アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

パタヤ最後の夕食はセカンド・ロードの飛天空芯菜でとりました。

201112Pattaya-701.JPG


食べたのはローストした鴨肉とチャーハン。
せっかくの鴨肉は煮込んであってパリパリ感がありません。
チャーハンはかならずライムがついてきて、
これをかけて食べるのがなかなかおいしいです。

201112Pattaya-702.JPG

201112Pattaya-703.JPG

201112Pattaya-704.JPG


ローカルっぽい雰囲気の店ですが外の席は観光客でいっぱいです。

201112Pattaya-705.JPG



最後の晩もウォーキングストリートに繰り出しました。

まだ時間が早いので開いている適当なバー入りましたが
奥の席で日本人男性とタイ人女性が日本語でずっと話していて、
それも日本人男性がかなり下品な話し方で雰囲気ぶち壊しでした。

入り口近くにいた白人も帰っちゃいました。

201112Pattaya-706.JPG


レディーボーイが一緒に飲ませろと誘ってましたがお断りしました。

201112Pattaya-707.JPG


ビール一本で退散して、他の店を数軒回りました。

201112Pattaya-708.JPG

201112Pattaya-709.JPG


12時ごろだったかホテルに戻ってちょっと仮眠をとりました。
1時間ほどしか眠れませんでした。


3時にホテルをチェックアウトして空港へ向かいました。
ホテルの夜の係りのメガネ美人のお姉さんともお別れです。

201112Pattaya-710.JPG


予約しておいた車で1時間半ほどでスワンナプーム空港に到着しました。

201112Pattaya-711.JPG

201112Pattaya-712.JPG


入国審査後、空腹で朝食をとろうと思いましたが
朝早くてまだコーヒーショップやハンバーガーショップしか開いていません。
タイ料理の店はまだ準備中で6時開店とのこと。

201112Pattaya-713.JPG


タイ国際航空のラウンジが開く5時15分まで待ってから、
ラウンジに用意されていたパンやコーヒーで朝食をとりました。

帰りも乗るのはユナイテッド航空のビジネスクラスですが
スワンナプーム空港ではタイ国際航空のラウンジが使えます。

201112Pattaya-714.JPG

201112Pattaya-715.JPG


朝食後ちょっと仮眠をとろうとソファーに横になりましたが、
近くの席でパソコンで電話をしていて大声で話しているやつがいて、
うるさくて眠れませんでした。

席を移動したけどもう眠れません。
朝早くて他にも仮眠を撮ろうとしている人がいるのに迷惑なやつです。

201112Pattaya-716.JPG


まあそんな事もありましたが、
朝7時10分発のUA804便で無事成田空港に向かいました。
帰りの便のビジネスクラスはフルフラットにならない旧式でした。

それでも十分らくちんでしたが、
離着陸の時にヘッドレストを定位置に戻すと
ヘッドレストの端が背中に当たって返って危険そうでした。

201112Pattaya-717.JPG



成田空港到着後、乗っていた人はほとんどトランジットでアメリカへ行く人で、
入国審査へ向かう人はわずかでした。

京成スカイアクセス線のアクセス特急で家路につきましたが、
途中、人身事故があって遅れ、1時間ほど遅く家に着きました。



-終わり-


1月4日、翌日の午前3時にチェックアウトするので実質最終日です。

この日も昼からのこのこ起きだして、
隣のロイヤル・ガーデン・プラザの4階にあるフードコートで昼食をとりました。
フードコートと言っても広々としてきれいで目の前に海が広がり
この辺の下手なレストランよりずっといいです。

