アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

釜山の宿泊先はチャガルチ市場近くの旅館、三原荘(サムウォンジャン)です。
http://www.samwonjang.com/

一泊27,000ウォン(約2,000円)の安宿ですが、
若い社長さんが日本語ペラペラで日本人に人気の宿のようです。
社長さん、ちょっと関西なまりです(笑)。

私が泊まったときも宿泊客は日本人ばかりで、
観光シーズンは日本人の予約でいっぱいになるそうです。

12-BUSAN01.JPG

三原荘がある細い通りは、ノレパン(カラオケボックス)が半分、
ホルモン焼きの食堂が半分並んでいるようなところです。
裏道になっているようで結構車が通ります。

12-BUSAN02.JPG

入り口を入ると薄暗い廊下にカウンターがあります。

12-BUSAN03.JPG

部屋の中は以外にも明るくてきれいです。
だだ、ゴミ箱の絵とか子供部屋を連想させます(笑)。

12-BUSAN04.JPG

12-BUSAN05.JPG

ヘヤードライヤー、歯ブラシ、髭剃りなど一通りのものはありますが、
ホテルみたいにこまめに毎日新しくはしてくれません。
掃除は毎日社長さんがしていましたがゴミは片付けてくれませんでした。
頼めばやってくれそうでしたがどっちでもいいのでほっときました。

浴室はシャワーのみ。
洗面台の水道からもお湯が出ます。

12-BUSAN06.JPG

冷蔵庫に水のペットボトルが2本入っていますが初日のみ。
廊下におおきな水タンクが付いた給水機があって
もっと欲しければこれで汲めという事のようです。
ある意味かえって便利でした。

12-BUSAN07.JPG


部屋の中の暖房は床暖房で寒くはないけど
外出から帰ったときに冷えた体を温めるのには向きません。
エアコンはクーラーのみです。

ベッドにホットカーペットのようなものがしいてあって
背中は暖かいですが布団は夏掛けみたいに薄いです。

これが韓国では普通のようです。
スエットなど暖かい寝巻きが必須です。

女性一人のお客さんが泊まっていたり、
廊下からおばあさんとお孫さんが日本語で話す声が聞こえたり、
日本人宿のようになっていて安心して泊まれると思います。

アパート借りて住んでいるような錯覚に陥りそうな
安宿好きには居心地のよい宿でした。

関連記事
2008年12月26日から30日まで、
4泊5日で韓国の釜山に行ってきました。

航空券が37,710円、安旅館に泊まった上にウォン安で
宿泊代は一泊約2,000円と格安の旅行でした。

成田発が夕方5時40分のノースウエスト航空で釜山へ向かい、
空港から釜山駅行きのリムジンバスに乗りました。

ガイドブックには1番のリムジンバスと書いてありますが
リムジンバスの番号が1番で乗り場は1番ではなく2番でした。
ハングル文字が読めるのですぐに気が付きましたが、
ご利用の際はご注意を。

南浦洞(ナンポドン)のバス停で降りてチャガルチの旅館
三原荘(サムウォンジャン)に着いたのは夜9時半ごろでした。


場所は怪しい看板が並ぶ怪しい細い道でした。
そしてこの怪しい入り口(笑)。

11-BUSAN01.JPG


11-BUSAN02.JPG


入り口を入って薄暗い廊下にあるカウンターで
夜の晩のおじいさんから部屋の鍵を受け取りました。
日本語がペラペラの社長さんがいるのは昼間だけで、
料金の支払いは翌日社長さんが来てからになりました。

このおじいさんがやさしそうな感じのいい人でちょっと安心。
部屋に入ると薄暗い廊下とは打って変わり明るくてきれいでした。

さっそく歩いてすぐのチャガルチ市場の前の通りの食堂に夕食を食べにいきました。

11-BUSAN03.JPG


店の上に並んだ料理の絵にヌタウナギとカタカナで書いてあるのを見つけ、
ウナギの炒め物か、おいしそうだなと勘違いしてそれを注文しました。

11-BUSAN04.JPG

しかし目の前で作ってくれた料理に魚らしきものはなく、
イカのゲソか何か食べているようなコリコリした食感でした。
ちょっとがっかり。
料金は1万ウォン、約750円です。

11-BUSAN05.JPG


せっかくなので近くをちょっとうろうろして初日は終わりました。

関連記事
busan.JPG



今日、釜山から帰ってきました。
魚の市場と港の町でソウルとは一味違いました。
初日が寒波で寒かったけどだんだん暖かくなって
昨日の昼間はぽかぽかしてました。

さて、次は年明けの台北だ(笑)。

関連記事
明日の夕方のノースウエストで釜山に行ってきます。

という事で飛行機、
既にオンラインでチェックインしちゃいました。

いまいちメリットがわかんないんですが
1時間前までに行けばいいみたいなんで
それがメリットと言えばメリットですかね。

たぶんろくに観光もせず、
家でごろごろしている代わりに
釜山でぶらぶらしてると思います。

下手したら旅館でごろごろか?(笑)

では!

関連記事
backpack.JPG


新しいバックパックに試しに荷物を詰め込んでみたところ、
思いつくままに押し込んだら上の方がスカスカでした(笑)。

入れ忘れているものを追加してもまだ上の方が空いています。
セーターもう一枚突っ込んでも大丈夫だなあ。

入っているのはほとんど着替えだけです。
贅沢に寝巻きも入ってるんですけど。

5年前に旅行を始めた頃は
もう一回り大きいキャリアケースを使っても
入りきらなくて減らすのに苦労してたのに、
いったい何をそんなに入れていたのか
今となっては全然思い出せません(笑)。

以前のバックパックが36Lで今度のが40Lで
4Lほど大きいですが、それでもこんなに余るとは。

まあ、お土産でも買って入れましょうか。
キムチや魚は関税で没収かな?

関連記事