アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

今日の午前中、仕事で移動に山手線に乗りました。
乗っていた電車が途中の駅が終点で乗り換えになりました。

みんな降りたけど隣に座っていた外人の親子連れと、
同じく外人の30代ぐらいの明らかに旅行者の男女二人連れが
気が付かないで座ったままでした。

隣の人は知らない言葉で話していたので、
英語が通じないかもと思い身振り手振りで教えました。

ホームに次の電車が到着したときに、
さっきの二人連れの女性の方が新宿に行くかと
英語で聞いたのでYESと答えました。

しばらく隣でたってました。

二人して電車の路線図を眺めてましたが
今どこにいるのか、新宿駅がどこなのか分からない様子。
代々木駅で新宿?と声をかけてあと二駅だと教えてあげました。

海外旅行をした時に地元の人に助けてもらったのを思い出し、
恩返しのつもりでへたくそな英語でちょっと手助けしてみました。

女性の方にショッピングに行くのかと聞かれたけど、
残念ながら仕事だと答えました。
(だだワークって言っただけですが(笑))

どこの国の人か知らないけど、
たぶん彼らも自分の国で困っている外国人に
親切にしてあげてくれるでしょう。

関連記事
遅いっつうの!

すでに原油価格は1バレル50ドル程度となり、
ピーク時の140ドル以上から約1/3に下がっています。
なのに値下げは1月からと遅いです。

旅行会社の販売手数料をなくしたのは直販の意思の表れだったはず。
しかし直販で航空券を買うような人は各社の値段を比較して
不当に燃油サーチャージが高い日系2社からは買わないでしょう。

ちなみにタイ国際航空は11月6日発券分から早々と値下げ。
日本-タイ間の燃油サーチャージは100ドル(約9千6百円)です。
アライアンスを組んでいるANAは現状2万円、
1月から値下げしても1万2千5百円です。

航空会社のサイトで日本・バンコク往復航空券の値段を調べたら、
12月11日発の14日現地発(日付は適当に選びました)の最低料金が

ANA ・・・・・・・・ 支払総額 83,630円 (運賃39,000円)
タイ国際航空 ・・ 支払総額 64,530円 (運賃40,000円)
と出ました。

私だったら当然タイ国際航空で買います。


追記
ちなみにユナイテッド航空では現地発が早朝と条件が悪いですが、
現地発15日早朝で支払総額 58,580円というのがありました。
燃油サーチャージ・税金は 37,980円とANAに近いですが、
内訳として書いているだけで実質安い航空券では
燃油サーチャージの金額が意味を持たなくなっています。
(追記ここまで)

---
トラベルビジョン
日系2社、燃油サーチャージ値下げ、欧州、北米、豪州など1万1000円減に
http://www.travelvision.jp/modules/news1/article/php?storyid=38876&ranking081122_02a

[掲載日:2008/11/18]
 日本航空(JL)と全日空(NH)はそれぞれ、2009年1月1日から3月31日発券分に適用する燃油サーチャージ額を全方面で引き下げ、国土交通省に申請した。8月から10月のシンガポールケロシン市況の価格平均が1バレルあたり115.92米ドルであったことから、適用基準が従来の140米ドル基準台からランクを3つ下げた。

 方面別の燃油サーチャージはJL、NHとも同レベルで、北米、欧州、中東、オセアニア方面は従来より1万1000円安い2万2000円。インド、ハワイ方面は従来の7500円減となる1万4500円の設定となった。詳細は下記の通り。


▽JL燃油サーチャージ1区間片道(2009年1月1日から3月31日発券分)
方面:改定後/現行
韓国:2500円/4000円
中国、台湾、香港:6000円/1万500円
グアム、フィリピン、ベトナム:7500円/1万3000円
タイ、シンガポール、マレーシア:1万2500円/2万円
インドネシア、インド、ハワイ:1万4500円/2万2000円
北米、欧州、中東、オセアニア: 2万2000円/3万3000円
ブラジル: 2万6000円/3万8000円


▽NH燃油サーチャージ1区間片道(2009年1月1日から3月31日発券分)
方面:改定後/現行
韓国:2500円/4000円
中国、台湾、香港:6000円/1万500円
ベトナム、グアム:7500円/ 1万3000円
タイ、シンガポール、マレーシア:1万2500円/2万円
ハワイ、インド:1万4500円/2万2000円
欧州、北米、中東: 2万2000円/3万3000円


