アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

ルアンパバーンも最終日です。
お昼の便でタイへ移動します。

移動の前に朝の散歩です。
サッカリン通りやメコン川をもう一度見に行きました。

LuangPrabang201306-801

LuangPrabang201306-802

LuangPrabang201306-803

LuangPrabang201306-804


朝食はサッカリン通り近くでトマト入りの麺。

LuangPrabang201306-805


ホテルに戻り10時にチェックアウトして、
頼んでおいた車で空港へ向かいました。
15分ほどで空港に着いてしまいました。

LuangPrabang201306-806


乗るのは12時45分発のバンコクエアウェイズ PG942便。
まだ2時間半もありますが小さな空港で時間をつぶす場所がありません。

LuangPrabang201306-807

LuangPrabang201306-808


とりあえずチェックイン。
チェックインカウンターもいたって質素。

LuangPrabang201306-809


搭乗券はこんな簡単な札でした。

LuangPrabang201306-810


とりあえずバンコクエアウェイズのラウンジへ行きました。
ラウンジは小さな部屋一つで他には誰もいませんでした。
冷房がガンガンに効いてました。

出国審査前の位置にあったのが残念。

LuangPrabang201306-811

LuangPrabang201306-812


あまりに寒いので早々とラウンジを出て、
出国審査を済ませて出発ゲートへ行きました。

LuangPrabang201306-813


う〜ん、売店すら無い。
ゲートは1番のみ。

しばらく待ってようやく出発です。
ゲートのドアから歩いて飛行機へ行きました。

ラオス航空機、はじめて見ました。

LuangPrabang201306-814


乗る飛行機の機種は来た時と同じようですが、
外の絵が違います。

LuangPrabang201306-815

LuangPrabang201306-816


時間通りに出発、バンコクのスワンナプーム空港へ向かいました。

LuangPrabang201306-817


飛行機の窓から眺めるタイは平野が広がり、
山ばかりのラオスとは全然違いました。

LuangPrabang201306-818


定刻通りにスワンナプーム空港に到着。
ただでさえ大きなスワンナプーム空港は、
ルアンパバーンから来ると本当に巨大でした。

LuangPrabang201306-819

LuangPrabang201306-820


入国審査を済ませるとタクシーでパタヤへ向かいました。

タクシーブースでいつも通り1,500バーツでした。
なのにタクシーの運ちゃんがいくらだったと聞くので
1,500バーツだと答えると、あれ1,700じゃなかったか?
というふざけた返事が返って来ました。

スワンナプーム空港のタクシーブースでタクシーに乗って
こんなふざけたやつはじめてです。

はあ?もう10回以上パタヤに来てるんだよ。
いつも1,500バーツだ、素人じゃねえんだよ!ぐらいの事を言って、
あとはホテルへの行き方の説明も全部タイ語にして
騙すやつ間違えたという雰囲気を醸し出すと、
あとは着くまで黙ってました。


