アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



インドネシア、ジャワ島ジョグジャカルタのタマン・サリ

3時にホテルをチェックアウトして、
パルタス社のバスターミナルへ行きました。

連れが再度バスの時間を係員に聞くと
デラックスバスはあるけど午後9時半出発でした。
あきらめて午後4時発のバスに乗ることにしました。

201207Vigan-801


4時ごろやってきたバスに乗車。
スタンダードバスは横が狭くて前後も狭く、
膝が前の席の後ろの付いていました。

パサイまでの料金は600ペソでした。
デラックスバスとさほど値段が違わないのに
座席の快適さは大違いです。

201207Vigan-802

201207Vigan-803

201207Vigan-804


帰りは明るいうちに出発したおかげで、
来る時は真っ暗で見えなかった南シナ海が見れました。

201207Vigan-805

201207Vigan-806


しかしバスの中は冷房が効きすぎ。
休憩所で外に出るとカメラのレンズが曇って
拭きとっても風であおいでも取れません。

という事でこの後は写真はなしです。

201207Vigan-807


スタンダードバスはあちこちで何度も停まって
パサイのターミナルに着いたのは夜中の2時頃でした。
10時間もかかってしまいました。

バスターミナルからタクシーに乗って
この日の晩、というより次の晩に予約してある
パンパシフィック・マニラへ行き、
飛び込みでこの日の晩も宿泊しました。

値段は一泊1万4、5千円ぐらいですが、
さすがにマニラでは最高級ホテルというだけあって、
部屋の広さは驚くほどではないですが
内装や備品の質が高く快適な部屋でした。

10時間も窮屈なバスの席に座って、
両足の太ももの外側がかなり痛く
そこにこのホテルは助かりました。

201207Vigan-808

201207Vigan-809

201207Vigan-810

201207Vigan-811

201207Vigan-812

201207Vigan-813


翌朝、部屋の窓から見た景色です。
部屋は20階のシービューでしたが、
海はビルの間からちょっと見えただけです。

201207Vigan-814


ロビーも広くて綺麗。
ただ空港へのタクシーを頼みに行ったら
それは向こうで言ってくれと
広いロビーの反対側まで行かされました。

そのぐらい臨機応変にやれよ。
バトラーサービスが聞いて呆れます。

201207Vigan-815

201207Vigan-816



さてフィリピン最後の夜は、
SMモール・オブ・アジアの近くのマニラ湾沿いにある
屋外バーのようなところへ行きました。

連れがすぐ近くに住んでいる親友を呼びたいというので、
私もちょっとだけ知っている人なのでOKしました。
待っているともう1人知らない女の子を連れてきて、
4人連れになりました。

4人でタクシーに乗って目的地へ。
私は付いて行っただけですが。
(ええ、お金は払いましたとも)

そこはマニラ湾沿いにずらっと店が並び、
屋外にそれぞれテーブルと椅子を並べている
バーというよりビヤガーデンという雰囲気の場所でした。

マニラにこんなところがあったとは知りませんでした。
いるのはフィリピン人の若い人ばかり(?)です。

201207Vigan-817


あいにく曇っていて夕日は見れませんでしたが、
いい風がふいていて夕涼みにはちょうどいい感じでした。
エルミタの町中よりずっといい雰囲気です。
マニラも捨てたもんじゃないなあ。

201207Vigan-818


並んでいる中から適当な店を選びました。
私は付いて行っただけですが。

残念ながら海沿いのテーブルは
もう少し遅くならないと使えないそうで、
ちょっと奥のテーブルに座りました。

201207Vigan-819

201207Vigan-820


例のごとくバケツに氷と一緒に入った
サンミゲールライトとおつまみセットを注文。
ビールに氷を入れるのはデフォルトです。

ビールはおかわりをもらいましたが、
お腹が空いていずおつまみはほとんど手を付けませんでした。

201207Vigan-822


だんだん夜も更けていきます。

201207Vigan-823


2時間ほど飲んで解散しました。
4人分払っても1,300ペソ(約2,600)円でお釣りが来ました。


タクシーに乗ってホテルに着くと土砂降りになりました。
ちょうど良いタイミングで帰って来ました。


翌日、お昼ごろの便でフィリピンを後にして
タイのパタヤへと移動しました。



- タイ・パタヤ旅行記へと続く(かも) -


ビガン3日目、
最終日ですが午後3時にチェックアウトのため
まだ観光する時間がありました。

午前中は連れがおみやげを物色。

201207Vigan-701

201207Vigan-702


昼食を食べた後、まだ時間はありますが
日差しが強く暑くて町をぶらぶら歩くどころではありません。

201207Vigan-703


さてどうするか・・・そうだ、カレッサに乗ろう!
という事になりました。

201207Vigan-704


連れがタガログ語で交渉してよくわかりませんでしたが、
1時間150ペソで何ヶ所か観光名所に連れて行ってくれるそうです。

201207Vigan-705


正直、振動がすごくて乗り心地がいいものではありません。
まあ雰囲気を楽しむものですね。

まず行ったのはベルタワーです。

201207Vigan-706

201207Vigan-707


後で調べたら Bantay Bell Tower という場所で
どうもビガン観光の定番らしいですが、
地球の歩き方にもロンリープラネットにも載っていませんでした。

