アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

パタヤで食べた料理です。
まずは宿泊した 18 Coins inn のレストランで食べた料理。

201312Pattaya-401.jpg


豚肉とカシューナッツの炒めもの。
写真の写りが悪いですが、おいしいです。

201312Pattaya-402.jpg


牛肉のオイスターソース炒め。
これも美味しいけどこの時のはちょっと肉が硬かったかも。

201312Pattaya-403.jpg


どちらもご飯付きで400円ぐらいだったと思います。


次はウォーキング・ストリートのゲート近くにある食堂。
ゲートの前をサウス・ロードをビーチと反対方向にちょっと歩くと左側にあります。
はじめてパタヤに来た頃はよく行ってました。
地元風な店ですが場所柄外国人のお客さんが多いです。

201312Pattaya-404.jpg


ここで食べた炒飯。
オプションで目玉焼きを乗せました。
タイ米の炒飯はご飯がぱらっとして美味しいです。

201312Pattaya-405.jpg



そしてソイ・ブアカオにある、18 Coins inn から
100m か 200m ほど歩いたところにある食堂。
安いのにまともな食事が食べられるのがいいです。
一品100円とか150円で食べられます。

この辺で長期滞在している外国人はよく知っていて、
昼食時は満席で座れないことも多いです。

201312Pattaya-406.jpg


豚肉とバジルの炒めもの。
ご飯に乗せてオプションで目玉焼きを乗せました。

201312Pattaya-407.jpg

日本でタイ料理屋に行くとメニューにガッパオって書いてありますが、
タイで地元風の店でガッパオと言っても通じませんでした。

ガッパオはバジルの事だそうで、
向こうからすれば単にバジルって言われても何のことだ?
という感じだと思います。

なんというのが正しいのか分かりませんが、
私はただ単語を並べて注文してます。

パット・ガッパオ・ムー、カーウ、カイダーオ。
炒める・バジル・豚肉(鶏肉ならガーイ)、ご飯、目玉焼き、という感じです。

目玉焼きはオプションなので頼まないと乗せてくれません。
目玉焼きは別料金ですがそれでも150円ぐらいです。

それから炒飯。
小さいライムみたいなマナウを絞ってかけると美味しいです。

201312Pattaya-408.jpg



夜飲み歩いた後に夜食に屋台で買ったパッタイです。

201312Pattaya-409.jpg



ソイ・ブアカオを南に歩いてサウス・ロードに突き当たる手前で
週一回市場が開かれる場所の屋台で食べたクイッティオです。

201312Pattaya-410.jpg

201312Pattaya-411.jpg


量は少なめでしたが美味しかったです。


ウォーキング・ストリートから脇に入った路地で食べたぶっかけご飯。
エンジェル・ウィッチとかがある通りです。
けっこう辛かった。

201312Pattaya-412.jpg



屋台で買った揚げ物。
ならんでいるソーセージとかを選んで
その場であげてもらいます。

201312Pattaya-413.jpg


一緒に付けてくれるキュウリが
甘辛いタレにつけて食べると結構いけます。

バーに入ってもつまみなんて置いていないので
屋台で買って持ち込んでツマミにします。

ナッツとかないのかと聞くと、
セブンイレブンで買ってこいと言われます(笑)。


昼間、小腹がすいた時に、
屋台でとろみの付いたスープのクイッティオを見つけて
買ってバーに持ち込んで食べました。
これははじめて食べました。

201312Pattaya-414.jpg


昼間っからビール飲みながら
持ち込んだそばを食べるというゆるさ。
あーだこーだいちいちうるさい日本じゃできません。
だからタイが好き、という感じです。


最近 Robin’s Nest Bar & Restaurant に行ってないなあと思い行ってみて、
最近食べてない日本人が思い浮かべる典型的なタイ料理のトム・ヤム・クンの
鶏肉版 トム・ヤム・ガーイを食べてみました。

201312Pattaya-415.jpg


これが大失敗。
なんか入れるものが足りないぞというスープでまずかった。
このレストラン自体はちゃんとした店なんですけどね。

201312Pattaya-416.jpg


日本のタイ料理屋はこれでもかというほどタイっぽくしてますが、
こてこての観光客向けのレストラン以外は
実際現地でレストラン入ると白人向けの普通の店で
大画面液晶テレビでサッカーを流してたりします。

