アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



インドネシア、ジャワ島ジョグジャカルタのタマン・サリ

3日目の朝は5時半にはホテルをチェックアウトしました。

雨が降っていて本館に行くのに少し濡れました。

私のチェックアウト作業をしているホテルのスタッフに
横から大声でずっと話しかける中国人のおばさんがいました。

おかげでチェックアウト作業に手間取っているので
英語でおばさんに、今オレがチェックアウトしてるんだ、待ってろ、
と強い口調で言うと、小さな声で Yes と言って消えました。

それなりの身なりをした人でもこの程度か。
やっぱり中国人は好かん。

ホテルで頼んだ車は少し高かたけど、
フォルクスワーゲンの大きな車で快適でした。

Beijing201307-501


さすがに朝早いので順調に空港に到着。
早朝ですが空港には結構混んでいました。

Beijing201307-502


この日乗るのは中国国際航空の
羽田行き直行便のビジネスクラスです。

本当はたまっていたマイルで予約できる
エコノミークラスが良かったのですが、
乗り継ぎ便で到着時間がよくない便しか空席がなく
足りないマイルを購入してビジネスクラスにしました。

それでも往復2万4千円ぐらいで済み、
エコノミークラスをまともに買う半額以下でした。

空港に到着して掲示板を見ても、
中国国際航空のビジネスクラスの
チェックインカウンターの場所が出ていません。

案内係に聞くと一番端にありました。

Beijing201307-503


チェックインカウンターのスタッフに
ビジネスクラスラウンジの場所を聞くと
ただ向こうだとだけ言われました。
それ出国審査の方向じゃないかよ。

イミグレーションの後かと聞くとそうだと言いました。
ラウンジの場所さえ教えないサービスレベル、さすがです。

Beijing201307-504


出国審査を済ませるともうあまり時間がないですが、
どんな感じかビジネスクラスラウンジに行ってみました。

Beijing201307-505

Beijing201307-506


チェックインカウンターの印象で
あまり期待してなかったですがいいじゃないですか。

Beijing201307-507

Beijing201307-508


10分でこれだけかき込んで搭乗ゲートへ行きました。

Beijing201307-509


空港はスモッグだけでも霞んでいるのに
さらに雨のせいでこんな視界でした。

Beijing201307-510

Beijing201307-511


乗るのは朝8時45分発のCA181便です。
ここまではオンスケジュール。

Beijing201307-512


ビジネスクラスはがらがらでした。

私と日本人ビジネスマン1人と子供2人連れの中国人女性だけ。
なのに私は日本人ビジネスマンの隣の席。
席を変えてくれというとあっさり変えてくれました。

Beijing201307-513

Beijing201307-514


時間通りにゲートを離れて動き出しました。
しかしここから大幅ディレイ。
離陸の待ち行列がなかなか進まないとかで全然離陸しません。

このままじゃ到着時間になっちゃうぞと思い始めた
11時にようやく離陸しました。
ビジネスクラスにした甲斐があったというものです。

離陸待ちの間に飲み物をすすめられましたが、
コーラを頼むと氷なしのぬるーいコーラが出て来ました。

もうお昼ごろにようやく朝食が出てきました。
エコノミークラスかと思うような簡単な食事でした。
食器だけビジネスクラス。

Beijing201307-515


ちゃんとしたカップのコーヒーで
なんとかビジネスクラス気分です。

Beijing201307-516

Beijing201307-517


私のテーブルは右側が浮いていました。

日本人ビジネスマンを見ると
テーブルがV字型に折れ曲がっていましたが、
中国の航空会社なんてこんなもんと思っているのか
気にせず食事をしていました。

私なんか、隣の席が空いているんだから
そっちに移ればいいのにと思っちゃうんですが。


中国国際航空、よくはないですがなんとか我慢出来る範囲。
近距離だったら安ければ使ってもいいかなという感じです。


しばらくして窓から伊豆七島が見えて来ました。

Beijing201307-518


2時間遅れましたが無事羽田空港に到着。

Beijing201307-519


朝早い便にしておいてよかったです。


ー 終わり ー



ホテルに戻って一休みしたあとは、
