アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



インドネシア、ジャワ島ジョグジャカルタのタマン・サリ

まあ、正確には旅の本ではないですが、
前から読みたかった本です。

1965年、独立と言えば聞こえはいいですが、
マレーシアからいわば捨てられたシンガポール。

淡路島ほどの国土で島にはスラム街しかなく
飲み水すらなく隣国マレーシアから輸入している国が
どうやってあの近代国家へ生まれ変わったのか、
それを成し遂げたリー・クアンユー元首相自ら語った本です。

日本語版は中古しかなく上下で1万円もしています。
英語版の中古なら900円であったので買ってしまいました。

英語の本は何度か挫折して途中で放棄しているのですが、
なんとかなるんじゃないかと買ってしまいました。

しかし到着して驚きました。

で、でかい!

SingaporeStory1.JPG

SingaporeStory2.JPG



ペーバーバックだと思い込んでいました。
ページを開く前から挫折しそうです(涙)。


関連記事
今回パタヤではサービス・アパートメントの
ベイウォーク・レジデンスに宿泊しました。

Baywalk Residence Pattaya


利用の仕方はホテルとほぼ同じですが、
ホテルよりサービスが充実していない代わりに
キッチンが用意されたり長期滞在向けになっている
というもののようです。

建物はビーチ・ロードに面していて道を渡ればすぐそこがビーチです。
コの字型の建物の間に入り口があります。

BaywalkResidence00.JPG

BaywalkResidence01.JPG

BaywalkResidence00b.JPG


泊まったのは Deluxe Room with Double Bed といタイプの部屋です。
1泊約6,000円で予約しましたが部屋の広さが45㎡もありました。
ソファーがゆったりしていて楽チンでした。

