アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

PEN20110701.JPG


会社の同僚に「あんた絶対興味あるから」と言われて買いました。
確かにけっこう面白かったです。

活躍中・今後発売予定の機体の紹介、
格安航空会社と大手の違い、
世界で評価上位を占めるアジアの空港、
変わり行く日本の主要空港、
航空会社乗務員が紹介する世界の空港の穴場スポット、
などが記事になっています。

けっこう面白かったという前提でちょっと気になった点の羅列です。



エアバスの最新大型機のA380について。

機内の騒音が低いと書いてあります。
半年前、年末年始にバリ島に行くときに乗りましたが
ぜんぜん違いはわかりませんでした。

むしろ乗り降りに時間がかかって私的にはちょっとマイナスポイント。


格安航空会社。

記事がどうのこうのではなく、うまく使えばほんとに安いです。
私も2回ほど乗ったことがあります。

初めて乗ったのはタイのバンコクからウドンタニまでのノックエアー。
片道でしたがいきなり予約した便がキャンセル。
しかしなぜか座った席は前後だけやたらに広く
膝元に40cmぐらい余裕がありました。

特筆すべきはその安さ。
3バーツセールというキャンペーンで、
航空券自体はわずか10円程度、
税金を入れた総額でも2千円ちょっとでした。

もう一度はシンガポールからプーケットの往復に使ったエアアジア。
シルクエアが4万円に対して1万5千円ぐらいで安かったです。
席は前後が狭く前のシートにひざがついていました。

機内食は別料金ですが5、6百円程度で
エコノミークラスのわけのわからない食事より
ちゃんとした食事でおいしかったです。


今年の世界の空港ベスト3は
1位、香港国際空港
2位、チャンギ国際空港(シンガポール)
3位、仁川国際空港(韓国ソウル)
ですが全部行った事があります。

この中で私が好きなのは2位のチャンギ空港。
ここで食べたラクサはファーストフード的だけどうまかった。


新しくできた羽田空港新国際線ターミナル。

新・東京名所にとほめてありますがそれが最大の欠点。
レストラン街の江戸小路をほめてありますが、
飛行機に乗らない人で混雑して食事が大変。
江戸小路を使ってみた私の評価は最悪です。


そしてタイ国際航空の日本人CAが紹介する
バンコク・スワンナプーム空港のマッサージ&スパのお店。

私、2回行った事があります。
タイの市街地と比べると2倍ぐらいしますが、
日本と比べれば格段に安くてなかなかいいです。

1ヶ所しかないですが世界で最大の面積の空港なので
反対側にもう1ヶ所作ってほしいです。


そして先入観を覆す飛行ルート。

ヨーロッパへの乗り継ぎ便としてヘルシンキと
イスタンブールが実は日本から近いと紹介しています。

特にトルコ航空でイスタンブールで乗り継ぎを勧めていますが
トルコ航空はいまだにリコンファームが必要で、
一度乗ってそのめんどくささを経験した私はお勧めしません。


こんだけかけるという事は、まあ面白い本だということでしょうか?


関連記事
昨晩から咳がひどくなり薬を飲んで寝込んで休んでしまいました。

昼過ぎまで寝て調子がよくなりインターネットで航空券あさり。
エクスペディアで見つけてしまいました・・・・。

中国東方航空、バンコク発成田行き
上海乗り継ぎ片道航空券がなんと29,300円です。

やすい・・・、エアアジアより安いぞ。

ChinaEasernAir20120104.jpg


行きの特典航空券の税金等が2,540円だから合わせて31,840円。
年末年始にこの値段でしかも片道ビジネスクラスで
バンコク往復できるなんて超格安じゃないでしょうか?

まあ、上海で一度荷物を受け取らないといけないんですが。
入国審査と出国審査を同時に行う乗り継ぎ客専用ブースがあるようです。


しかし落ち着いて考えて見ると、
行きがUAのビジネスクラスの特典航空券で
帰りが上海乗換え便なんてえらくちぐはぐですよね?

往復ともUAのエコノミーの特典航空券にした方が素直ですよね。


まあ、評判の悪い中国東方航空、どんなもんかちょっと楽しみです。


関連記事
さて、まだ半年も先の話なのになんでそんなにあわてているのかと
不思議に思う方もいるんじゃないでしょうか?