あまり遠くに行くのは止めて王府井大街に行きました。

端から歩いてみようということで、
東長安街から行ってみました。

Beijing201307-401

Beijing201307-402


2両連結のバスが走ってました。

Beijing201307-403

Beijing201307-404


大通りを歩いていると、
遠くがスモッグで霞んでいるのがよくわかります。

Beijing201307-405


王府井大街に到着。
まあ、前日の夜にも来ているんですが。

Beijing201307-406

Beijing201307-407


前日の夜にビールを飲んだ店。

Beijing201307-408


大きなビルの並ぶ通りで人も大勢いるのですが、
ちょっと入ってみたく成るような店が皆無。
見栄で作ったハリボテの町って感じです。

Beijing201307-409

Beijing201307-410


まだこっちの方が面白いと王府井小吃街に入りました。

Beijing201307-411

Beijing201307-412

Beijing201307-413


串にたくさん刺さってるこれ、サソリですよ。
何匹か動いていてひぇ〜〜!って感じです。
とても食べられません。
もちろん焼くんでしょうけど。

Beijing201307-414

Beijing201307-415


これなら飲めます。

Beijing201307-416

Beijing201307-417

Beijing201307-418


しばらくぶらついてからホテルに戻り、
ホテルのレストランで夕食を食べました。

お客さんがいなくてがらがら。
ちょっといやな予感が。

Beijing201307-419


まずはビール。
お昼に飲んだノンアルコールビールと同じ銘柄です。

Beijing201307-420


料理は炒飯と肉を煮込んだ料理を注文。

Beijing201307-421


しかし肉料理はジャガイモばっかり。
炒飯は2〜3人分の大皿。

炒飯は半分も食べきれず、
肉料理はお腹いっぱいでジャガイモを食べず、
北京最後の食事なのにちょっと不満足。

これでは収まりがつかず、
どこかでビールを飲もうと外に出かけました。

しかしいい店がありません。

Beijing201307-422


実は裏に回れば王府井大街も
観光バスで団体客が乗り付けていました。

Beijing201307-423

Beijing201307-424


仕方なくホテルに戻ろうとしましたが
ビールだけでも飲んでみようと、
ホテルの入口の前の店に入って見ることにしました。

Beijing201307-425


店の雰囲気は悪くありません。

Beijing201307-426


ビールだけ頼むのも気が引けるので、
つまみに豆腐料理を注文しました。

Beijing201307-427

Beijing201307-428


お腹いっぱいですが料理も完食。

ビールを飲み終わると目の前のホテルに戻り
荷物をパッキングして寝ました。


翌朝5時半にはホテルをチェックアウトして
朝8時45分の便で日本に帰国です。


地球の歩き方を見ると王府井大街に出る手前に
香港美食城というレストランが出ていたので、
そこで昼食を食べることにしました。

Beijing201307-301


しかし香港美食城の少し手前で、
レストランのメニューに北京ダックが出ているの見て、
やっぱ北京に来たら北京ダックだろうと、
そのレストランに入ってしまいました。

Beijing201307-302


中に入ってみるとなかなか立派な中華レストランでした。

Beijing201307-303


飲み物にライトビールを注文したつもりが
ノンアルコールビールでした。

ところがこれが結構うまい。
同じ銘柄の普通のビールよりこっちの方がうまかったです。

Beijing201307-304


そしてお目当ての北京ダック。

Beijing201307-305


何か野菜をと注文した瓜料理。
肉が沢山入っていて肉料理2品になってしまいました。

Beijing201307-306


主食はお粥です。

Beijing201307-307


値段はそれなりにしたけど、
まあ良かったんじゃないでしょうか。

Beijing201307-308


店を出て少し歩くとすぐに香港美食街の前に出ましたが、
店は既につぶれてました。


さて次はどこに行こうか考えましたが、
またチケットを買うのに長時間並ぶのはいやなので、
中国の古い町並みを改装して新しい店にしたという
南鑼鼓巷へ行って見ることにしました。