タイ料理食べながらコーヒー飲むなんて感じになるわけです。

201312Pattaya-417.jpg



改めて食べたものを並べるとたいしたもん食ってませんねえ(笑)。

まあ、何度もタイに行ってれば(20回以上行ってます)
あれが食べたいというのも無くなって日常の食事を
ただ近くの店に行って食べてるだけってなりますからね。

お陰で日本に帰ってからタイ料理屋に行くと
タイっぽく見せる演出が逆に日本っぽっく感じられて
最近はあまり日本でタイ料理屋に行かなくなりました。


パタヤはビーチ沿いに細長く広がった町ですが、
中規模の飲み屋街はあちこちにあります。

タイ最大の繁華街ウォーキング・ストリートは別格としても
けっこう盛り上がっている飲み屋街も何ヶ所か有ります。

まずはウォーキング・ストリートに次ぐ
第2の繁華街に急成長してきた Soi LK Metro です。
LK Metro Hotel を囲むようなL字型の路地です。

以前ホテルを探す時はビーチロード沿いの
ウォーキング・ストリートに近いホテルを探していましたが、
今は Soi LK Metro の近くが条件です。

201312Pattaya-301.jpg

201312Pattaya-302.jpg

201312Pattaya-303.jpg


シャンパンがリニューアルしていました。
以前は古き良き時代の雰囲気の店でしたが、
最近のきれいな店の雰囲気に変わっていました。

201312Pattaya-304.jpg


他にも何軒か新しい店ができていました。
この通り、古い客が入らない店がどんどん潰れて
そこにどんどん新しい店ができていきます。

201312Pattaya-305.jpg

201312Pattaya-306.jpg


元旦の夜のビデオ。
iPhone5で撮ったらくねくねして見づらくなってしまいました。




L字の曲がり角にある店 Billabong です。
大きめの店で昼間っからまったりビールを飲むのに最適。
昼間飲みに行ってもおばさんしかいませんのであしからず。

201312Pattaya-308.jpg

201312Pattaya-309.jpg




こんな新年のお供え物が出てました。

201312Pattaya-307.jpg



次は Soi 7、8 のバー・ビア街です。
通り2本にわたってたくさんのバー・ビアがあります。
ゴーゴー・バーもありますが場末感たっぷりです。

ここは数回しか行ったことが無いです。
ここで飲むには片言程度のタイ語は必要かも。

201312Pattaya-310.jpg

201312Pattaya-312.jpg

201312Pattaya-313.jpg

201312Pattaya-314.jpg



そして Soi Diana Inn にある小バー・ビア街。
道沿いと奥の2列で10軒ぐらいのバー・ビアがあります。

Soi LK Metro から歩いてすぐなので、
LK に飽きたらちょっとこっちで一休み、
なんて感じで飲むのにいいかもしれません。

201312Pattaya-315.jpg


その間にも何軒もバーが有ります。

イギリス人のじいさんと飲んでて、
イギリス人の中で飲む羽目になりました。

201312Pattaya-317.jpg



そして Soi 6 です。
ここは他の飲み屋街と違ってちょっと独特。
ここでは説明できませんので自分で調べてください。

ソイの番号は Soi 7 の次ですが、
間に大型ホテルが並んでいて
かなり北パタヤ方面に行った場所にあります。

ここは昼間っから若い女の子がいます。
ここも片言ぐらいのタイ語力は欲しいかも。

イギリス人のじいさんに連れて行かれた店 Spider Girl Bar です。

201312Pattaya-316.jpg




他にも Action Street とか Drinking Street とか
R-Con Blue Ocean Tahtree とかいろいろありますが、
閑古鳥が鳴いている飲み屋街もたくさんあります。

やはり自然に発展してできた飲み屋街は強いけど、
作為的に飲み屋街にしようとしてもうまくいかないようです。


ということでウォーキング・ストリートに飽きたら
他の気に入った飲み屋街でまったり飲むのも悪くありません。



ホテルの紹介の続きです。

3泊目以降に泊まったのはソイ・ブアカオにある
18 Coins Inn Pattayaです。

年末年始は他のホテルは2倍以上に値上がりしていましたが
ここは普段と変わらずスーペリアルームで一泊3千円でした。

実は夏頃暇つぶしに年末年始のホテルを見ていたら
第一候補のホテルが既に満室だったので、
booking.com でここが現地払いキャンセル無料だったので
とりあえず押さえておいて結局そのまま泊まりました。

201312Pattaya-200.jpg


話によると一時9千円まで上げたみたいですが
さすがにこのホテルでその値段は無理があり予約が入らなかったのか
また年末間近には元の3千円に戻したみたいです。
(その値段だったら詐欺です)

