アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



インドネシア、ジャワ島ジョグジャカルタのタマン・サリ


1月2日、いよいよ帰国です。
この日はまず台湾に行きトランジットで一泊します。

朝、ホテルのレストランでいつもと同じ朝食をとりました。

PhnomPenh201412-801.jpg


ガゾリンの屋台が通ります。

PhnomPenh201412-802.jpg

PhnomPenh201412-803.jpg


まだ出発まで時間があるので近くのカンダル・マーケットに行ってみました。
ホテルの横のバー街も見納めです。

PhnomPenh201412-804.jpg

PhnomPenh201412-805.jpg


カンダル・マーケットは一本隣の通りにあります。

PhnomPenh201412-806.jpg


市場の中に美容室が数軒固まってありました。
市場と美容室というミスマッチが面白かったです。

PhnomPenh201412-807.jpg

PhnomPenh201412-808.jpg

PhnomPenh201412-809.jpg


時間になってホテルをチェックアウトして
頼んでおいたタクシーでプノンペン国際空港に向かいました。

空港につき少し待ってからチェックイン。

PhnomPenh201412-810.jpg


搭乗ロービーは小さいながらもレストランや本屋もあって、
このレベルの空港としてはいい方じゃないかと思います。

PhnomPenh201412-811.jpg

PhnomPenh201412-812.jpg


この日乗るのは台北行きのエバー航空 BR266便です。

PhnomPenh201412-813.jpg


台北桃園国際空港に到着すると外にある9番のバス乗り場に行き
この日宿泊する台北ノボテル桃園国際空港ホテルの送迎バスに乗りました。
送迎バスは30分に1本しかありませんが10分待ちでした。

PhnomPenh201412-814.jpg


台北ノボテル桃園国際空港ホテルは空港に隣接してあります。
すぐにホテルに着きチェックイン。

PhnomPenh201412-815.jpg

PhnomPenh201412-816.jpg


こんな立派なレセプションのあるホテルにはめったに泊まりません。

PhnomPenh201412-817.jpg


泊まった部屋は Standard King Room で朝食付きで約1万3千5百円でした。

行きに泊まったホテルは空き部屋がなく、
台北市内に泊まると空港へ行くタクシーで4千円ぐらいかかるので、
それならここの方がいい部屋に泊まれていいかとここにしました。

なかなか綺麗ないい部屋です。

PhnomPenh201412-818.jpg

PhnomPenh201412-819.jpg

PhnomPenh201412-820.jpg


さて1階にあるビュッフェスタイルのレストランで夕食を食べましたが、
880元(約3,300円)もして驚きました。
空港で食べてくればよかった。

PhnomPenh201412-821.jpg

PhnomPenh201412-822.jpg

PhnomPenh201412-823.jpg


料理は悪くありませんが値段に見合っていません。
台湾ビールがあったのが救いです。
1本部屋に持ち帰りました。

PhnomPenh201412-824.jpg


久しぶりに刺し身を食べました。

PhnomPenh201412-825.jpg


夕食後はせっかく高いホテル(自分比)に泊まったので中を少し見て歩きました。

PhnomPenh201412-826.jpg

PhnomPenh201412-827.jpg

PhnomPenh201412-828.jpg

PhnomPenh201412-829.jpg


入り口の横にあったバーラウンジに入ってみました。
こちらは飲み物一杯が200元から300元ぐらいで
先ほどのレストランよりはリーズナブルです。

PhnomPenh201412-830.jpg


女性二人のバンドが生で歌を歌っていました。
キーボードで伴奏していたお姉さんが超美人でした。

PhnomPenh201412-831.jpg

PhnomPenh201412-832.jpg


リクエストも受け付けてなかなか良かったです。
リクエストがあるたびにパソコンで曲を確認していて、
歌を歌っていない時間が長かったのがちょっと残念。

ともかくなかなかいい雰囲気で長居してしまいました。
部屋に帰って、持ち帰った台湾ビールが半分しか飲めませんでした。


翌朝、部屋の窓から見た風景です。
空港の真横で正面には中華航空のビルがありました。

PhnomPenh201412-833.jpg


廊下の端の窓からは滑走路の端で飛行機がUターンする場所が正面に見えていました。

PhnomPenh201412-834.jpg


朝食後、送迎バスに乗って空港に向かいました。
バスは無料ですが事前予約が必要です。

PhnomPenh201412-835.jpg


すぐに台北桃園国際空港の第1ターミナルに到着。

PhnomPenh201412-836.jpg

PhnomPenh201412-837.jpg


11時10分発のバニラエアー JW102便で成田空港に向かいました。

PhnomPenh201412-838.jpg

PhnomPenh201412-839.jpg


途中で富士山がよく見えていましたが、
通路側の席に座っていてうまく写真が撮れませんでした。


ー 終わり ー



大晦日、夕方6時から飲んでたら飛ばし過ぎで眠くなり、
9時頃仮眠を取るつもりで寝たら目がさめたのが12時10分過ぎでした。
という事で年越しの瞬間は寝てました。
ちなみに日本時間の年越しの瞬間も寝てました。