関連記事


今日は私の誕生日です・・・この年じゃめでたくない。

関連記事
前回のクアラルンプール・シンガポール・プーケット旅行で
安食堂を中心に食べた食べ物たちです。
既出の写真も多々ありますがご容赦を。


まずシンガポールのラベンダー・フード・スクエアで食べたラクサです。
この旅行で食べたものの中でまずかったものNo.1です。

01raksa.JPG



そしてラベンダーで泊まったホテルの向かいの食堂で食べた
汁なし麺と豆腐のセットです。可もなし不可もなし。

02MenToThofu.JPG



マレーシア、クアラルンプールのアロー通りで食べた雲呑麺(ワンタンミー)。

03Wantanme.JPG


同じくサテー。

04sate.JPG



マレーシア、クアラルンプールで泊まったビンタン・ワリサン・ホテルで
朝食に食べたナシルマです。

05nasiruma.JPG



マレーシア、クアラルンプールで適当に入ったインド食堂で食べたカレー。

06cary.JPG



マレーシア、クアラルンプールの新峰肉骨茶で食べた肉骨茶(バクテー)。
肉以外にもなんか具が欲しかったです。

07bakute.JPG



マレーシア、クアラルンプールのオールドチャイナ・カフェで食べたラクサです。
これはこの旅で一番おいしかったです。
スパイスが効いてて汁をすすってると鼻からむせます。

08raksa.JPG



マレーシア、クアラルンプールのアロー通りで食べた汁なし雲呑麺(ワンタンミー・ドライ)。
麺とは別にワンタン入りスープが付いてきます。

09WantanmeDry.JPG



マレーシア、クアラルンプールのクアラルンプール駅で朝食に食べた
ダンキンドーナッツ(笑)の朝食セット。
写真見て選んだら思ったよりパンが一回りでかかった。

10pan.JPG



シンガポール、ブキスのレストラン・ザムザムで食べたムルタバです。

11murutaba.JPG



そしてシンガポール、ブキスのブギス通りでたべたドリアンです。
ねちょねちょして私はあんまり好きじゃないです。

12dorian.JPG



シンガポール、ブキスの宿泊したホテル近くの中華食堂で食べたフィッシュ・ボールです。

13Fishboll.JPG



同じ食堂で食べたこの旅三回目のラクサです。
横にある飲み物はミルク・ティー。
アジアびとさんに習った通り「テー」と言ったら出てきました。

14rakusa.JPG



タイ、プーケット、パトン・ビーチのレストラン・サバイサバイで食べたレッド・カレー。
おいしかったけど、ちょっと具が入りすぎ。

15RedCary.JPG


いっしょに食べたヤムウンセンです。これも肉が入りすぎ。
量が多すぎて一人じゃ食べ切れませんでした。

16Yamunsen.JPG


プーケットで泊まったロイヤルパーム・リゾーテルで食べた朝食です。
なんて事は無い朝食バイキングです。
ただし海を見ながら食べる朝食はなかなか気分がいいです。

17asameshi.JPG



プーケットのレストラン・ビレイで食べたカオマンガイ(チキンライス)。
地元の人が来る店でなかなかおいしかったです。
朝食を食べてからあまり時間がたっていなかったので小盛りです。

18kaomangai.JPG



シンガポール、リトルインディアで食べたバリヤーニです。
一緒に頼んだマサラ・ティーがスパイシーで癖になりそうでした。

19bariyani.JPG



そして最後にB級グルメとは言えませんが、
シンガポール、ラッフルズホテルのロングバーで飲んだ
元祖シンガポール・スリングです。
これを飲んでから日本のシンガポール・スリングは
水みたいで飲めなくなりました。

20SigaporeSling.JPG



適当な食堂で適当に頼んだのが多いですが、
こう見るとそれなりにおいしそうなもの食べてますねえ。

値段は結構お安めですが(笑)。

関連記事
前回のクアラルンプール・シンガポール・プーケット旅行で
バックパックを紛失したと言う事はご報告しましたが、
その後、代わりに使ったバッグがこれです。

MainBag.JPG


クアラルンプールのチョウキットの市場で
たった10リンギ(約300円)で購入したバッグです。

サブバッグとこのバッグの2つだけで
マレーシア、シンガポール、プーケットと
3カ国・10日間も旅行しちゃいました。
こんな安バッグでよく壊れなかったものです。

もう二度と使わないことはほぼ確実なので、
何十リンギもするバッグを買う気がしませんでした。
まあそれでも1,500円とかだったんですけどね。

このバッグを部屋まで運んだ
プーケットのホテルのボーイさんも驚いたことでしょう。

空港まで乗ったタクシーの運ちゃんも
トランク開けてからこの荷物を見て、
あっという感じで閉めてました。

スーパーのビニル袋で旅行した人の話がありますが、
ちょっと大げさじゃない?と思ってましたが
今だったら必要に迫られれば出来ちゃう気がします(笑)。

関連記事