アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

帰国の日です。

今回の旅行は4日間だけですが、
会社から羽田に直行して夜の便でタイに来たおかげで
日数の割りにゆっくり過ごせました。

チェンマイ空港へは朝9時のホテルの送りの車で行きます。
それまでちょっとホテルのまわりを散歩しました。

ChiangMai1401.JPG


ホテルのレストランで朝食を食べるのもどうかと
最悪近くのマクドナルドで食べるのも覚悟して
ホテルの前の道を歩いていたらクイッティオの屋台がありました。

ChiangMai1402.JPG

チェンマイ最後の日の朝食にぴったりじゃないですか。

味はそれほどでもありませんでしたが
クイッティオなので大きなハズレもありませんでした。

ChiangMai1403.JPG

肉はやわらかくておいしかったです。

ChiangMai1404a.JPG

ChiangMai1404b.JPG

ChiangMai1404c.JPG



最後にターペー門を見るかメー・ピン川を見るか。
ちょっと迷ってからメー・ピン川を見ることにしました。

ナラワート橋近くのお寺です。

ChiangMai1405.JPG

ChiangMai1406.JPG

これも橋の手前にあった像ですがなんだか分かりません。

ChiangMai1407.JPG


そしてナラワート橋に到着。
ロイ・クラトーンのお祭りの時は
コム・ファイ上げの人たちで一杯だったこの橋も、
ごく普通の朝の様子に戻っています。

ChiangMai1408.JPG


橋の上から見たメー・ピン川。

ChiangMai1409.JPG

ChiangMai1410.JPG

下を見ると祭りのゴミがたくさんありました。

ChiangMai1411.JPG


ナラワート橋を渡ってメー・ピン川沿いを南に向かって歩いて見ました。

ChiangMai1412.JPG

川に飛び込もうと川を見下ろしている人たちがいました。
スイム?と聞くとイエースという答えが返ってきました。

朝から普段にもまして汚いこの川に飛び込むの??

ChiangMai1413.JPG

飛び込む踏ん切りがつかない2人の隣で、
別の人が早く飛び込めよとからかってるようでした。

川向こうには高級そうなホテルが。

ChiangMai1414.JPG

川沿いの建物はまだお祭りの飾りつけのままでした。

ChiangMai1415.JPG

ホテルへ戻る道にかかった鉄橋に到着。

ChiangMai1416.JPG

川沿いの木には落ちてきたコム・ファイが何個も引っかかっていました。
だれか掃除するんでしょうか?