1時間半ほどでパタヤに到着。

LuangPrabang201306-821

LuangPrabang201306-822


夜になるとサッカリン通りとは大違いの
観光客でいっぱいの賑やかな繁華街で飲んだくれました。

LuangPrabang201306-823

LuangPrabang201306-824



ー 終わり ー


ルアンパバーンに来て4日目。
この日はもう一度この街を歩いてカメラに収める事にしました。

LuangPrabang201306-701


まずは朝食に、一度食べてみたかったラオス名物の
フランスパンのサンドイッチを食べに行きました。

ホテルからはかなり歩きますが、
前に見つけたサンドイッチの屋台が並んでいる場所に行きました。

LuangPrabang201306-702


別に選ぶほどのこともないので一番手前の店へ。

LuangPrabang201306-703


フランスパンのサンドイッチとラオスコーヒーを注文。
長さ30cmぐらいもあるフランスパンをサンドイッチにして
2つに切ってあってそうとうでかいです。

LuangPrabang201306-704


食べきれなかった・・、コーヒーもでかいです。
二人で食べてちょうどいいぐらい。
しかし値段が約800円ぐらいもしました。

さて、初日に歩いた辺りを
もう一度歩いて見ることにしました。

まずはサッカリン通りの繁華街へ。
まあ200mぐらいしかありませんが。

LuangPrabang201306-705.jpg

LuangPrabang201306-706.jpg

LuangPrabang201306-707.jpg

LuangPrabang201306-708.jpg


サッカリン通りの繁華街の両側です。

LuangPrabang201306-711

LuangPrabang201306-712


いったんホテルの近くへ。

LuangPrabang201306-713

LuangPrabang201306-714

LuangPrabang201306-715


泊まっていたホテルのビラ・チットダラ。
改めて写真撮るとこんなホテルです。

LuangPrabang201306-716


ホテルの向かいのお店。
ビヤ・ラオ買ったりコーラ買ったり、
けっこうお世話になりました。

LuangPrabang201306-717


さて次は当然メコン川。
ホテルの前の路地を歩いてメコン川へ。

LuangPrabang201306-718

LuangPrabang201306-719

LuangPrabang201306-720

LuangPrabang201306-721


メコン川沿いのレストラン。
見た目はいい雰囲気だけどくそ暑い・・。

LuangPrabang201306-722


その辺を適当に歩いていたら、
花の咲いた木の下で涼んでいる少年僧をみつけて、
気になって中に入ってみました。

LuangPrabang201306-723


見ると少年僧が食事を作っていました。
おばあさんがいろいろ食べ物を持ってきます。
まるで自分の孫の面倒を見ているよう。

LuangPrabang201306-724


なかなかのどかでいい雰囲気のお寺です。

LuangPrabang201306-725

LuangPrabang201306-726


一応、日本だったら猛暑だって大騒ぎされるぐらい
日差しが強くて暑い日でした。
(毎日そうですが)

