アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

バンコクが大変なことになってしまいました。

今まではデモと言っても町の中心部は無事だったのですが、
ついにビジネスの中心で観光客も多いシーロム通りで
爆破事件が起き死傷者が出る事態となってしまいました。

バンコク情勢が再び緊迫化、連続5回の爆発で3人死亡
2010年04月23日 09:33

rtr_getImg.jpg


[バンコク 22日 ロイター] タイの首都バンコクのビジネス街で22日夜、連続して5回の爆発があり、少なくとも3人が死亡、75人が負傷した。治安当局とタクシン元首相派のにらみ合いが続く中、再び緊張感が高まっている。

現場は、銀行やオフィスビル、ホテルなどが集まるビジネス街で、治安部隊が警備に当たっていた。病院関係者によると、負傷者のうち4人は重傷で、外国人2人が含まれている。

爆発は、M79と呼ばれる砲弾が撃ち込まれたことによるもので、現場には政府支持派が集結していた。M79は、犠牲者25人を出した今月10日の衝突で治安部隊に向けて発射されたのと同じタイプのもの。爆発の1回は、同国食品大手チャルーン・ポカパン・フーズの本社近くで起きた。

タクシン元首相派「反独裁民主統一戦線(UDD)」が交差点にバリケードを築いていた現場周辺には19日以降、ライフル銃などで武装した治安部隊が配備されていた。

政府当局は、M79はUDDが集結していたエリアの内側から発射されたものと指摘。一方、UDD側は関与を否定している。

テレビの映像では、現場の歩道に血が飛び散り、住民らが負傷者を救急車に搬送する様子が映し出された。

爆発の後、政府支持派は再び集結し、反政府派に向けてガラスびんや石を投げつけて攻撃。治安部隊が介入したが、反政府派も投石などで応酬した。

現地メディアは、これまでに5人の身柄が拘束されたと伝えている。


シーロム通りには歓楽街のパッポン通りがあり観光客が多く、
私も近くに2度宿泊したことがあります。
通りに面した安食堂は無事なのだろうか・・。

交差点を挟んでルンピニ公園側は反政府派のバリケードで
こんなことになってしまっているそうです。
Silom02.jpg
http://asiadiary.blog11.fc2.com/より無断借用)

去年の9月にインドの帰りに立ち寄った時の同じ場所です。
あの場所がこんなことに・・・。

Silom01.JPG


反対方向を向くとすぐにサラディーン駅があります。
このあたりに砲弾が打ち込まれたなんて・・。
なんてこった。

冗談じゃなく、気に入った安食堂が爆発に巻き込まれているかも。

Silom03.JPG


早く平穏な状況に戻って欲しいものです。


ソウルでの宿泊は東大門市場近くのニュー天地ホテルにしました。
2007年の正月にソウルへ行った時に使ったビジネス・ホテルです。

NewChonji01.JPG

ホテルの名前の右に書いてあるハングル文字はキャバレと読みます(笑)。

NewChonji02.JPG


朝食が9時からで誰も食べておらず
朝食会場の喫茶店も注文してからパンを買いに行くなど
事実上朝食なしと変わらないなどサービス面は良くないです。

でも部屋の設備は日本のビジネスホテルよりは良かったし
従業員の愛想も悪くないし、立地は便利だし、
夜寝に帰るだけの私にはさしたる不満もないので
他を探すのもめんどくさいとまたここにしてしまいました。

円高ウォン安のおかげで料金が前回の約半額の1泊4,000円というのも魅力です。

1階にはホテルの外から入るキャバレー(社交ダンスをするところ)があって
2階にはルームサロンがあるくせにレストラン一つなく、
怪しさぷんぷんのホテルですが、
まあ釜山で泊まった1泊2,000円の旅館よりは怪しくないです(笑)。


関連記事
ANA-SEL20100717.jpg


7月の3連休に韓国ソウル往復航空券を予約しました。
ANAで購入しましたが往復ともアシアナ航空運行便です。
時間もいいし、UAだとマイレージも100%積算されます。
ANAだと75%しか貯まらないんですよね。

