アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

今回パタヤではサービス・アパートメントの
ベイウォーク・レジデンスに宿泊しました。

Baywalk Residence Pattaya


利用の仕方はホテルとほぼ同じですが、
ホテルよりサービスが充実していない代わりに
キッチンが用意されたり長期滞在向けになっている
というもののようです。

建物はビーチ・ロードに面していて道を渡ればすぐそこがビーチです。
コの字型の建物の間に入り口があります。

BaywalkResidence00.JPG

BaywalkResidence01.JPG

BaywalkResidence00b.JPG


泊まったのは Deluxe Room with Double Bed といタイプの部屋です。
1泊約6,000円で予約しましたが部屋の広さが45㎡もありました。
ソファーがゆったりしていて楽チンでした。

同じ値段のホテルなら30から35㎡というところです。

BaywalkResidence02.JPG


その代わり高級感はまったくなし。
石鹸、シャンプーなどはありましたが歯ブラシはありませんでした。

このタイプの部屋は入り口のすぐ脇にキッチンがありましたが、
水道があるだけで後は何も無く使い物になりません。

BaywalkResidence03.JPG


その隣には大きめの冷蔵庫がありました。

BaywalkResidence04.JPG


バスルームも広めでゆったりしてますが
このタイプの部屋にはバスタブはありませんでした。

BaywalkResidence05.JPG

BaywalkResidence06.JPG


一応バルコニーがあって椅子とテーブルがありました。
ここでくつろぐほどの広さはありませんが
洗濯物を干すのに重宝しました。

写真で向こう側に見えているのは
前回泊まったフィレイザー・リゾートのプールです。
日が当たらないプールで今回ホテルを変えた最大の理由です。

BaywalkResidence07.JPG


ドアの外は建物の外側で、
コの字型の建物の内側にある廊下です。
ドアはオートロックではなく一度カギを閉め忘れました。

BaywalkResidence08.JPG


屋上には小さなプールがあります。
日当たり抜群で、海が良く見えてリゾート感たっぷりです。

BaywalkResidence09.JPG

BaywalkResidence10.JPG


プール自体は意外と深くて、
私の背の高さと同じくらいの深さがあり、
水に使ってリラックスするなんてことはできませんでした。


BaywalkResidence11.JPG


広くてかなりコストパフォーマンスがいいですが、
帰りの空港までの車の運転手が英語もしゃべれないなど、
サービス面がちょっと値段に見合わない気がします。

オートロックじゃないし次回はどうするかなあと思ってましたが、
ご覧の通り次回は別のホテルを取ってしまいました。

しかし値段や立地と部屋の居心地のよさを考えると、
その次はまたここに泊まるかもしれません。


唐突ですがパタヤのワット・プラヤイの続きです。

このお寺には曜日別の仏像があって
自分が生まれた日の曜日の仏像を拝むそうです。


まず日曜日の仏像です。

WatPhraYaiSUN.JPG


やっぱりこの目か・・。
顔がでかくてバランス悪い・・。

次は月曜日。

WatPhraYaiMON.JPG


特に感想はございません。

火曜日。

WatPhraYaiTUE.JPG


涅槃仏なのにどうしても昼寝にしかみえません。

水曜日。

WatPhraYaiWED.JPG


ゾウがひざまづいちゃってます。

なぜかもう一つ水曜日。
アバウトです。

WatPhraYaiWED2.JPG


水曜日生まれの人はお賽銭が2倍かかる仕組みです。

木曜日です。

WatPhraYaiTHU.JPG


ようやく週末、金曜日です。

WatPhraYaiFRI.JPG


若い女の子がありがたくなさそうな仏像を
熱心に拝んでいる様子は心が痛む温まるものがあります。

そして最後の土曜日です。

WatPhraYaiSAT.JPG


なんか蛇がいっぱい後ろにいて恐そう。

あとで調べたら私は土曜日生まれでした。

タイ人は生まれた日の色とか曜日とかまで
知ってなくちゃいけなくて大変ですね。


まさかこの写真を見て
是非行って見たいと思う人もいないでしょう。


無事日本に帰ってきましたが、
寒さにやられて軽く風邪気味です。

南の国に行って療養してこないと(笑)。


さて、パタヤはだらだらしていただけで
旅行記を書くほどのネタもなく、
このまま(とりあえず)で行ってしまいます。

で、ウォーキング・ストリートです。

今回持っていったカメラ OLYMPUS PEN Lite E-PL1 ですが、
小さなデジカメとは比べ物にならないほどシャープに映り、
さらに暗いところが非常に良く映ります。

うれしくなって夜のウォーキング・ストリートを
バシバシ撮ってしまいました。
何の説明も無い写真の羅列ですが
これでなんとなく雰囲気が伝わるんじゃないでしょうか?


WalkingStreet01.JPG

WalkingStreet02.JPG

WalkingStreet03.JPG

WalkingStreet04.JPG

WalkingStreet05.JPG

WalkingStreet06.JPG

WalkingStreet07.JPG

WalkingStreet08.JPG

WalkingStreet09.JPG

WalkingStreet10.JPG

WalkingStreet11.JPG

WalkingStreet12.JPG

WalkingStreet13.JPG

WalkingStreet14.JPG

WalkingStreet15.JPG

WalkingStreet16.JPG

WalkingStreet17.JPG

WalkingStreet18.JPG

WalkingStreet19.JPG

WalkingStreet20.JPG

WalkingStreet21.JPG

WalkingStreet22.JPG

WalkingStreet23.JPG



今回始めて知りましたが、
2軒の店でアラブ人、インド人は入店禁止だと言っていました。
欧米、オーストラリア、日本、韓国、中国はOK。

理由は不明です。



ここで OLYMPUS PEN Lite E-PL1 がどれくらいシャープに映るのか、
同じところを写した写真でサブに持っていった Canon IXY 930IS と
比較して見たいと思います。

まず OLYMPUS PEN Lite E-PL1 です。

OlympusPenLiteE-PL1.JPG



次に Canon IXY 930IS です。

CanonIxy930IS.JPG


ここまで違うと多少持ち歩くのが大変でも
OLYMPUS PEN Lite E-PL1 で撮りたくなります。


今日はパタヤ・ビーチとジョムティエン・ビーチの
間の丘の上にあるワット・プラヤイに行ってきました。
(地元の人の発音はパーヤイに聞こえます)

大仏と生まれた曜日ごとの仏像があるとかで
暇つぶしに行ってきました。

バイクタクシーで40バーツでした。

丘の上にはにやけた目をした
ふざけてんのかこいつというような顔をした
大仏が鎮座してました。

PattayaBuda01.jpg

PattayaBuda02.jpg

PattayaBuda03.jpg


まわりの仏像もしまりのない顔をしてます。
真剣にお祈りをしている人には申し訳ありませんが
よくこんな仏像が拝めるものです。

PattayaBuda04.jpg


規模も小さく一見の価値はありませんが、
暇だったら一度話の種に見てみてもいいんじゃないでしょうか?


早くもパタヤ4日目、
もうそんなにたったのかという感じです。

ようやく午前中から晴れて
屋上のプールで日光浴が出来ました。

昼食はソイ13/2で見つけた食堂でとりました。
室内のように見えますが建物の間に屋根をつけています。

PattayaLanch0


ここでパッタイとトムヤム・スープのチキン入りを食べました。

PattayaLanch02.jpg

PattayaLanch03.jpg


これがうまい!
量も十分ありました。

パッタイが40バーツ、トムヤム・スープが60バーツ、
水が10バーツで合計110バーツです。

たった300円ほどでこれだけの料理が食べられました。
日本だったら2,000円はとられそうです。