起きてホテルの外に出たらホテル横のバー街は
トゥクトゥクや屋台の車で渋滞してました。

PhnomPenh201412-701.jpg


ホテルのレストランの前には身長190cmぐらいある
女装した白人のおっさんが立っていました。
新年早々変なもの見ちゃいました。

PhnomPenh201412-702.jpg


さて年越しで盛り上がってる様子でも見に行くかと、
隣のバー街を歩き出すと寝る前に一緒に飲んでいた女の子が立っていて、
10mぐらい歩いただけで捕まってしまいました。

鴨がネギしょってきたとは正にこの事です。
もちろん私がネギしょった鴨です。





翌朝遅く起きて朝食を食べたあとは、
メコン川が見たいので遊覧ボートに乗りに
歩いて5分ぐらいのところにあるボート乗り場に行きました。

PhnomPenh201412-705.jpg


しかし遊覧ボートが出るのは夕方だけで、
昼間はチャーターになって25ドルもするそうです。
遊覧ボートならたった5ドルです。

PhnomPenh201412-704.jpg


メコン川はあきらめて、もう少し歩いたところにある
ワット・プノンに行くことにしました。

途中でバレーボールをやっていました。
1チーム4人でやっていてかなりハードそうでした。

PhnomPenh201412-703.jpg


ワット・プノンは小高い丘の上にある小さなお寺ですが、
1372年に建てられたプノンペンで最も由緒あるお寺だそうです。

PhnomPenh201412-706.jpg

PhnomPenh201412-707.jpg


もうちょっと高い丘にあるのかと思ったら、
階段をちょっと上るだけでした。

PhnomPenh201412-708.jpg

PhnomPenh201412-709.jpg


初詣なので一応お賽銭を1ドルあげました。
寄付を入れるプラスチックケースが置いてあるだけです。
日本の神社みたいな賽銭箱を置いておくと寄付が増えるんじゃないでしょうか。

PhnomPenh201412-710.jpg


本堂はこことは別に有ります。

PhnomPenh201412-712.jpg


本堂もそんなに大きくはありません。

PhnomPenh201412-713.jpg

PhnomPenh201412-714.jpg


まわりは花もあってのどかです。
気温も暑すぎず半袖でちょうどいいぐらいで快適でした。

PhnomPenh201412-715.jpg


退屈そうな白人の少年たち。

PhnomPenh201412-716.jpg

PhnomPenh201412-717.jpg

PhnomPenh201412-718.jpg


初詣も終わったしホテルに戻りました。

PhnomPenh201412-719.jpg


近所の食堂で食事をしたあと、
ホテルのバルコニーからトンレサップ側を眺めていると
右の方にメコン川との合流点が見えているのに気が付きました。

なんだ、ここからでもメコン川見えてるじゃん。
毎日見ていたのに気が付きませんでした。

夕涼みがてら合流点の近くまで散歩する事にしました。
トンレサップ川沿いの遊歩道は夕涼みする人が大勢出ていました。
王宮の前のあたりまで歩いて行ってみました。

現地用の低性能スマホしか持っていなかったので写真の写りが悪いですがご容赦ください。

PhnomPenh201412-720.jpg


この辺まで来るともうメコン川かなり近くに見えます。
遊覧ボート、乗る必要なかったな。

PhnomPenh201412-721.jpg


王宮前の道路は大混雑でした。

PhnomPenh201412-722.jpg


メコン川も見ることが出来たし、
しばらく夕涼みしてからホテルに戻りました。


大晦日の朝、ホテル1階のレストランでトンレサップ川を見ながら朝食です。

PhnomPenh201412-600.jpg

PhnomPenh201412-601.jpg

PhnomPenh201412-602.jpg


出てくるものは毎日同じです。

なのにケチャップが出てきたり出てこなかったり、
コーヒーがポット(?)で出てきたりカップだけだったり、
店員のレベルが低く同じサービスが出来ません。
よく4つ星ホテルだなんて自己評価したもんだわ。