ChiangMai1417.JPG


鉄橋を渡ってホテルへ戻りました。

ChiangMai1418.JPG

ChiangMai1419.JPG


ホテル近くの十字路に到着。
左の、三角に出っ張った窓があるのが
泊まったドゥシット・ロイヤル・プリンセス・チェンマイです。

ChiangMai1420.JPG

あとはチェックアウトして帰るだけです。

この日の朝はチェックアウトする客がたくさんいました。
みんなロイ・クラトーンに合わせてチェンマイに来たのでしょうか。

タイ人の観光客が結構多かったです。

ChiangMai1421.JPG


いよいよチェックアウト。
ホテルのバンで9時過ぎにチェンマイ空港へ行きました。



チェンマイ空港はチェックイン・カウンターも
出発ロビーもこじんまりとしています。

ChiangMai1422.JPG

ChiangMai1423.JPG

ChiangMai1424.JPG


まずは午前11時15分発のタイ国際航空 TG105便でバンコクへ。

ChiangMai1425.JPG


約1時間のフライトでバンコクに到着。
スワンナプーム国際空港で羽田行きの TG660便にトランジットです。


チェンマイから着たばっかりだとスワンナプーム国際空港はでかいです。
田舎から出てきたおのぼりさんの気分です(笑)。

ChiangMai1426.JPG


出国エリアのデューティーフリー・ショップが並ぶ通路の
真ん中にカウンターを構えた店で昼食を取りました。

ChiangMai1427.JPG


道を歩いていて店内が丸見えのこの雰囲気、
私の持っているタイのイメージぴったりで好きです。

食べたのは焼き豚が乗ったバーミー。
これはなかなかおいしかったです。

ChiangMai1428.JPG


時間が来て羽田行きの TG660便に搭乗しました。

ChiangMai1429.JPG


すると通路を挟んで隣の人たちが席が広いと騒いでいます。

私が乗ったのは35列目でしたが
私の後ろの36列目までは 2-3-2 の横7席で、
トイレを挟んでその後ろの席からは 2-4-2 の横8席。

ビジネスクラスとエコノミークラスの間の
プレミアム・エコノミーのような中間の広さの席でした。

肘掛は普通のエコノミーの2倍の広さ。
シートとシートの間に隙間がありました。

ChiangMai1430.JPG


足元は、前後が広くてかろうじてですが
エコノミーなのに座ったまま足が伸ばせます。
シート側にフットレストまでついています。

ChiangMai1431.JPG


買った航空券は普通のエコノミークラスの正規割引航空券で、
別に特別なオプションはつけていません。

インターネットで航空券を買うときに、
座席指定を忘れて電話して通路側の席を取ってもらったので
乗るまでどんなシートなのか知りませんでした。
おかげで帰りはエコノミークラスとはいえかなり楽ちんでした。

後の人たちは絶対高い席だと思ってただろうな。
それとも正規航空券優先でいい席になるのか?

帰ってから調べて見るとタイ国際航空の A340-500の機材だけ
こういう席があり他の機材にはありませんでした。

ラッキーです。



そして夜10時半ごろ定刻からちょっとだけ遅れて羽田に到着。
荷物が出てくるのに時間がかかってモノレールに乗ったのは11時半ごろ。
12時2分が終電だったのでぎりぎりでした。

その日はそのまま会社近くのビジネスホテルにチェックインしました。



翌朝は10kgのバックパックを担いで歩いて出社。

ChiangMai1432.JPG


人目につかないように早めに出社して、
会社でスーツに着替えて仕事をしました。

夜、家に帰ってようやくほっとしました。



-終わり-




3日目の夕食は失敗でした。

ちょっとした気の迷いで、
近くのカフェのようなところで夕食をとってしまいました。

ChiangMai1301.JPG


出てきた料理は食べられないほどではないもの
やはり味はだいぶ落ちました。

ChiangMai1302.JPG

ChiangMai1303.JPG


こんなガラガラの店になんで入ってしまったのか・・。


この日もまだ空にはコム・ファイが上がっています。

ChiangMai1304.JPG


ホテルの前の道は普段に戻っています。

ChiangMai1305.JPG



ちょっとバーで飲もうといい店がないか探しながら、
ローイ・クロ通りを旧市街に向かって歩いていきました。

ChiangMai1306.JPG


これはといった店が見つからないまま
お堀沿いの道まででてしまいました。

ChiangMai1307.JPG


ところがお堀沿いの道はかなりの人出。
そうだ、この道でパレードがあるんだった。

ChiangMai1308.JPG

前日のターペー通りのパレードと比べるとちょっとパワー不足。
山車も車むき出しで前日の山車よりちょっとだけ雑な感じです。

ChiangMai1309.JPG

ChiangMai1310.JPG

ChiangMai1311.JPG


山車の後にむき出しの発電機がつながっていました。

ChiangMai1312.JPG


そうはいっても見物客はそれなりに楽しんでいるようです。

ChiangMai1313.JPG

ChiangMai1314.JPG


沿道のバーは道沿いに椅子を出した見物客で一杯で
飲みたくても空いている席がありません。

ChiangMai1315.JPG


沿道を歩いて他のバーを探しがてら、
しばらくパレードを眺めていました。

ChiangMai1316.JPG

ChiangMai1317.JPG


少数民族の人も歩いていました。

ChiangMai1318.JPG

ChiangMai1319.JPG

ChiangMai1320.JPG


パレードが通り過ぎたあと、
ローイ・クロ通りの角の店でビールを飲みました。

ChiangMai1320b.JPG


満席だった見物客は、
パレードが終わったらさーっといなくなり、
あっという間に普段のバーに戻ってました。


ビールを飲んだ後ホテルの方向に歩いていると、
象がやってきて道端のフットマッサージに鼻を突っ込んでいました。

ChiangMai1321.JPG


さらに2~3軒のバーに引っかかってからホテルへ戻りました。
最後の締めは3日連続インペリアル・メーピン・ホテル近くの
ビア・バー街の kooky bar でした。