今回で泊まるのは2回めですが、
前回はスーペリアルームを予約したにも関わらず
どうもスタンダードルームに泊まらせられたようで
今回はテーブルがあるかと期待しましたが
やっぱりありませんでした。

写真には出てるんですけどねえ。

201312Pattaya-201.jpg

201312Pattaya-202.jpg

201312Pattaya-203.jpg

201312Pattaya-205.jpg


部屋は簡素ながらひとりなら十分。
でも小さくていいからテーブルは欲しいので
ここはホテル選びの第一候補にはならないですね。

窓の外は隣の安宿のベランダでした。

201312Pattaya-206.jpg


バスルームは湯沸し器のシャワーです。
シャワーブースにはちゃんとカーテンが有り
床も高さ10cmぐらいの仕切りがあって
トイレの床に水が流れることはなく使いやすかったです。

201312Pattaya-207.jpg

201312Pattaya-208.jpg


今回の部屋は2階で出入りは楽ちんでした。
部屋の近くの階段を降りるとレセプションの脇に出ました。

201312Pattaya-209.jpg

201312Pattaya-210.jpg


ホテルの入口にはレストランがあって、
レストランの奥にレセプションがあります。

このレストランはタイ料理が美味しくて気に入っています。

201312Pattaya-211.jpg


まあ悪くはないですがとにかく安くということであれば
回りにたくさん安宿があるので特にオススメではありません。

他は予約サイトなどで予約できないところも多いので
予約できる安宿としては選択肢の一つだと思います。


年末年始はタイのパタヤで新年を迎えました。

のっけからなんですが、パタヤで年越しも3年連続で
そろそろ今年は別の場所を探そうかなという感じです。

楽しいのは楽しいんですが、
世界中から来た観光客がものすごい数で、
わざわざメインの繁華街以外でばかり飲んでいて
どんちゃん騒ぎの年越しが目的で行ったはずなのに
それをさけて歩いていました。

さて簡単に泊まったホテルの紹介です。

今回はデルタ航空に乗りました。
成田空港では自動チェックイン機を利用。
横に係員がついていたけど意味あるんだろうか?

201312Pattaya-101.jpg

201312Pattaya-102.jpg


深夜1時頃に空港に到着。
タクシーでパタヤに向かいましたが
高速道路はガラガラで過去最速の1時間15分でパタヤにつき
ホテルには3時ちょっと前にチェックインしました。

最初、はじめの2泊はバンコクの予定でしたが
デモの状況が怪しいので全てパタヤに変更して
急遽予約したのがThe Green View です。

1泊5千円ぐらいで若干割高感あり。
普段がいくらぐらいなのかは分かりません。

agodaにはホテルとしか書いてありませんが
The Green View の看板にはサービスアパートメントと書かれていました。

部屋はまあまあきれいな部屋でしたが4階でエレベーターなしでした。

201312Pattaya-103.jpg

201312Pattaya-104.jpg


バスルームはトイレとシャワーブースの区別がありません。
シャワーは湯沸かし器式です。

201312Pattaya-105.jpg

201312Pattaya-106.jpg

201312Pattaya-107.jpg

201312Pattaya-108.jpg


このシャワーはかなり問題です。
天井から吊るすタイプのシャワーを壁につけて
水が斜めにしか飛びません。

201312Pattaya-109.jpg


水はけも悪くすぐに床に水がたまります。

201312Pattaya-110.jpg


さて場所ですが、
ウォーキングストリートからちょっと入ったところで、
エンジェル・ウィッチやワッツ・アップなどの
ゴーゴーバーや食堂がある通りにあります。

泊まった部屋の窓から外を見ると
向かいにワッツ・アップが見えました。

201312Pattaya-111.jpg

201312Pattaya-112.jpg


さてagodaのレビューにもあった通りスタッフの対応が最悪です。
といっても特定の一人。

一番偉そうにしてる女性スタッフが最悪。
セーフティーボックスの使い方を教えてもらった時、
二度間違えたら金切り声を上げて
ちゃんと見てないからだろう!と怒られました。

わからないから教えてもらってんだろ、
てめーそれが客に対する態度かとムカッときましたが
どうせ2泊だけだしもう二度と泊まらないと決めて放っておきました。

タイには日本みたいなお客様は神様です
みたいな考え方はないですがそれにしてもひどすぎ。
接客態度、過去最悪。

ということでここはお勧めしません。