この日はオルセーマーケットに行ってみました。
ホテル前のSt.136を西に真っすぐ歩いて、
まずはセントラルマーケットまで行きました。

PhnomPenh201412-603.jpg

PhnomPenh201412-604.jpg

PhnomPenh201412-605.jpg

PhnomPenh201412-606.jpg


市場の中の食堂街が喫茶店代わりです。

PhnomPenh201412-607.jpg


セントラルマーケットからシャルル・ド・ゴール通りを西南に歩きます。

PhnomPenh201412-608.jpg

PhnomPenh201412-609.jpg


セントラルマーケットからすぐのところにある、
プノンペン・ソリヤ・トランスポートのバスターミナルです。

時刻表を見るとホーチミン行きやシェムリアップ行き、
ポイペット経由バンコク行きのバスなどが載っていて
旅行者心をくすぐられてテンションが上ります。

PhnomPenh201412-610.jpg

PhnomPenh201412-611.jpg


モニポン通りを渡って左に1本入ります。

PhnomPenh201412-612.jpg

PhnomPenh201412-613.jpg

PhnomPenh201412-614.jpg


ミシン屋さんが何軒も並んでいました。
中古品を扱っているようで、店先で手入れをしていました。

PhnomPenh201412-615.jpg

PhnomPenh201412-616.jpg


左手にオルセーマーケットが見えてきました。
セントラルマーケットよりかなりローカルな雰囲気です。

PhnomPenh201412-617.jpg

PhnomPenh201412-618.jpg

PhnomPenh201412-619.jpg

PhnomPenh201412-620.jpg


裏側に出たようですがそのまま中に入ってみました。

PhnomPenh201412-621.jpg


1階は食料品の店が並んでいます。

PhnomPenh201412-622.jpg

PhnomPenh201412-623.jpg


2階に上がってみました。
かなり通路が狭いです。

PhnomPenh201412-624.jpg

PhnomPenh201412-625.jpg

PhnomPenh201412-626.jpg


ローカルすぎて見るものもなく、すぐに外に出ました。
建物のまわりをぐるっと歩いてみました。

PhnomPenh201412-627.jpg


ドリアンです。
ちょっと食べてみたかったけどパックが大きすぎました。

PhnomPenh201412-628.jpg


ぐるっと回って正面ゲートの前へ。

PhnomPenh201412-629.jpg

PhnomPenh201412-630.jpg


バスが止まっているのが見えました。
キャピトル・ゲストハウスだなと思い行ってみました。
プノンペンの代表的なゲストハウスだそうです。

PhnomPenh201412-631.jpg


1階には同じ経営のキャピトル・ツアーとレストランが有ります。

PhnomPenh201412-632.jpg

PhnomPenh201412-633.jpg


まだ12時少し前でしたが昼食を食べることにしました。
注文したコーラとお茶のポットが出てきたところで
トイレにいって戻ってきたら全部片付けられていました。

台北空港のホテルと合わせてこの旅行2回めです。
ちょっとむっとしました。

さて昼食は中華麺です。
まあまあですかね。

PhnomPenh201412-634.jpg

PhnomPenh201412-635.jpg

PhnomPenh201412-636.jpg


この辺はバックパッカーが宿泊するゲストハウス街のようですが、
特に泊まってみたく成る雰囲気ではありませんでした。
夜になると屋台が出るようなのでまた違うかもしれません。

昼食後はSt.51経由でホテルに戻りました。

PhnomPenh201412-637.jpg

PhnomPenh201412-638.jpg



午後は近くのマッサージ店に行きました。

オイルマッサージ2時間で18ドルでした。
若い小柄な女の子だったけど結構力が強くて上手かったです。


ホテルに帰ったあとは遅めの昼食をとりました。

PhnomPenh201412-501.jpg


近くの食堂でメニューの英語を見て適当に注文。

PhnomPenh201412-502.jpg

PhnomPenh201412-503.jpg

PhnomPenh201412-504.jpg


ご飯パサパサですがおかずはおいしかったです。
ちょっと量が少なめ。

その後は24時間営業のバーでビール!
頭蓋骨の事を忘れないと・・。

PhnomPenh201412-505.jpg


飲んでいると他の席の白人が頼んだ出前が美味しそう。
お昼が少なめで食べ足りなかったので、
料理の名前を聞いて出前先の斜向かいの食堂に行きました。

料理の名前はバイセクモアンだそうです。
手羽先の形の鶏肉を唐揚げにしてご飯に乗せた料理です。

PhnomPenh201412-506.jpg


これもご飯はパサパサだったけど鶏肉はうまかった。


さて夜はゴールデン・ソリヤ・モールに行ってみました。
歩いても行けますがバイクタクシーで行ってみました。

PhnomPenh201412-507.jpg


中央のあたりは結構お客さんがいました。

PhnomPenh201412-508.jpg

PhnomPenh201412-509.jpg


ビリーヤードをやっていました。

PhnomPenh201412-510.jpg

PhnomPenh201412-511.jpg


ゲームセンターがありました。

PhnomPenh201412-512.jpg

PhnomPenh201412-513.jpg

PhnomPenh201412-513b.jpg


やっぱり他の店はシャッターが閉まっていました。

PhnomPenh201412-514.jpg

PhnomPenh201412-515.jpg


開いている店を見たら美容室でした。

PhnomPenh201412-516.jpg


結局、ビールの一杯も飲まずに退散しました。

PhnomPenh201412-517.jpg


ゴールデン・ソリヤ・モールの向かいにある
ディスコの Heart of Darkness です。

PhnomPenh201412-518.jpg


まわりににもバーがあったので行ってみましたが、
混んでいたのでそこで飲むのは止めました。

PhnomPenh201412-519.jpg


モールの前に屋台もあって、
カンボジア人はそっちで食事していました。

PhnomPenh201412-520.jpg

PhnomPenh201412-521.jpg


これだったらホテルの近くで飲んでいた方がいいと、
またバイクタクシーで St.136 に戻りました。