昼食は近くの店で麺を食べたけど大失敗。

日課の昼寝とマッサージのあと、
二度目の昼食というか早めの夕食を食べました。

行ったのはナムカーン川側のタマリンドというお店。

ラオス料理の教室があるお店で、
観光客が予約しに来ていました。

LuangPrabang201306-727


店は小奇麗だけどカジュアルな感じ。
でも店員はよく教育されているという感じで
店員は高級店といってもいいんじゃないでしょうか。

この店の店員はみんな英語が上手です。

まずはビヤ・ラオ。

LuangPrabang201306-728


ラオラーオもショットで飲んでみました。
バナナ・ラオラーオが甘いけどキツかった。
砂糖たっぷり入れた紹興酒みたいな味です。

うまかったのでお土産に買ったけど日本では不評でした。

そして卵と肉の入ったスープ料理と何かの野菜料理と餅米。
イメージとぜんぜん違うものが出てきたけど
スープ料理はうまかったです。

LuangPrabang201306-729


なかなかいい店でした。
もっと早く来てみればよかった。

LuangPrabang201306-730



翌日はルアンパバーンを離れタイに移動。
ホテルに戻って荷物をパッキングしました。

3日目の朝はもっと観光化されていない托鉢がみたいと、
サッカリン通りを国立博物館の方へ歩いてみました。

すると国立博物館の向こう側で朝市をやっていました。
托鉢を見るよりこっちのほうが面白そうです。

LuangPrabang201306-601

LuangPrabang201306-602

LuangPrabang201306-603


お餅のような和菓子のような物を売っていました。
1個味見してみると団子のようなういろうのような感じでした。

LuangPrabang201306-604

LuangPrabang201306-605


ちょっと食べてみたくなって値段を聞くと5,000kip。
10,000kipを渡すとお釣りをくれずにお菓子をたくさん渡されました。

T字に突き当たった路地も朝市が続いていました。

LuangPrabang201306-606


路地を抜けて太い通りに出ると、
1軒だけお粥の屋台が出ていました。

さっきのお菓子でけっこうお腹がふくれていたので
軽くお粥ぐらいが朝食にちょうどいいかと食べてみました。

LuangPrabang201306-607

LuangPrabang201306-608


しかしこのおばさん、
なんでこんな場所に店を出したんだろう・・。

LuangPrabang201306-610


朝食を食べるといったんホテルに戻りました。
サッカリン通りは朝早くて観光客はまだほとんどいません。

LuangPrabang201306-611



午前中はルアンパバーン国立博物館を見学。
フランス植民地時代に形だけのルアンパバーン王宮として
作られた建物が博物館として使わています。

残念ながら中は撮影禁止です。

LuangPrabang201306-612

LuangPrabang201306-613

LuangPrabang201306-614

LuangPrabang201306-615



サッカリン通りから路地に入ったところにあった
路上のローカルな食堂で昼食に麺を食べました。

LuangPrabang201306-616

LuangPrabang201306-617


トマトが入っていてちょっと酸味があって面白い味でした。

朝から中途半端な時間に中途半端に食事をしていたため、
しばらくしたらまたお腹が減って二度目の昼食を食べました(笑)。

今度は地球の歩き方に載っていた
タムナック・ラーオというレストランで食べました。

LuangPrabang201306-618


高級店っぽくしたいみたいですが店員が町のレストランのレベル。

この日はじめてのビヤ・ラオです。

LuangPrabang201306-620


食べたのは甘酸っぱい味の料理とソムタムみたいな料理。
二度目の昼食なのに頼みすぎました。
食べきれなかった・・。

LuangPrabang201306-621

LuangPrabang201306-622



午後は今日もマッサージ。
ルアンパバーンでの一日の過ごし方にパターンが出来てきました。

LuangPrabang201306-623


夜は適当に夕食を食べたあとサッカリン通りで一杯。
郷に入れば郷に従えで、ワイン・バーしかないなら
ワインを飲んで見ることにしました。

ワインを売っている酒屋さんの店先のテーブルがバーです。

LuangPrabang201306-624


グラス・ワインがあるというのでまずは白ワインを一杯。
思っていた2倍ぐらいある大きなグラスでした。
1杯35,000kip、500円ぐらい。

LuangPrabang201306-625


2杯目は赤ワイン。

LuangPrabang201306-626


ワインなんて普段飲まないけど意外といいかも。

道路を眺めながら飲んでいました。

LuangPrabang201306-627


2杯分のお金を払おうとしたら、
2杯飲めば一杯ただというキャンペーンだそうで、
1杯分だけで済んじゃいました。

けっこういい感じに酔ってきて、もう1軒突入。
今度はビヤ・ラオです。

LuangPrabang201306-628

LuangPrabang201306-629


店員が着ていたTシャツが欲しくなって買ってしまいました。

ようやくルアンパバーンに馴染んできた感じの夜でした。


托鉢を見物したあとはいったんホテルに戻り、
朝食を食べてからプーシーを見に行くことにしました。

LuangPrabang201306-501

LuangPrabang201306-502


プーシーを見に行く前にもう一度ナムカーン川を見ることにしました。

LuangPrabang201306-503

LuangPrabang201306-504

LuangPrabang201306-506


サッカリン通りを歩いてルアンパバーン国立博物館へ行きました。

LuangPrabang201306-507

LuangPrabang201306-508


プーシーというのは高さ150mほどの小山で上に仏塔が建っていて、
国立博物館の向かいにプーシーの登り口があります。

見つけるのにちょっと迷いました。

LuangPrabang201306-509


こんな階段をしばらく登ります。

LuangPrabang201306-510


上に着いた時には足がガクガクでした。
年だ・・。

LuangPrabang201306-511

LuangPrabang201306-512


仏塔の回りはかなり狭いです。

プーシーの上からは町が一望できます・・のはず。

LuangPrabang201306-513

LuangPrabang201306-514

LuangPrabang201306-515


ホテルのある側ですが真ん中の木がじゃま。

LuangPrabang201306-516


下りる時は反対側からナムカーン川側に下りました。

LuangPrabang201306-517


次はワット・ビスンナラートへ向かいました。

LuangPrabang201306-518

LuangPrabang201306-519

LuangPrabang201306-520


目当てはちょっと変わった形の仏塔です。

LuangPrabang201306-521

LuangPrabang201306-522

LuangPrabang201306-523


仏塔を見て満足して本堂を見るのを忘れました。

次はワット・ビスンナラートの向かいにある、
ナーンベー・サブローという食堂でカオソーイを食べました。

店には4、5人連れの若い男女のバックパッカーがいました。
ルアンパバーンで初めて見る日本人かも。

LuangPrabang201306-524


カオソーイは肉味噌の麺で、
チェンマイ名物のカオソーイとは全く別物です。

LuangPrabang201306-525


ライム(タイのマナウと同じ小さいやつ)をしぼってかけて
香草野菜をたっぷりいれるとおいしいです。

食後はナムカーン川沿いに歩いてホテルに戻り、
暑い午後は昼寝がてらマッサージを受けました。
でも室内に冷房がなくて暑いんですよね。

LuangPrabang201306-526


夕方涼しくなった頃にサッカリン通りの繁華街へ。

LuangPrabang201306-527

LuangPrabang201306-528


この日もやっぱりピンとくる店が見つからず。

LuangPrabang201306-529

LuangPrabang201306-530


ナイトマーケットをちょっとのぞいてから、

LuangPrabang201306-531


ホテルに戻ってビールを飲みました。