同じ値段のホテルなら30から35㎡というところです。

BaywalkResidence02.JPG


その代わり高級感はまったくなし。
石鹸、シャンプーなどはありましたが歯ブラシはありませんでした。

このタイプの部屋は入り口のすぐ脇にキッチンがありましたが、
水道があるだけで後は何も無く使い物になりません。

BaywalkResidence03.JPG


その隣には大きめの冷蔵庫がありました。

BaywalkResidence04.JPG


バスルームも広めでゆったりしてますが
このタイプの部屋にはバスタブはありませんでした。

BaywalkResidence05.JPG

BaywalkResidence06.JPG


一応バルコニーがあって椅子とテーブルがありました。
ここでくつろぐほどの広さはありませんが
洗濯物を干すのに重宝しました。

写真で向こう側に見えているのは
前回泊まったフィレイザー・リゾートのプールです。
日が当たらないプールで今回ホテルを変えた最大の理由です。

BaywalkResidence07.JPG


ドアの外は建物の外側で、
コの字型の建物の内側にある廊下です。
ドアはオートロックではなく一度カギを閉め忘れました。

BaywalkResidence08.JPG


屋上には小さなプールがあります。
日当たり抜群で、海が良く見えてリゾート感たっぷりです。

BaywalkResidence09.JPG

BaywalkResidence10.JPG


プール自体は意外と深くて、
私の背の高さと同じくらいの深さがあり、
水に使ってリラックスするなんてことはできませんでした。


BaywalkResidence11.JPG


広くてかなりコストパフォーマンスがいいですが、
帰りの空港までの車の運転手が英語もしゃべれないなど、
サービス面がちょっと値段に見合わない気がします。

オートロックじゃないし次回はどうするかなあと思ってましたが、
ご覧の通り次回は別のホテルを取ってしまいました。

しかし値段や立地と部屋の居心地のよさを考えると、
その次はまたここに泊まるかもしれません。


関連記事
唐突ですがパタヤのワット・プラヤイの続きです。

このお寺には曜日別の仏像があって
自分が生まれた日の曜日の仏像を拝むそうです。


まず日曜日の仏像です。

WatPhraYaiSUN.JPG


やっぱりこの目か・・。
顔がでかくてバランス悪い・・。

次は月曜日。

WatPhraYaiMON.JPG


特に感想はございません。

火曜日。

WatPhraYaiTUE.JPG


涅槃仏なのにどうしても昼寝にしかみえません。

水曜日。

WatPhraYaiWED.JPG


ゾウがひざまづいちゃってます。

なぜかもう一つ水曜日。
アバウトです。

WatPhraYaiWED2.JPG


水曜日生まれの人はお賽銭が2倍かかる仕組みです。

木曜日です。

WatPhraYaiTHU.JPG


ようやく週末、金曜日です。

WatPhraYaiFRI.JPG


若い女の子がありがたくなさそうな仏像を
熱心に拝んでいる様子は心が痛む温まるものがあります。

そして最後の土曜日です。

WatPhraYaiSAT.JPG


なんか蛇がいっぱい後ろにいて恐そう。

あとで調べたら私は土曜日生まれでした。

タイ人は生まれた日の色とか曜日とかまで
知ってなくちゃいけなくて大変ですね。


まさかこの写真を見て
是非行って見たいと思う人もいないでしょう。


関連記事
夏の旅行はベトナムのハノイに決定しました。

夏休みは7月~9月の間にどこか5日間の休みが取れるのですが、
7月に日程を決めて航空券、ホテルを手配してしまいました。

休みが確定するのはまだ先なのですが(笑)。


飛行機はまたまたタイ国際航空です。

成田からバンコク経由でハノイへ飛びハノイで5泊、
帰りにハノイからバンコクに飛んでパタヤで2泊、
そしてバンコクから羽田に飛んで帰国というプランです。

もちろんハノイ直行便というのもありますが、
ユナイテッドのマイルをためるために
スターアライアンスの飛行機に乗りたいというのが
タイ国際航空にした最大の理由です。

タイにもちょっと寄りたいし。

最近、タイ国際航空ばっかり乗ってます。
最悪の場合でもキャンセル料が1万円で済むのもいいです。


ハノイでの宿泊は旧市街にある Bao Khanh hotel です。

Bao Khanh hotel.jpg


場所はホアンキエム湖のすぐ西、旧市街のど真ん中です。
そこそこ良さそうなミニホテルを1泊USD55で予約しました。

ベトナムは8年前にツアーでホーチミンに行って以来。
アジアにはまるきっかけとなった旅行以来のベトナムということで
楽しみにしています。


そして帰りに立ち寄るタイのパタヤですが、
もともとバンコクのホテルをキープしていたのですが
キャンセルしてデュシットD2バラクーダ パタヤを予約してしまいました。

dusitD2 baraquda pattaya.jpg dusitD2 baraquda pattaya2.jpg


スタイリッシュなホテルで気になってはいましたが
高級ホテルで選択肢に入っていませんでした。

しかしチェックしてみたらホテル直接予約朝食無しで
一番安い部屋が2泊でちょうど7,000バーツ、1泊約1万円。
高いですが2泊だけなら手の届かない範囲ではありません。
というか日本ならビジネルホテルの値段です。

キャンセル不可の値段でちょっと迷いましたが
えいっと予約してしまいました。

ちなみに年末年始はパタヤでカウントダウンと思っていたので
値段を調べて見るとなんと1泊約2万円、
無理です、やっぱ安い時に泊まっておこう。


で、この旅行に行った後には
ビジネスクラスでバンコクの特典航空券が取れるだけ
ユナイテッドのマイルが貯まる見込みで、
貯まり次第、年末年始のバンコク往復航空券を
押さえてしまおうという魂胆です。


あとは予約した日程で休みが取れるように祈るばかりです。


関連記事
タイから帰ってきてから引いていた風邪が悪化して
今日は一日家で寝込んでいました。

夕方になってようやく調子がよくなってきて
インターネットで遊んでいます。


パタヤのスーパーでお土産用に
タイ料理キットをいくつか買ってきたのですが、
それを使って先日レッドカレーを作って見ました。

RedCurry01.JPG


箱の裏には作り方が英語、タイ語、日本語の3ヶ国語で書いてあります。

RedCurry02.JPG


まず水350mlを沸騰させて袋1の乾燥香辛料と
ミニトマト80g(オプション)を入れて3分間煮ます。

RedCurry03.JPG


次に袋2のココナッツミルクの粉を入れて2分間煮ます。

RedCurry04.JPG


そして袋3のレッドカレーのチリペーストを入れてよくかき混ぜてから
スライスした鶏肉150gを入れて45秒ほど煮ます。
実際には買ってきた鶏肉を全部入れたのでちょっと多めです。

RedCurry05.JPG


最後に袋4の調味ソースを入れてよくかき混ぜて火を止めます。

RedCurry06.JPG


ご飯にかけて完成です。

RedCurry07.JPG



水を多く入れすぎてしまいました。
ご飯も日本のよりタイのご飯の方が合うかも。

良く食べるレッドカレーとはちょっと違う味でしたが、
結構いけてておいしかったです。


関連記事