アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



インドネシア、ジャワ島ジョグジャカルタのタマン・サリ

今朝タイに無性に行きたくなったはずなのに、
暇つぶしがてらいろいろ考えていたら
インドネシアのジョグジャカルタ旅行を計画してました。
しかも結構具体的です(笑)。


インドネシア・ジョグジャカルタ
(マレーシア航空、クアラルンプール経由)

●9月19日
MH71 成田 13:30発 → KUL 19:40

クアラルンプール空港のサテライトビルにある
The Airside Transit Hotel で仮眠。
料金は6時間 Standard RM140 (23:00 - 05:00ぐらい)

●9月20日
MH857 KUL 09:15発 → JOG 10:50

●ジョグジャカルタに5泊(9月20日~9月24日)

ボロブドゥール、ブランバナンなどを観光。

●9月25日
MH856 JOG 11:40発 → KUL 15:10着
MH88 KUL 23:30発 → 翌日9月26日 成田 07:40着


妄想といいつつ結構ありそうな日程ですね。
今から有給頼んでおくか?(笑)。

関連記事
やばいです。
タイ音楽のビデオクリップ見たら
無性にタイに行きたくなっちゃいました。

タイ音楽のメロディーってタイ旅行中の感覚を思い出させるんですよね。

Tai Orathai - Gin Kao Ler Yang



ギン・カオ・レ・ヤン?って「ご飯食べた?」って意味ですよね。
私が知っているほんのわずかなタイ語のうちの一つ。
歌いだしでいきなり意味が分かる言葉が出てきてビビリました。

タイの挨拶はサワディー・カップ(カー)ですけど、
これはほんの数十年前にある人が作った言葉だそうで
それまでは「ご飯食べた?」が挨拶代わりで今でも使うそうです。


関連記事
先月は韓国の釜山、今月は台湾に行ったばかりなのに
気分的にはもうずいぶん旅行していないような感じです。

そこで次の旅行の妄想一覧です(笑)。


◇トルコのイスタンブール

ここは行って見たいですねえ。
窓を開けるとブルーモスクが見える安宿に泊まってみたいです。
ってそれ、まんま深夜特急だろ。

航空券調べて見ましたがさすがに高いですねえ。
12万円ぐらいはしそうですねえ。
早く下がれ、燃油サーチャージ。

そんななかでも候補はアリタリア航空と大韓航空です。
両方ともスカイチームで、イスタンブールに行くとマイレージがたまって
二の足踏んでたフィリピンのマニラにただでいけます(笑)。

特にアリタリア航空だとローマ経由。
なんかヨーロッパ経由だと遠回りしたようで
どうも損したような気がしてたんですが、
イスタンブールってコンスタンティノープル、
つまり東ローマ帝国の都じゃないですか。

ローマ帝国の東西の都に一度の旅行で行くなんていいかも。
でも旅費が高すぎていつなることやら。


◇フィリピンのマニラ

だいぶ前にガイドブック買っちゃったし(笑)。
しかし、イスタンブールに行ってからノースウエストの
特典航空券で行くのが順当かと。


◇ベトナムのハノイ

ツアーで行ったホーチミンだけだとベトナムに失礼(?)だし、
やっぱ首都のハノイにも一度行って見なくては。
ハノイはどうもノスタルジックな町なような気がするんですが?

一瞬、ハノイから鉄道とバスで中国の昆明に行き、
大理経由で麗江にも行って見たいなと思いましたが、
そんなことやってたら3週間ぐらいかかって会社くびでしょう(笑)。


◇イランのテヘランとエスファハン

エスファハンのイマーム広場には絶対一度行って見たいです。
でもこれはハードル高そうだなあ。


◇タイのチェンマイ

3回もタイに行っているのにまだ行ったことがありません。
そろそろ行って見たいかも。

タイの場合、バンコクにも2~3泊は寄ってみたいのが
日程上ネックですねえ。
と言っても去年のプーケットはシンガポール経由だったし。

タイ国際航空が便利そう。
行きはバンコクにストップオーバーして、
後はゆっくりチェンマイ旅行なんていいかも。

出来たらチェンマイからチェンライ経由でメーサイへ行き、
ミャンマーのタチレクへ一日入国なんてのもいいかもしれません。

しかしそんなことやってたら2~3週間かかって会社くびでしょう(笑)。


◇上海

意外といいかも。
でも最近大都会つづきなんでどうだろう?



いろいろ妄想してますが・・・
現実を直視しなきゃ!



とりあえず安い航空券が見つかったらそこへ行けという事だな。

関連記事
最近テレビはほとんど見てないのですが、
偶然、世界一受けたい授業と言う番組で見ちゃいました。

最初のコーナーがアメリカ人(たぶん)の教授に、
日本のこういうところが海外とは、外国とは違うと
日本と海外の違いを指摘させる内容でした。

海外ってどこの国だよ?
勝手に全世界を代表してしゃべんじゃねーよ!

見てればアメリカにはない、
アメリカやイギリスにはない、
欧米にはない、イコール海外にはない。
ほとんど自分の国とは違うって言ってるだけじゃねーかよ!