そしてその隣にあった St. Augustine Church です。

201207Vigan-708


観光名所は見たけど自分がどこにいるのかわからないという、
この感覚が大嫌いでツアーが嫌いなんですよね。

そして次の場所へ。

どこに行くのかわかりませんが、
カレッサは町の外へと走って行きました。

201207Vigan-709

201207Vigan-710


ビガンの中心から外れて、
普通の田舎町の感じが面白かったです。
途中で高校(ハイスクール)や小学校の前を通りました。

201207Vigan-711

201207Vigan-712


ど田舎の道に突入。

201207Vigan-713

201207Vigan-714


なんだかよくわからないところに到着。

ここはどこだ?

201207Vigan-715


とりあえずトイレに行こうとすると、
店員(?)の女性にレストランに行くかしつこく聞かれました。
レストランなんか行く気ないので無視してトイレへ。

トイレから出てくると、
どうもレストランを使わないなら
トイレの使用料を払えという事のようでした。

さて、中に入ると、
植物が沢山あって植物園か庭園のようでした。

201207Vigan-716

201207Vigan-717


大して見所もないのですぐ外に出ました。

次は動物園に行くというので、
つまらないところをあちこち連れ回されそうなので
もうホテルまで戻ってもらいました。

201207Vigan-718






それでも1時間以上カレッサに乗りました。
いろいろマニラとは違う景色が見れて面白かったです。

あとはホテルに戻ってチェックアウトするのみです。


ビガン2日目の午前中、
パルタスバスのターミナルの近くにある
パブリック・マーケットに行ってみました。
ついでにバスの時間も確認しました。

クリソロゴ通りをちょっとぶらついてから
セント・ポール大聖堂と反対方向へ。

201207Vigan-601

201207Vigan-602

201207Vigan-603


ビガン・ヘリテージ・マンション。

一般公開されていると思ったらただのホテル。
後で確認したら公開されているのは近くの別の邸宅でした。

201207Vigan-604


ビガンの町はトライシルがたくさん走ってます。

マニラのトライシルはみすぼらしく乗る気がしませんが
ここのトライシルはもっとちゃんとしていて
実際に市民の足として使われているようです。

201207Vigan-605

201207Vigan-606


ちょっと歩くともう町外れです。
かなりローカルな雰囲気になってきて
これはこれでなかなか面白いです。

201207Vigan-607

201207Vigan-608


マーケットの方に道を曲がって行くと、
ジプニーがたくさん停まっている場所に出ました。

宿でもらった地図を見ると
ミニバス・ジプニーターミナルと書かれていました。

201207Vigan-609


ジプニーフェチの私は大喜びで
片っ端から写真を撮って歩きました(笑)。

201207Vigan-610

201207Vigan-611

201207Vigan-612


横にあった建物の中(壁はありません)でビリヤードをやっていました。
のぞいていたらやらないか誘われましたが止めておきました。

201207Vigan-613


そこからちょっと歩くとマーケットの前に出ました。
思ったよりしっかりした建物でした。

201207Vigan-614


先にマーケットの向かいにあるパルタスバスのターミナルで
翌日のバスの時間を確認しました。

201207Vigan-615

201207Vigan-616


ホテルのチェックアウト時間は午後3時です。
帰りはパサイに行く事にして時間を聞くと
ちょうどいい時間は4時でその後は7時ごろでした。
デラックスバスはないとの事でした。

201207Vigan-617


バスの時間を確認した後は、
向かいのマーケットをのぞいてみました。

山のようなお菓子。

201207Vigan-618


サンダル屋さん。

201207Vigan-619

201207Vigan-621


大量に広げたパイナップルの皮をむいていました。

201207Vigan-622


暑いし疲れたし、
帰りはトライシルに乗りました。

201207Vigan-623


ホテルに戻るとすぐ近くのレストランで昼食を取りました。

201207Vigan-625

201207Vigan-626


何を食べたか忘れました(笑)。

ここはホテルの付属レストランで、
ロビーを見るとかなり良い感じでした。
値段を聞くとゴールディオンホテルと同じぐらい。

次回はここにしようと思いましたが、
多分もう一度ビガンに来ることはないでしょう。

追記:ホテルのサイトめっけました。
Hotel Salcedo de Vigan


食事をしていると激しい雨が降って来ました。

201207Vigan-627


せっかく丸一日ビガン観光ができる日でしたが
この日の午後はずっと雨。

ということでマッサージに行ってから
部屋でインターネットを見て過ごしました。


夜中の2時過ぎにホテルにチェックインしたため、
2泊の予定だったビガン滞在は実質3泊となりました。

遅く起きた私はさっそくビガンの街を散策しました。
スペイン植民地時代の建物が残る世界遺産の町ですが、
実際は古い町並みがちゃんと残っているのはクリソロゴ通りだけです。