ChiangMai1322.JPG


前日、夜食をテイクアウトした屋台はこの日も営業中でした。


前日の夜にロイ・クラトーンを見てから深夜まで飲んだため
この日起きたのはもう昼近くでした。


市内のめぼしい観光名所は既に見たので
この日は適当にぶらぶら町を散策することにしました。

前日の夜に幻想的な姿を見せていた近くのお寺の仏塔。
晴れ渡った青空を背景にした姿もなかなかいい感じです。

ChiangMai1201.JPG


ターペー通りを歩いていると
いままで気が付かなかったローカル風な食堂がありました。
値段も一品30バーツ程度からと格安。

ここで昼食兼朝食をとることにしました。

ChiangMai1202.JPG

ChiangMai1203.JPG


頼んだのはクイッテオとヤムウンセン。

クイッテオは麺というよりワンタンのような
細く切っていないのが入っていて初めて食べました。
スープがなかなかいい味でおいしかったです。

ChiangMai1204.JPG


ヤムウンセンはブロッコリーと人参ばかりで
海老なんかぜんぜん入っていませんでした。

最初、間違えて別の料理を持ってきたのかと思いました。

ChiangMai1205.JPG


思っていたのと違う料理でちょっとがっかりしましたが、
食べて見るとすごく辛くて久しぶりにガツンと来ました。

良く見ると小さな青唐辛子が丸ごとたくさん入っていました。


さてどこに行こうかと考えましたが、
ゲストハウスがたくさんあるらしい
旧市街の東南のあたりを歩いて見ることにしました。

ターペー門から旧市街に入ると
左折して城壁の内側を南に歩きました。

ChiangMai1206.JPG

ChiangMai1207.JPG


昼間っから白人がたむろしている店がありました。
そろそろゲストハウスが多いあたりでしょうか。

ChiangMai1208.JPG


適当な路地を右折して裏通りを歩いて見ました。
緑が多くて居心地の良さそうなゲストハウスがいくつかありました。

ChiangMai1209.JPG

ChiangMai1210.JPG

白人が好きそうな店が増えて来ました。

ChiangMai1211.JPG


安宿街にありそうな旅行会社がありました。
店の外にはタイ各地へのチケット代が書かれた
看板が置かれていました。

ChiangMai1212.JPG


オープン・レストランが並んでいます。

ChiangMai1213.JPG

ChiangMai1214.JPG

ChiangMai1215.JPG

ChiangMai1216.JPG


こういったあたりに泊まるとまわりは旅行者ばかりで
意外とその国の様子が分からないのはよそで経験済み。

長期の休みが取れてチェンマイに来ても
こういう場所に私が泊まるかどうかはちょっと微妙です。


ぐるっと回ってまたお堀沿いの道に出ました。

ChiangMai1217.JPG


少し歩いて旧市街の東南の角に残った城壁がある場所に出ました。

ChiangMai1218.JPG


これでチェンマイの旧市街の4つの角の3ヶ所目です。
西南の角は空港からホテルへ行く時に車の中から見ました。

ChiangMai1219.JPG

ChiangMai1220.JPG

ChiangMai1221.JPG


角を曲がってもしばらくは何もありません。
この先へ行くのは止めて戻ることにしました。

ChiangMai1222.JPG



ホテルへ向かうローイ・クロ通りに出たところに
パレードに使う山車がありました。

ChiangMai1223.JPG


お堀を越えた角にあるバー。
この日の夜には大変な混雑になります。

ChiangMai1224.JPG


この日の夜、お堀沿いの道でパレードがあるそうです。
場所を変えて3日連続でパレードです。

こちら側にも山車がおいてありました。

ChiangMai1225.JPG



ローイ・クロ通りをホテルの方向へ歩きました。
この通りにはぽつぽつとビヤ・バーが並んでおり
昼間から営業している店もあります。

ChiangMai1227.JPG

前日の昼間入った店は掃除中。

ChiangMai1228.JPG

この手のバーは道を歩いている時から中の様子が分かるので
気軽に入れます。

ChiangMai1229.JPG


路地をちょっと入ったところにタイ風の建物のバーがありました。
道を挟んだ向かい側の建物も同じ店。

店の中を道路が走っている店は初めて見ました(笑)。

ChiangMai1230.JPG

ChiangMai1231.JPG


ここでビールを飲んで一休み。
昼間はバーに入ってもビールの小瓶を一本飲む程度ですが、
意外と居心地が良く長居してしまいました。

ChiangMai1232.JPG


トイレの前に飾られていた花です。
この店の人たち写真好き(撮られるのが)のようで、
この写真もこれを撮れと言われて撮った写真です。

店の自慢なんでしょうか?