そのうちのいくつか。

食堂で料理の写真で選べるのはいい。
こういうのは海外にはない。

その前に食券販売機の話だったのですが、
そのついでに料理の写真で選ぶのが日本独特だとか言ってました。

ふーん。

シンガポール

Pho1.JPG

Pho2.JPG


韓国

Pho3.JPG


あるじゃん、海外に。


それからウォシュレット。
もともと医療用にアメリカで開発されて日本で一般的になったとか。

これもトイレットペーパー文化の自分の国とだけ比べてじゃないの?

台湾のホテルのウォシュレット

Wo1.JPG


トイレットペーパーを使わず水で洗う文化の国では
ウォシュレットより強力なハンドシャワーを良く見ます。

タイ

Wo2.JPG

Wo3.JPG

Wo5.JPG


シンガポール

Wo4.JPG


水でお尻を洗うのなんて
むしろ日本より海外(あえて)の方が盛んなんですけどね。


それから食堂で出るお手拭。
日本独特で海外にはないそうです。

韓国

Ote1.JPG

Ote2.JPG


あるじゃないか、海外に!


多種多様な文化を持った世界の多数の国を、
よく恥ずかしげもなく一まとめに海外って言えるもんです。

まあ、頭の中、海外と言えば欧米、
それもせいぜいアメリカ、イギリス、フランスぐらいしか
想像できない連中が作った番組でしょうね。

それでアジアといえば中国と韓国の事でしょ、どうせ。


海外とか外国とか、どこの国の事ですか?
アメリカってはっきり言ったらどうなんだ。

関連記事
淡水線で中山站へ戻る途中、剣潭站で途中下車して
士林夜市にちょっと寄って見ることにしました。

駅のすぐ横に食べ物屋さんがたくさん入った建物がありました。
ここはものすごい人ででした。

Taipei501.JPG

Taipei502.JPG

同じように見えても満員の店とがらがらの店とはっきりしてますね。
私も適当に混んでいる店に入って焼きそばみたいなのを食べて見ました。

そのあとは別の場所の小物などを売っている店の夜市へ行きましたが、
そこは人もまばらで売っている物もばったもんみたいなのばかりでした。
さっさと切り上げて駅に行き、ホテルへ戻りました。

Taipei503.JPG



いよいよ台北最後の夜。

最後にちょっと軽く飲んでくつろぎたいなと思いましたが、
近くには台湾人向けのクラブらしき店しか見つかりません。

かなり高い店もあるらしいので適当に入るわけにも行かず、
ホテルでもらったパンフレットに載っていた
2時間飲み放題1,500元(約4,200円)のセット料金がある
少し離れた日本人クラブへ行きました。

中に入ると結構感じのいい落ち着いた雰囲気でした。
まだ時間が早いせいか他のお客さんは2組ぐらいしかいません。

席に着くと女性がぞろぞろやってきて、
私一人に6~7人もつきました。
ちょっと料金を心配しましたがセット料金のみでOKでした。

しかし私の隣に座った女性に話しかけられて
二人で話していると残りの女性は何もしゃべらず
笑みを浮かべながら全員じっと私の方を見ていました。

なにこの雰囲気?
もういごこち悪いったらありゃしない。

正面のちょっとベテランそうな女性に
もっとみんなでわいわい話さないの?と聞くと
二人で話しているのに割り込むと悪いですからという答え。
なにそれ、大勢いる意味がないじゃん?

そうこうしている間にだんだんお客さんがやってきて、
女性は一人を残してみんないなくなりました。

やがて店のチーママが私の横にやってきて、
今晩のお相手は決まりましたか?と耳打ちしました。

そうか、そういう事だったのか。
ようはさっきの女性たちはその中から一人
今日のお持ち帰りを選べという事だったのね。

今日は飲むだけね、と答えました。
お持ち帰りもいいですけど、ちょっとそういう気分では・・。

客層は日本人サラリーマンばかりでお疲れ様とか
日本語が飛びかって日本語でカラオケしてるし、
予想はしていたものの完全に浮いていました。


2時間セットですが1時間ぐらいで切り上げてホテルに戻り、
ホテルのフロントのおじさんにどこかショット・バーがないか聞きました。

イギリス式のパブは二駅先の駅の近くの農安街という通りに多いそうで、
紙にメモを書いてもらってタクシーに見せてその通りに向かいました。


しかしその通りはそんなに繁華街ではなく、
どこにそんな店があるんだという感じでしたが
ちょっと歩くと入り口から中のカウンターが見えている店があり、
感じのいいおばあさんとお客さん一人が座っていました。

さっそく中に入りました。
おばあさんは日本語は少しだけだけど英語が上手でした。
お客さんも一人旅の日本人でした。
30代前半に見えましたが大学生の頃はバックパッカーで、
今も年5回ぐらい旅行をするそうです。

どこの国が良かったですかとかたわいもない話を
日本語と英語と混ぜこせで3人で話してました。
ネパールは良かったとか、ミャンマーは行く必要ないとか、
インドは苛酷な環境に耐えられるなら行ってみればとか、
まあ、そんな話です。

ようやく最後にしっくりする飲み屋さんを見つけました。
小瓶のビールを3本ほど飲んでからホテルに帰りました。


翌日朝7時頃ホテルをチェックアウトして、
MRTで台北站まで行ってリムジンバスに乗り空港へ行き、
午前11時のユナイテッド航空838便で無事帰国しました。

-終わり-


関連記事