アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

GWは昨年11月に泊まった京都の Hostel Ebi に3泊して京都旅行です。

HostelEbi.png


Hostel World を初めて使ってみようかと思ったら一泊4,500円もしました。
Booking.com で見てみたらキャンセル不可ながら税込み一泊3,600円でありました。
これで即決、3泊で10,800円と格安です。

さて交通手段ですが、3列シートなら高速バスでも大丈夫かと、
行きだけ予約したのですがすぐにGWの大渋滞を思い出してキャンセル。
キャンセル料が100円だけで助かりました。

次に、またぷらっとこだまを使おうと思ったら、
予約が可能になる一ヶ月前でグリーン車しか残っていませんでした。
あっという間に売れちゃったんですかね。

で、成田から関空に飛ぶことになりますがLCCを探したら、
Peachで2万円を切っていたので予約しました。

PeachOsaka.jpg


しかし、よく考えたら自宅から成田、関空から京都まで、
有料の特急を使わなくても片道分で3千円はかかります。
ぷらっとこだまでグリーン車予約しても同じじゃないか(涙)。

まあ、高速バスで渋滞にはまるよりはいいと思って行ってきます。


サムイ島からスワンナプーム空港へ飛んだあと、
パタヤまでは Bell Travel Service のバスを予約しました。

BellTravel2.jpg


バンコクエアウエイズのスワンナプーム空港到着時間は13:20ですが、
バスの出発時間は16:00でした。

荷物をピックアップして空港で昼食をとるとすると、
飛行機の遅延を考えて時間に余裕を見るとこんなもんかもしれません。

タクシーに乗れば1時間以上早く空港を出れると思いますが、
このバスが240Bに対してタクシーなら1,500Bもかかります。
まあ、時間をとるか値段を取るかですね。

しかし予約の時にバンで送ってもらうホテルの登録と、
座席の指定を忘れてしまいました。
メールして無事宿泊するスタッツコート1までの送りは確保しましたが、
座席は乗る時にアレンジしろと言われてしまいました。

まあ、2時間ぐらいしか乗らないのでどこでもいいですけどね。


明日から2泊3日で台湾の高雄ですが・・・、
それはさておき8月にタイのサムイ島に行くことにしました。

バンコクまでの航空券はだいぶ前に確保してありました。
行きはExpediaで購入したフィリピン航空の片道航空券で、
マニラに一泊してからバンコクに飛びます。
料金は25,500円です。

帰りはユナイテッド航空の特典航空券でタイ国際航空便で、
税金手数料等2,450円のみで、バンコク往復合わせて27,950円です。

一応パタヤのホテルは確保してあったのですが、
バンコク行ってからどうしようかいろいろ迷った挙句、
サムイ島がなんかピンときてバンコクエアウエイズの航空券を、
10,220バーツ(約32,700円)で購入しました。

エアアジアのスラタニ便+フェリーのチケットも検討したのですが、
座席指定などのオプションなしで往復約1万円とやすかったものの、
飛行機1時間、バス1時間半、さらにフェリー、タクシーと6時間ぐらいかかり、
飛行機1時間だけですむバンコクエアウエイズを選択しました。

合わせて往復6万円ちょっとなのでOKです。

ホテルですが、マニラはHotel Durban Makatiで1泊で
Agodaのポイントで割引があり2,496円です。
翌日はバンコクでWellness Residenceに1泊4,929円です。
そしてサムイ島はチャウエンビーチのP&P Samui Resortに3泊します。
3泊で13,656円、一泊当たり4,552円です。
ビーチに面したホテルでちょっとボロいけどいごこち良さそうです。

PPSR2.jpg

PPSR3.jpg


サムイ島の後はパタヤで飲んだくれる予定。
一度キャンセルしてから日程を変更してSutus Court 1を再予約しました。
4泊で11,604円、1泊あたり2,901円です。

で、トータルの旅行費用ですが9泊10日で飛行機とホテルで93,335円です。
この日数でサムイ島も行けてこの値段ならいいんじゃないでしょうか。
今回費用をちょっと詳しく書いてみました。

あとは休みが取れるかどうかだけ(笑)。

【追記】
事情によりパタヤは2泊に短縮しました。
一度キャンセルして再予約して1泊あたり2,774円と更に安くなりましたが、
帰りの航空券の変更手数料に75ドルかかってしまいました。



この三連休はバニラエアーで台湾の高雄に行って来ます。
チケットをとるのが遅くて最安値を逃した上に、
名前のスペルが間違っていて訂正手数料が4千円もかかりました(涙)。

CHATEAU de CHINE Hotel Kaohsiung


宿泊するのはCHATEAU de CHINE Kaohsiung 翰品酒店高雄です。
一泊8千5百円ぐらいで台北だったらごく普通の値段ですが、
わりと高級なホテルのようです。

年末年始はパタヤに行くことにしていたのですが、
それだけでは物足りなくハジャイへも行くことにしました。

まずエアアジアでドンムアン空港へ飛んでバンコクに一泊、
翌日ノックエアーでドンムアン空港からハジャイへ飛んで2泊して、
またドンムアン空港に戻ってパタヤへ行きます。

NokAir HatYai


往復4,268Bでエアアジアよりだいぶ安かったです。

ハジャイで泊まるのはRed Planet Hotel Hat Yaiです。

Red Planet Hotel Hat Yai


シンプルで安くて良さそうなホテルだと思ったら、
AirAsiaグループの Tune Hotelsのブランド変更だそうです。

LCCのように何でもオプションだったのがホテルでは受けずに
最低限のものは一通り値段に含まれる普通のホテルにしたようです。
ここは他のホテルのリノベーションなため他のTune Hotelsよりは広いようです。

パタヤではBoss Suites Pattayaに泊まります。

Boss.jpg


場所はセカンドロードとソイ・ダイアナインの角にありますが、
元々はソイの名前のもとになったダイアナインです。
老朽化してそうですがプール付きで安いホテルとしてここにしました。

さて問題はパタヤの帰り。

今回、パタヤからスワンナプーム空港まではタクシーを使わず、
初めてBell Travel Serviceのバスを使ってみることにしました。

バンでホテルまで迎えに来てくれて、
北パタヤのバスターミナルから大型バスに乗ります。
これで230B、いいと思います。

問題はそのあと。

ユナイテッド航空の特典航空券が取れたのですが、
これが夜中の1時に中国国際航空でスワンナプーム空港を出発して、
北京空港でANAに乗り換えて羽田に飛ぶという航空券です。

夜行便だと直行便でもあまり眠る時間がないのに、
乗継便では多分ほとんど眠れないと思います。

まあ、年末年始の高い時期にバンコク往復が2万6千円ぐらい。
多少のことは我慢しなきゃ(笑)。