりを歩いてみました。

Yogyakarta201209-201


Gajah Mada 通りをわきにちょっと入ったところにあったディスコ・スタジアム。
ジャカルタでは有名なディスコらしいですが怪しげな路地にありました。

Yogyakarta201209-202



<追記>
ディスコ・スタジアムの場所を
検索されている方がいるようなので追記します。

MERCURE JAKARTA KOTA から Gajah Mada 通りを南に歩き、
Mangga Besar 通りを超えて3本目か4本目(うろ覚え)の
左側の路地を100mぐらい入った左側にあります。

Gajah Mada 通りを挟んだ向かい側には Grand Paragon という
夜はド派手なネオンがある大きなショッピングセンターがあります。

下はスタジアムのある路地からMangga Besar 通り方向を見た写真です。

DiscoStadium

<追記終わり>



それ以上何も無さそうなので、
Mangga Besar 通りをさらに奥まで歩いてみました。
夕食前に歩いた向かい側、ホテル側です。

先程は食堂が並んでいましたが、
こちらは屋台が沢山並んでいました。
道自体は暗いですが人は大勢いました。

ドリアンの屋台がかなりあり目立ちました。

Yogyakarta201209-203


この店は何の店なんでしょうか、
待っている人がたくさんいました。

Yogyakarta201209-204


かなり先まで屋台が続いています。
この辺はローカルで危険だと何かに書いてありましたが、
女性や子供も食事をしていてとても危険には見えません。

Yogyakarta201209-205

Yogyakarta201209-206

Yogyakarta201209-207


一見なんでもない東南アジアでよく見る光景のようですが、
ビールを飲んでいる人があまりいませんでした。
おっさんが数人集まって焼き鳥に紅茶で一杯って・・。

Yogyakarta201209-208


あとで写真を見たらビールを飲んでいるおじさんを発見。
屋台でビール、飲みたかったです。

結局、先ほどのディスコでビールを一杯飲んでホテルに戻りました。

あとで聞いたらこのディスコでは
エクスタシーなどのドラッグを普通にやっているそうで、
あまり近づかない方がいい場所かも知れません。


さて翌朝、ホテルのチェックアウトまで少し時間があったので
今度はホテルを出て右側の方へ歩いてみました。

Yogyakarta201209-209

Yogyakarta201209-210


ホテルの正面はバスウエイの駅。
バスウエイでコタ駅まで行ってみるかとも思いましたが、
時間もあまりないので近くを散歩することにしました。

このあたりはグロドッ地区というチャイナタウンです。
コタ地区との区別がよくわかりませんが・・。

Yogyakarta201209-211


大通りの脇をとぼとぼ。

Yogyakarta201209-212

Yogyakarta201209-213


LTCという大きなショッピングセンターのような建物の前に出ました。

Yogyakarta201209-214

Yogyakarta201209-215


この建物の横の路地を曲がってみました。
朝食の屋台が出ていました。

Yogyakarta201209-216

Yogyakarta201209-217

Yogyakarta201209-218

Yogyakarta201209-219


しかしチャイナタウンだと思って来たのにどうも様子が違います。

機械部品を売っている店が並んでいて、
大きなバネを売っている屋台まで出ていました。

Yogyakarta201209-220

Yogyakarta201209-221


ちょっと残念でしたが、
観光地じゃないジャカルタが見れたとあきらめて
また大通りをとぼとぼ歩いてホテルに戻りました。

Yogyakarta201209-222.jpg

Yogyakarta201209-223



いよいよチェックアウトしてジョグジャカルタに移動です。

関連記事
9月頭にインドネシア・ジャワ島のジョグジャカルタに行って来ました。
目的はボロブドゥール遺跡とプランバナン遺跡の観光です。

今回はANAでジャカルタに行って1泊して、
AirAsia でジャカルタからジョグジャカルタへ移動しました。

まずはANAのNH937便でジャカルタへ向かいました。

Yogyakarta201209-101

Yogyakarta201209-102


新しい一見よさそうなシートですが、
背もたれが倒れず座面を前にスライドするタイプでした。
ちょっと前に出しただけでも膝が前の座席につきます。

Yogyakarta201209-103

Yogyakarta201209-104


足元にスペースがたっぷりあるなら別ですが、
エコノミーの狭いシートでこれはかんべんして欲しいです。
リクライニング無しで7時間半は疲れました。

二度と乗りたくありません。
結果としてAirAsiaのシートの方がぜんぜん楽ちんでした。


午後4時頃にはスカルノ・ハッタ国際空港から
タクシーでホテルに向かいました。

タクシーは外のタクシーブースで200,000ルピー(約1,800円)でした。
千は省略して2ハンドレッドとか言ってきます。
道は結構渋滞していましたが1時間ほどでホテルに到着しました。


さて今回ジャカルタで宿泊したのはMERCURE JAKARTA KOTAです。
初ジャカルタという事で大手のホテルチェーンにしてみました。

この日の1泊は Hotels.com の10泊すると
1泊無料という特典でただで宿泊しました。
そのせいかホテルのフロントのスタッフに
最初は料金を払っていないのと勘違いされました。

部屋のタイプはデラックスで予想より広くて快適でした。
無駄に広い気もしないではないですが・・。

Yogyakarta201209-105

Yogyakarta201209-106

Yogyakarta201209-107

Yogyakarta201209-108.jpg


洗面台の上の左にあるホースが付いた物がドライヤーです。

Yogyakarta201209-109


窓から見た景色です。
見晴らしはいいが眺めは良くないという感じです(笑)。

Yogyakarta201209-110


左側の高層ビルはメルキュールと同じ
アコーグループのノボテル・ホテルです。

ロビーは天井が高くて立派です。
成田のメルキュールと同じメルキュールとは思えません。
値段は同じぐらいなんですけどねえ。

Yogyakarta201209-111

Yogyakarta201209-112.jpg



ちょっと回りを散歩して見ることにしました。

ホテルは名前にはコタと付いていますが、
コタ地区の南のグロドッ地区という中華系の町の南端にあります。
外資系ホテルがあるにもかかわらず結構ローカルな地区です。

Gajah Mada 通りという大通りに面していて、
ホテルの入口の正面にはバスウエイのOlimo駅があります。
バスウエイというのは通りの一車線を縁石で区切って
バス専用レーンにした公共交通機関です。

Yogyakarta201209-113

Yogyakarta201209-114


ホテルの入口を出て左に歩いてみました。

Yogyakarta201209-115


いきなり外国人など全くいない雰囲気です。
すぐ近くの Mangga Besar 通りとの交差点あたりの食堂です。

Yogyakarta201209-116

Yogyakarta201209-117


Mangga Besar 通り側にはローカルな食堂や屋台が並んでいました。

Yogyakarta201209-118

Yogyakarta201209-119


夕食は、いきなり冒険する必要もないので、
ホテルの向かい側に見えていたレストランに行ってみました。

Yogyakarta201209-120


中に入るとガランとした社員食堂のような店でした。

Yogyakarta201209-121


メニューの写真を見て適当に頼んでみました。

まず Ayam Kaleyo です。
チキンカレーのような料理でした。

Yogyakarta201209-122


そして Soto Lemongan です。
Soto が確かスープだったよなと思って注文しましたが、
かなり具だくさんでした。

Yogyakarta201209-123


両方とも美味しくて大正解。
しかしこの店にはビールがありませんでした。
やっぱりイスラム教国ですね。

しかたなくコーラを飲みながら食べました。


関連記事