王府井大街を横切ってさらに歩き、
地下鉄5号線の灯市口駅へ行きました。

Beijing201307-309

Beijing201307-310


王府井大街を通りすぎて更に東へ。

Beijing201307-311

Beijing201307-312


かなり歩きましたが散歩気分なので問題なし。

Beijing201307-313


駅がなかなか見つかりませんでしたが、
道路を渡ったところのビルにありました。

Beijing201307-314


北新橋駅で下車して今度は西に歩きました。
なんか無駄に歩いた気がしないでもないですが。

Beijing201307-315

Beijing201307-316

Beijing201307-317


しばらく歩いて南鑼鼓巷に到着。

Beijing201307-318


もう少し古い町並みを想像していたのですが、
若者向けの店が並ぶ通りでした。
雰囲気と客層は原宿の竹下通りみたいな感じです。

Beijing201307-319

Beijing201307-320


中国の古い町並みではなくちょっと期待はずれ。

ただ、すごい人出で人気のある通りのようなので、
せっかくなので端まで歩いて見ることにしました。

Beijing201307-321

Beijing201307-322

Beijing201307-323

Beijing201307-324


結局、また中国人の人並みに揉まれての観光でした(笑)。

Beijing201307-325

Beijing201307-326

Beijing201307-327



南鑼鼓巷を端まで歩くと、
大通りでタクシーを拾ってホテルに戻りました。

もう足が棒のようになってました。


2日目、1日だけの北京観光の日です。

ここにだけは行きたいと思っていた
紫禁城(故宮)へ行くことにしました。

泊まったホテル、左側が私の泊まった建物です。

Beijing201307-201

Beijing201307-202


ホテルを出ると南河沿大街を歩いて
東長安街に出て天安門に向かいました。
天安門はホテルから歩いて20分ほどの距離です。

Beijing201307-204

Beijing201307-205

Beijing201307-206


天安門が見えて来ました。
観光客でいっぱいです。

Beijing201307-207


ほとんど中国人の団体観光客のようです。
一瞬ひるみましたが中国人の列に加わって紫禁城の中へ突入。

Beijing201307-208


中に入ってからさらにもう一つ門をくぐらないと
入場券売り場に着きません。

Beijing201307-209

Beijing201307-210


ようやく入場券売り場に着くと
たくさんある窓口全部に長い行列が出来ていました。
中国人、ちゃんと列に並んでます。

Beijing201307-211


50分並んでようやく入場券が買えました。
いよいよ紫禁城の中へ。
(ここも一応中ですが)

Beijing201307-212


太和殿前の広い広場に出ました。
ここは本当に広いです。

あれだけの数並んでいた観光客がまばらにしか見えません。

Beijing201307-213


ただ、敷地だけがやたらと広いので
思ったより大きなお城だという感じを受けません。

映画ラストエンペラーで
皇帝の溥儀がテニスをしていたのはこの辺らしいです。

Beijing201307-216

Beijing201307-217

Beijing201307-214

Beijing201307-215


日本だったらこれだけの敷地があったら日本庭園を作りそう。

太和殿、紫禁城の正殿で
近くに来るとそれなりに大きいです。

Beijing201307-218


太和殿の右側から更に奥へ。

Beijing201307-219


中和殿と保和殿です。

Beijing201307-220

Beijing201307-221


乾清門を通って内廷へ。

Beijing201307-223

Beijing201307-224

Beijing201307-222

Beijing201307-225


乾清宮が見えて来ました。

Beijing201307-226


この辺になると大勢の観光客が狭い場所に集まってきて大混雑です。

Beijing201307-227


交泰殿と坤寧宮まで来ると中国人団体客でいっぱい。

Beijing201307-228


くそ暑い中ずっと歩いて疲れたし、
もう十分見たということで外に出ることにしました。

今まで歩いてきたところを戻り東華門から外に出ました。
入場券を買うのに並んだ時間を含めて2時間で観光終了です。

Beijing201307-229

Beijing201307-230

Beijing201307-231


天安門と違ってあまり人がいません。

Beijing201307-232



そのまま東へ歩き、昼食を食べる場所を探しました。