201207Vigan-501

201207Vigan-502


それでも石畳の道に古い町並みがずっと続く光景は
なかなか風情があっていいものです。

またこの通りから外れた場所も、
さほど違和感のない建物が並びいい雰囲気の町です。

201207Vigan-503

201207Vigan-504


ただ残念なことに通りの一番いい場所の建物は
ほとんど観光客向けのお土産物屋さんになっていました。
本当に生活している古い建物が残っていればもっと良かったんですが。

201207Vigan-505


時期のせいなのか、暑いせいなのか、
来るのが大変なせいか、あまり観光客を見かけませんでした。


さて昼食を食べることにしましたが、
観光の町のはずなのに飲食店があまりありません。
クリソロゴ通りの終わりにチェーン店のMaxがあったので
そこで昼食を食べることにしました。

201207Vigan-506


大家族で昼食に来るのがフィリピンスタイルのようです。

201207Vigan-507


頼んだのはこんな料理です。

201207Vigan-508


右上のは魚料理です。
どうも日本以外の魚料理は、
素材を台無しにしているようで気に入りません。

ビガンで何軒か行った店の中では
結局ここが一番無難においしかったです。
困ったときのMaxみたいな感じでした。

201207Vigan-509



昼食後はセント・ポール大聖堂を見に行きました。
前の公園には日陰にカレッサがたくさん停まっていました。

201207Vigan-510

201207Vigan-511


セント・ポール大聖堂の建物の横に入り口がありました。

201207Vigan-512


本当なら正面から入りたいところですが、
日差しの強さに我慢できずこの入り口から中に入りました。

この教会は1600年頃立てられた古い教会で、
スペイン本国とは違い地震や台風に耐えられるように
重厚な石造りになっているそうです。

201207Vigan-513

201207Vigan-514

201207Vigan-515

201207Vigan-516

201207Vigan-517


ステンドグラスは若干小ぶりです。

201207Vigan-518

201207Vigan-519

201207Vigan-520


一通り中を見てから外に出て、
初めて正面からセント・ポール大聖堂を見ました(笑)。

201207Vigan-521

201207Vigan-522

201207Vigan-523


ここを見終わってしまうと、
街の中心部にはもうそんなに見たいものはありません。
あとは近くをぶらぶら歩いて回りました。

とは言っても日差しが半端じゃなく強くて
なるべく日陰を選んで歩きました。
どれぐらい日差しが強いかというと、
猛暑だと騒いでいる日本が少し楽に感じられるぐらいです。
(これぐらいで猛暑なんてもっと日本の外に出ろって感じです)


これは市庁舎らしいです。

201207Vigan-524


公園の端には高校生などがたむろしている店がありました。

201207Vigan-526

201207Vigan-525


ちょっと裏の道を歩いてみました。
クリソロゴ通りほどではないにしろ、
わりと雰囲気のある建物が並びます。

201207Vigan-527


この辺で見かけた唯一のスーパーマーケット。
そういやコンビニも見当たらなかったなあ。

201207Vigan-528.jpg

201207Vigan-529


再びクリソロゴ通りに戻って来ました。

201207Vigan-530

201207Vigan-531

201207Vigan-532


雲が出てきて少し過ごしやすくなって来ました。

201207Vigan-533

201207Vigan-534


やがて日もくれてきました。

201207Vigan-535

201207Vigan-536


夜のクリソロゴ通りもまたなかなかいい雰囲気です。
ただ、店がみんな夜10時には閉まってしまうのには困りました。

夕食はロンリー・プラネットに載っていた
Cafe Leona という店に行ってみました。

201207Vigan-537


クリソロゴ通りの古い建物の中にあって、
確かに雰囲気はいいのですが、
手入れが行き届いていないという感じです。

注文したパンシットは麺が柔らかすぎて
のびたラーメンを食べているようで美味しくありませんでした。

201207Vigan-538


左奥の料理はソーセージのようなものですが、
ビガン独特の料理だそうです。


食後に一杯飲むようなバーも見当たらず、
仕方なくホテルに戻りました。