201112Pattaya-601.JPG

201112Pattaya-602.JPG


ほとんど人がいません。

201112Pattaya-603.JPG

201112Pattaya-604.JPG


食べたのはチャーハンと牛肉のレッドカレー。
ジュースは95バーツもしてビールより高かったです。

201112Pattaya-605.JPG


目の前の海を眺めながらの優雅な昼食でしたが、
値段は日本円で約千円もしました。
一品+ミネラルウォーターぐらいが昼食にはちょうどいいかもしれません。


この日は雨だった前日と打って変わりよく晴れていました。
さて何をして暇をつぶそうかと思いましたが、
気持ち良さそうなのでビーチを散歩してみる事にしました。

Tシャツを脱いで短パンだけになり、
北の方へビーチを歩き出しました。

201112Pattaya-606.JPG


水はあまりきれいでなく砂浜も茶色ですが、
ビーチにはたくさんボートが並び沖ではパラセイリングをしていて、
リゾート感は十分にあります。

201112Pattaya-607.JPG

201112Pattaya-608.JPG


この日は大晦日よりはかなり人が少なめでした。
それでも歩き始めるとビーチチェアーで日光浴をしている人がそこそこいました。

201112Pattaya-609.JPG

201112Pattaya-610.JPG




別の日にロイヤル・ガーデン・プラザから撮ったパラセーリングの様子



しばらく散歩したところで引き返し、
またロイヤル・ガーデン・プラザに戻りました。

201112Pattaya-611.JPG


パタヤはタトゥーをした白人が多いです。
日本の刺青と違って芸術性はありません。

201112Pattaya-613.JPG




しばらく午後の町をぶらぶらしたあと、
夜中の移動にそなえて1時間ほど仮眠をとりました。


三賀日も最後の1月3日、パタヤに来て始めて雨が降りました。
雨季なら毎日降るけど乾季に雨はちょっとアンラッキーです。

小雨程度ですが誰も傘を差していませんでした。
日本ならみんな傘を差しているところです。


昼食はセカンドロードにある白人向けのレストラン。
メニューを見るとタイ料理もあるようなので入ってみました。

201112Pattaya-501.JPG


頼んだのはぶっ掛けご飯です。

201112Pattaya-502.JPG


量は少ないけど安いし、
起きてすぐの昼食にはちょうどいい感じでした(笑)。

201112Pattaya-503.JPG



さて、タイに来たからにはローカルな雰囲気もちょっとは味わいたいと
サウスロードにある市場に行って見ることにしました。

201112Pattaya-504.JPG


初日に携帯電話を買った店のある方向です。

市場に着く前から5分も歩けばこの雰囲気です。
しかし意外と白人の買い物客もいます。

201112Pattaya-505.JPG

201112Pattaya-506.JPG

201112Pattaya-507.JPG


市場に到着。
中をぐるっと歩いて見ました。

201112Pattaya-508.JPG


入り口あたりは果物屋さんなど食品が多いです。

201112Pattaya-509.JPG


商品と同じ台に乗って寝っころがっているおばさん。
前にも見たような気が・・。

201112Pattaya-510.JPG


その奥は八百屋さんや魚屋さんなどが並んでいます。

201112Pattaya-511.JPG


このカメは食べるんだろうか・・。
どう見てもペットの扱いじゃないですよね。

201112Pattaya-512.JPG


この小鳥も食べるんだろうか・・。

201112Pattaya-513.JPG

201112Pattaya-514.JPG


肉屋さんは鳥の足がちょっとグロテスク。

201112Pattaya-515.JPG


唐辛子が野菜の一種かのような量で売られています。

201112Pattaya-516.JPG


一番奥まで行ってから左に曲がって、
コの字型に戻ってくると洋服屋さんが並んでいます。

201112Pattaya-517.JPG


時計屋さんもありましたが
ここで買って大丈夫なんだろうか?

201112Pattaya-518.JPG

201112Pattaya-519.JPG


花屋さん。
お供え物でしょうか。

201112Pattaya-520.JPG


入り口近くに戻ってくると飲み物を売っている店がありました。
ビニール袋に入れて売っています。

201112Pattaya-521.JPG


そして入り口の果物屋さんに戻って来て市場見学完了です。

201112Pattaya-522.JPG

201112Pattaya-523.JPG


さらに先に進みスーパーマーケットへ行き、
お土産に調理キットを買ってホテルに戻りました。

201112Pattaya-524.JPG



年が明けた1月2日、一山越えた向こうの
ジョムティエン・ビーチ側にあるカオ・シーチャンと
ワット・ヤンナサン・サンワラーラーに行ってきました。

路線バスは難しそうなので
タクシーをチャーターして行く事にしました。
しかし町にあるタクシーブースは予約所ですぐには呼べず
流しのタクシーもほとんどおらず意外と苦労しました。

結局、1時間もほっつき歩いた後に
マリオットホテルの前に止まっているタクシーと交渉して
2ヶ所回ってもどって来て1,000バーツで話がまとまりました。

予約所で1,000バーツと聞いていたのでそのつもりでいたら
最初に声をかけた女性ドライバーは1,500バーツだと言いましたが、
近くのドライバーに声をかけて1,000バーツで行く人を見つけてくれました。

親切なのか不親切なのか・・・。

頼んだドライバーはごっついおじさんでしたが、
見かけによらず温和な人でした。

201112Pattaya-401.JPG



まずワット・ヤンナサン・サンワラーラーへ。

パタヤから南に一山超えてからスクンビット・ロードに出て、
しばらく走ってから左に入ってまもなく到着。
思っていたより2~3倍遠かったです。

201112Pattaya-402.JPG


まだ新しいお寺ですが、
仏塔の形が気になって来る事にしました。

201112Pattaya-403.JPG

201112Pattaya-404.JPG


駐車場にはたくさん車が停まっていましたが
お寺を見ていた人はほんのわずか。

近くに何かあってそちらに行っていたようですが
どこに行ってたのかなぞです。

201112Pattaya-405.JPG


仏塔は外から眺めるだけで中には入れませんでした。
それともどこかに入り口があったのかな?

他の建物をちょっと見て、
中の仏像に手を合わせて初詣のつもりです。

201112Pattaya-406.JPG

201112Pattaya-407.JPG

201112Pattaya-408.JPG

201112Pattaya-409.JPG


裏に湖があったのでちょっと行って見ました。

201112Pattaya-410.JPG

201112Pattaya-411.JPG


たいして見どころもなく短時間で観光を終えて
タクシーのところへ戻りました。

201112Pattaya-412.JPG

201112Pattaya-413.JPG


湖の反対側の細い道を通ってカオ・シーチャンへ移動。
湖を挟んで先ほどのワット・ヤンナサン・サンワラーラーと
カオ・シーチャンがある山が見えていました。

途中、淡浮院(ワット・ウィハンスィアン)の前を通過。
行くのを見送ったのに見れてちょっとラッキーです。

201112Pattaya-414.JPG


この辺はパタヤと違ってかなりの田舎です。

201112Pattaya-415.JPG


10分かそこら走ってカオ・シーチャンに到着。
こちらは大きな駐車場があってたくさん車がいて
タイ人の観光客がそこそこいました。

パタヤにあれほどいた白人はほとんどいません。

201112Pattaya-416.JPG


ここの山に描かれた黄金の大仏もまだ新しいですが、
前の公園にはお祈りをする場所があって
タイ人の観光客が熱心にお祈りをしていました。

201112Pattaya-417.JPG

P1020814.JPG


タクシーに戻って来た道を帰って
セカンド・ロードのマリオットホテルの手前の
泊まっているベイウォーク・レジデンスのある
路地の前で下ろしてもらいました。





2時間ほどのドライブでした。