まあ、たいていの日は結構空席があるのですが、
年末休暇の初日が多い12月29日のUAのバンコク行きの便の
ビジネスクラスは既にこんなに埋まっています。

1229BusinessSeat.jpg


これ見るとちょっとギョッとしませんか?
もうこんなに埋まってるんですよ。

でもファーストクラスは1席も埋まってないんですが。


ということで、もう年末の特典航空券(片道)を予約してしまった言い訳でした。

帰りの便を予約しないでそのまま帰ってこなくてもいいんだけど(笑)。


関連記事
12月29日のユナイテッド航空の成田発バンコク行きの便は
ビジネスクラスの通路側の席は既に残りわずか。

思案したあげく、片道で特典航空券が取れるのを思い出し
往路だけ予約してしまいました。

UA_NRT_BKK_20111229.jpg


ファーストクラスはまだ1席も予約が入っていないのを見て
もう少しまってファーストクラスで片道予約しようかとも思いましたが
帰りの便の選択肢がほとんどなくなるのでやめました。

エコノミーじゃなければ十分快適ですし。
ビジネスクラスでもフルフラットになるのでお釣りが来ます。


さて帰りの便ですが選択肢は3つ。

1、7月の旅行が終わってからエコノミークラスで片道特典航空券を予約する。
2、7月の旅行が終わってからマイルを購入してビジネスクラスで片道特典航空券を予約する。
3、タイ国際航空で6万円ちょっと払って片道航空券を予約する。
  席は空きさえあればプレミアム・エコノミーのちょっと広めの席を予約。

たぶん、2か3になるでしょう。

ちなみにユナイテッドでも片道航空券が買えますが、
エコノミーで往復9万円台なのが片道だと10万円以上していました。

まあ、一番席の残りが少ないところを抑えたので後は何とかなるでしょう。


関連記事
マイル口座明細.jpg


現在ユナイテッド航空のマイレージプラスのマイル数残高が約5万8千マイル。

7月にベトナム・ハノイに行って帰ってくれば6万5千マイルになって
年末年始のビジネスクラスのバンコク往復航空券が手に入るはずでしたが、
6月15日から制度が変わって8万マイル必要になってしまいました。
エコノミークラスでさえ6万マイルで足りません。

セイバーにすれば少ないマイル数ですみますが、
とっくの昔に空き席はまったくありません。

そこでどうするか考えました。
考えているうちに実用的な対策から妄想に変わっちゃいましたが(笑)。


まず、7月の旅行後、不足分のマイルを購入して、
あくまでビジネスクラスのバンコク往復航空券を手に入れる案。

1万5千マイルを購入すると米ドルで約519ドル。
今のレートで約41,500円なので年末年始の高い時期に
しかもビジネスクラスと考えれば安いものです。

12月29日発の席は既に埋まりつつありますが、
あと1ヵ月半ぐらいで全部埋まるとも思えないし
埋まっても1日ずらせばかなり空いていて一番現実的な案です。

提携カードで貯まるマイルもあるのでもう少し安くなるかもしれません。


第2案はビジネスクラスはあきらめて、
7月の旅行の後にエコノミークラスで特典航空券を予約する案。
プレミア会員なのでエコノミープラスの席が確保できますが、
せっかくためたマイルでエコノミークラスなんて魅力ありません。

年末年始の高い時期にタダでいけるというメリットは大きいですが・・・。


第3案は年末年始の特典航空券はあきらめて次に回し、
エコノミークラスの航空券を普通に購入するという案。

しかし、高いです。

ユナイテッド航空で92,460円、タイ国際航空だと119,100円もします。
ビジネスクラスがタダと思っていたのにエコノミークラスでこの値段はちょっと。


そこでこれだけお金を出すなら他の場所に変えたらどうかと見つけたのが、
KLMでスペインのバルセロナ往復航空券が126,920円というやつ。

ユナイテッドのマイルはたまらないけど、
タイにちょっと足すだけでバルセロナというのはいいかも。

しかし新年のカウントダウンは去年(バリ島)も一昨年(上海)もいまいち盛り上がらず
今年こそはタイのパタヤでドンチャン騒ぎ!と思っていたのでちょっと微妙です。

お金もかかるし・・・。


やっぱ初心貫徹、案1かなあ?


関連記事