ChiangMai1233.JPG

ChiangMai1234.JPG


バーのカウンターに座っている私です。
店の人に頼んで撮ってもらいました。

ChiangMai1235.JPG

ちゃんとした建物の中のバーのようですが
私の前は道路、写真を取っている人は道路に立っています。

自分の写真を店の看板と一緒に撮れと撮らされた写真。
一人のつもりが横を人が通って写ってしまい、
通った人に怒ってました。

道路なんだからそりゃ人は通るでしょ。

ChiangMai1236.JPG


俺たちも撮れとバーのカウンターの中の店員にも
写真も撮らされました。

ChiangMai1237.JPG


その割りに撮った写真をくれとは誰も言いません・・。

この店は白人の常連客が多いようです。

ChiangMai1238.JPG

ChiangMai1239.JPG


ここはビールの種類がいろいろあってなかなかいいです。


バーを出るとローイ・クロ通りをてくてく歩いてホテルへ戻りました。

その後は近くで安いマッサージ屋さんを見つけて
タイマッサージを2時間しました。
2時間でなんとたったの300バーツ、約850円でした。


ロイ・クラトーンのパレードを見た後は、
いったんホテルに戻りました。

ホテルへ戻る道はパレードで道がふさがれているせいで
車がぜんぜん走っておらず人もまばらでした。

途中にあるお寺の仏塔がライトアップされて
満月とコム・ファイの白い点に囲まれてちょっと幻想的でした。

白い点は全部星ではなくコム・ファイです。

ChiangMai1101.JPG

ChiangMai1102.JPG

普段だったら車で一杯の道です。

ChiangMai1103.JPG

ホテルの手前の交差点をこえると車が走っていたので
車両通行禁止にしていたわけではなさそうです。

一方通行の道の入り口がパレードでふさがれていたので
ここまで車がぜんぜんいなかったのでしょう。

ChiangMai1104.JPG


ホテルも入り口の前にテーブルを出して
パッタイなどを売っていてお祭り気分でした。

ChiangMai1106.JPG


いったんホテルに戻った後は飲みに出かけましたが、
その前にナイトバザールをのぞいて見ることにしました。

普通だったらチェンマイに来てここに泊まれば
真っ先に見に行く観光スポットなのでしょうが
ロイ・クラトーンのおかげで全然行っていませんでした。

ナイトバザールの場所は地図を見ると近くに3ヶ所ありますが、
ホテルに一番近くて屋外で面白そうなアヌサーン・マーケットに
行って見ることにしました。

ChiangMai1107.JPG


広いスペースにたくさんの露店が並んでいます。

ChiangMai1108.JPG

ChiangMai1109.JPG


しかしこの時間はまだロイ・クラトーンで盛り上がっている真っ最中。
客は少なめで閑散としていました。

ChiangMai1110.JPG

ChiangMai1111.JPG

ひまそうに寝ている店員もいます。

ChiangMai1112.JPG

ChiangMai1113.JPG

奥の方にはシーフードのレストランなどがありました。

ChiangMai1114.JPG

レストランだけは結構人が入っていました。

ChiangMai1115.JPG

ChiangMai1116.JPG

反対側の道路に出る出入り口の手前はミニ遊園地がありました。

ChiangMai1117.JPG


ロイ・クラトーンでターペー通りがふさがれていたため
反対側の道は車やバイクで大混雑していました。


この後飲みに行きホテルに戻ったのは深夜遅くでした。

寝たのは確か2時か3時でしたが、
その時もまだホテルの部屋にいても町のあちこちから
花火や爆竹の音が聞こえてきていました。


この日の晩は11月の満月の夜、
ロイ・クラトーン(Loy Krathong)の本番です。

ChiangMai1001.JPG