ホテルは前回泊まったホテルを予約サイトでリクエスト中。
しかし前回一泊9,000円ぐらいで泊まったホテルがたった4,000円。
円高ウォン安のおかげです。

韓国は町並みが日本と同じで異国情緒はありあせんが、
韓国語が少し分かるので不安なく旅行できる国ではあります。

前回は1月で冬のソウルでしたが、
今回は夏のソウルということで楽しみです。

関連記事
昨日の昼休み、オランダ大使館に行ってきました。
大使館の庭を一般公開しているとかで、
私は興味がなかったのですが会社の同僚に連れて行かれました。

大使館内はオランダの法律が適用されるのでちょっとだけ海外気分です。
海外気分度3%ぐらい?(笑)。

入り口で配っている整理券を受け取って中に入り、
出る時に整理券を帰すと次の人に渡すというシステム。
つまり常時整理券の数だけしか中に入れないということです。

がらがらとおもいきや、
大使館の向かいの学校の入学式だったようで
入学式帰りの親子連れが列を作ってました。

Holand01.jpg

Holand02.jpg


それなりにきれいな庭ですが、
規模も小さく遠くからわざわざ見に行くほどのものではないかも。
私は昼食のついでだったのでぜんぜんOKです。

Holand03.jpg

Holand04.jpg


日本庭園風にならべられた丸い石の上を出口まで歩きました。


お昼にちょっと散歩に行くのにはいいかもしれません。
残念ながら公開は2日間だけだそうです。

携帯で撮影した汚い画像ですいません。

関連記事
マニラ3日目、帰国の日です。
朝、窓から見える雑然としたエルミタの町並み。

マニラはこれで最後かもなあ。

Manila1003-601.JPG


朝7時にホテルをチェクアウト。
レストランの朝食は7時半からと聞いていたのですが、
既に開いていて朝食を食べているお客さんがいます。

フロントの女性に聞くと6時半からだそうです。
空港に行く前に食べていくかときかれましたが
帰りの便までの時間はあるけど止めておきました。

空港までのタクシーを頼んでおいたのですが
朝の担当に話が伝わっておらず、
あらためてタクシーを呼んでもらいました。
前日に話をしたスタッフ、結構いいかげん。

10分ほどして来たタクシーに乗って、
ニノイ・アキノ国際空港に向かいました。
マニラもこれで見納めかもとタクシーから町を眺めました。

Manila1003-602.JPG

Manila1003-603.JPG

すごく気に入ったわけでもないのに
帰るとなるとなにかさびしくなるから不思議です。

マニラ湾沿いのロハス通りを走って空港へ向かいました。

Manila1003-604.JPG

Manila1003-605.JPG

Manila1003-606.JPG

Manila1003-607.JPG

軽い渋滞にはまりましたが時間に余裕も持って出たので問題なし。

Manila1003-608.JPG

渋滞や信号で止まっている車に新聞などを売り歩く人たち。

Manila1003-609.JPG

Manila1003-610.JPG


まもなく空港の第1ターミナルに到着。
この日も台北経由の乗り継ぎ便で1日がかりの移動です。

ニノイ・アキノ空港は車から降りて建物に入るところで
まず1度パスポートと荷物の検査があります。
ロビーは航空会社のチェックインカウンターがあるだけで、
ゆっくりしているような場所はありません。

列に並んでチェックインしてすぐに出国審査へ向かいます。
まずは空港使用料の支払いの窓口で750ペソを支払い、
続いて出国審査の窓口に進みます。

ここまででチェックインを除いて既に3度もパスポートを提示しています。

出発後のロビーで朝食を食べることにしました。
と言ってもかなり狭いロビーで店は少なく選択肢はほとんどありません。

中華のファーストフード店があったのでワンタン麺を食べました。

Manila1003-611.JPG

Manila1003-612.JPG

ペソを円に両替してから出発ゲートへ向かいました。
両替所も一人だけの小さな窓口が一つあるだけです。

出発ゲートへ行く通路の入り口でまたパスポートチェック。
そして通路の出口、というか出発ゲートの入り口でも
またパスポートチェック。

これ、ぜんぜん意味ないだろう!

しかも出発ゲート側のチェックはスタッフの気まぐれでしたりしなかったり。
私は通路に戻って写真を撮ってまた出発ゲートに行ったりしましたが
ぜんぜんチェックされませんでした。

出発ゲート前の待合室にはお土産を売る売店がありました。
台湾で買ったキーホルダーが壊れたので代わりのキーホルダーを購入。

Manila1003-613.JPG

ゲートに近い半分ぐらいの椅子は仕切りで囲まれており、
ここに入るのにまたパスポートチェックがあります。
イミグレーションを通った後にこんなにチェックしても
全然意味がないと思うんですけどねえ??

Manila1003-614.JPG


そして10時45分発のチャイナ・エアライン CI702便に乗って台北へ。
そう、行き先は台北です!
まだ帰国じゃないぜ~!(^.^)

と言うことで旅行気分継続です。

滑走路に向かう途中。
着陸しようとするフィリピン航空の機体です。

Manila1003-615.JPG

そして離陸。

Manila1003-616.JPG

あの高層ビル群はマカティかな?

Manila1003-617.JPG

マニラの町並みを見下ろしながら、
しだいにマニラから遠ざかっていきます。

Manila1003-618.JPG


機内食。
カレーかと思ったら違いました。

Manila1003-619.JPG

機内はガラガラ。
今回乗った4便で唯一ゆったりと座れました。

成田・台北間は台湾旅行の人で超満員、
往路の台北・マニラ間は小さい機体に変えられたようで
絶対人数は少ないけれど満席でした。

Manila1003-620.JPG

椅子と椅子の間にこんな足掛けのようなものが
付いていたのですがなんなんでしょう?
膝のちょっと下ぐらいの位置で使い方が良く分かりません。
付いていたのはこの便だけです。

Manila1003-621.JPG


そしてまもなく台北の桃園国際空港に到着。
出発するターミナルはスカイトレンで移動します。
チャイナ・エアラインの説明書は英語で Sky Train、
漢字ではただ電車と書かれていました(笑)。

Manila1003-622.JPG

Manila1003-623.JPG

帰りの出発ターミナルは行きよりは少し広くてまし。
日本との便はこちらのようです。

Manila1003-624.JPG

わずか1時間20分の乗り継ぎ時間の間に無理やり台湾気分を満喫(笑)。

前回の台湾旅行の時にカラスミを買ったお店。

Manila1003-625.JPG

良く分からないけど台湾気分なお店(?)。

Manila1003-626.JPG

アディダス。

Manila1003-627.JPG


そしていよいよほんとに帰国です。
台北14時5分発の CI018便で成田に向かって出発しました。

Manila1003-628.JPG


今回は乗り継ぎ便で移動時間が長くて疲れました。
成田からはいつもは京成線に乗るのですが、
今回は贅沢して成田エクスプレスに乗って帰りました。


-終わり-


関連記事