夕食は近くのレストランでパッタイを食べました。

ChiangMai1002.JPG

ChiangMai1003.JPG

ChiangMai1004.JPG


食後はさっそくコム・ファイ上げを見にメー・ピン川へ行きました。
歩いている途中でも空に何個かコム・ファイが上がっていました。

鉄橋のところに着くと既に大勢の人がいて
空にはコム・ファイが何個も飛んでいて
川には灯篭が浮かんでいました。

ChiangMai1005.JPG


鉄橋のすぐ脇で灯篭を流していました。

ChiangMai1006.JPG

ChiangMai1007.JPG

灯篭流しはちょっとおごそかな雰囲気があります。




空の小さな点は星ではなく、月以外は全部コム・ファイです。

ChiangMai1008.JPG



川の向こう側の道を歩いて
コム・ファイがたくさん上がっているナラワート橋へ行きました。

こちらは橋の上が人でいっぱいで、
大勢の人がコム・ファイを上げていてすごい熱気でした。

ChiangMai1009.JPG

ChiangMai1010.JPG

打ち上げ花火を飛ばしたり、路上で花火を燃やしたり、
爆竹を炸裂させる音があちこちからしてけっこううるさいです。




ChiangMai1011.JPG

ChiangMai1012.JPG

ChiangMai1013.JPG


橋を渡って旧市街に近い側に戻ると、
橋の終わりの交差点のあたりでまた大勢の人がコム・ファイを上げていました。

ChiangMai1014.JPG

ChiangMai1015.JPG

ChiangMai1016.JPG


目の前で次々とコム・ファイが空に上げられて
何十個ものコム・ファイが頭上に浮いている様子は
見ているだけのこちらまで興奮してきます。

ChiangMai1017.JPG

ChiangMai1018.JPG

ChiangMai1019.JPG





ChiangMai1020.JPG

ChiangMai1021.JPG

ChiangMai1022 .JPG


コム・ファイ上げも堪能したし、
そろそろホテルに戻ろうと歩き出しました。



ところが少し歩くとパレードの大勢の人たちが
道で待機しているじゃないですか。

時計を見るとあと1~2分で9時。
まさにパレードが始まろうとしているところでした。

ChiangMai1023.JPG

ChiangMai1024.JPG

そしてすぐにパレードが始まりました。
ターペー通りは人でびっしり。
こちらもコム・ファイ上げとは違う盛り上がりを見せていました。

もう一回お祭りが始まったようで得した気分です。

ChiangMai1025.JPG

ChiangMai1026.JPG

前日のパレードとは違ってかなり気合が入っています。

ChiangMai1027.JPG

ChiangMai1028.JPG

いろいろなタイの民族衣装を着た女性たちが大勢います。

ChiangMai1029.JPG

そして踊りも始まりました。

ChiangMai1030.JPG

ChiangMai1031.JPG





パレードはけっこうゆっくり進み、
カメラを向けるとちゃんとこっちを向いて
撮るのを待っていてくれます。

ChiangMai1032.JPG


パレードの隊列と観客をきっちり分けることもなく、
観客がパレードの人と一緒に記念写真を撮っていたりして
日本にはないタイらしい和気藹々とした雰囲気です。

山車のようなものも出てきてパレードはまだまだ続きます。

ChiangMai1033.JPG

ChiangMai1034.JPG

昔の王様と御妃様でしょうか。

ChiangMai1035.JPG

この女性もかわいらしい感じでなかなかきれい。
タイで見た何番目でしょうかねえ(笑)。

ChiangMai1036.JPG




まだまだパレードは続きますがそろそろビールが恋しくなり、
いったんホテルに戻る事にしました。

ChiangMai1037.JPG