アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

マニラ3日目、帰国の日です。
朝、窓から見える雑然としたエルミタの町並み。

マニラはこれで最後かもなあ。

Manila1003-601.JPG


朝7時にホテルをチェクアウト。
レストランの朝食は7時半からと聞いていたのですが、
既に開いていて朝食を食べているお客さんがいます。

フロントの女性に聞くと6時半からだそうです。
空港に行く前に食べていくかときかれましたが
帰りの便までの時間はあるけど止めておきました。

空港までのタクシーを頼んでおいたのですが
朝の担当に話が伝わっておらず、
あらためてタクシーを呼んでもらいました。
前日に話をしたスタッフ、結構いいかげん。

10分ほどして来たタクシーに乗って、
ニノイ・アキノ国際空港に向かいました。
マニラもこれで見納めかもとタクシーから町を眺めました。

Manila1003-602.JPG

Manila1003-603.JPG

すごく気に入ったわけでもないのに
帰るとなるとなにかさびしくなるから不思議です。

マニラ湾沿いのロハス通りを走って空港へ向かいました。

Manila1003-604.JPG

Manila1003-605.JPG

Manila1003-606.JPG

Manila1003-607.JPG

軽い渋滞にはまりましたが時間に余裕も持って出たので問題なし。

Manila1003-608.JPG

渋滞や信号で止まっている車に新聞などを売り歩く人たち。

Manila1003-609.JPG

Manila1003-610.JPG


まもなく空港の第1ターミナルに到着。
この日も台北経由の乗り継ぎ便で1日がかりの移動です。

ニノイ・アキノ空港は車から降りて建物に入るところで
まず1度パスポートと荷物の検査があります。
ロビーは航空会社のチェックインカウンターがあるだけで、
ゆっくりしているような場所はありません。

列に並んでチェックインしてすぐに出国審査へ向かいます。
まずは空港使用料の支払いの窓口で750ペソを支払い、
続いて出国審査の窓口に進みます。

ここまででチェックインを除いて既に3度もパスポートを提示しています。

出発後のロビーで朝食を食べることにしました。
と言ってもかなり狭いロビーで店は少なく選択肢はほとんどありません。

中華のファーストフード店があったのでワンタン麺を食べました。

Manila1003-611.JPG

Manila1003-612.JPG

ペソを円に両替してから出発ゲートへ向かいました。
両替所も一人だけの小さな窓口が一つあるだけです。

出発ゲートへ行く通路の入り口でまたパスポートチェック。
そして通路の出口、というか出発ゲートの入り口でも
またパスポートチェック。

これ、ぜんぜん意味ないだろう!

しかも出発ゲート側のチェックはスタッフの気まぐれでしたりしなかったり。
私は通路に戻って写真を撮ってまた出発ゲートに行ったりしましたが
ぜんぜんチェックされませんでした。

出発ゲート前の待合室にはお土産を売る売店がありました。
台湾で買ったキーホルダーが壊れたので代わりのキーホルダーを購入。

Manila1003-613.JPG

ゲートに近い半分ぐらいの椅子は仕切りで囲まれており、
ここに入るのにまたパスポートチェックがあります。
イミグレーションを通った後にこんなにチェックしても
全然意味がないと思うんですけどねえ??

Manila1003-614.JPG


そして10時45分発のチャイナ・エアライン CI702便に乗って台北へ。
そう、行き先は台北です!
まだ帰国じゃないぜ~!(^.^)

と言うことで旅行気分継続です。

滑走路に向かう途中。
着陸しようとするフィリピン航空の機体です。

Manila1003-615.JPG

そして離陸。

Manila1003-616.JPG

あの高層ビル群はマカティかな?

Manila1003-617.JPG

マニラの町並みを見下ろしながら、
しだいにマニラから遠ざかっていきます。

Manila1003-618.JPG


機内食。
カレーかと思ったら違いました。

Manila1003-619.JPG

機内はガラガラ。
今回乗った4便で唯一ゆったりと座れました。

成田・台北間は台湾旅行の人で超満員、
往路の台北・マニラ間は小さい機体に変えられたようで
絶対人数は少ないけれど満席でした。

Manila1003-620.JPG

椅子と椅子の間にこんな足掛けのようなものが
付いていたのですがなんなんでしょう?
膝のちょっと下ぐらいの位置で使い方が良く分かりません。
付いていたのはこの便だけです。

Manila1003-621.JPG


そしてまもなく台北の桃園国際空港に到着。
出発するターミナルはスカイトレンで移動します。
チャイナ・エアラインの説明書は英語で Sky Train、
漢字ではただ電車と書かれていました(笑)。

Manila1003-622.JPG

Manila1003-623.JPG

帰りの出発ターミナルは行きよりは少し広くてまし。
日本との便はこちらのようです。

Manila1003-624.JPG

わずか1時間20分の乗り継ぎ時間の間に無理やり台湾気分を満喫(笑)。

前回の台湾旅行の時にカラスミを買ったお店。

Manila1003-625.JPG

良く分からないけど台湾気分なお店(?)。

Manila1003-626.JPG

アディダス。

Manila1003-627.JPG


そしていよいよほんとに帰国です。
台北14時5分発の CI018便で成田に向かって出発しました。

Manila1003-628.JPG


今回は乗り継ぎ便で移動時間が長くて疲れました。
成田からはいつもは京成線に乗るのですが、
今回は贅沢して成田エクスプレスに乗って帰りました。


-終わり-


Manila1003-501.JPG

キアポのレクト駅から高架鉄道に乗って
まずはアラネタ・センター・グバオ駅へ行きました。
アラネタ・センター・グバオ駅までは7駅あります。

Manila1003-502.JPG

電車の窓から見たマニラの風景。

Manila1003-503.JPG

Manila1003-504.JPG

アラネタ・センター・グバオ駅に到着。
3号線のグバオ駅とは直接つながっておらず、
一度外に出て2~3分歩きます。

乗り換えついでに Max'sというチェーン店で昼食を取りました。
食べたのは骨付きの鳥の腿肉と春巻きとご飯がプレートに乗ったセット料理。
ご飯はパサパサでまずくて半分も食べられませんでした。

Manila1003-505.JPG

Manila1003-506.JPG

フィリピンのご飯もタイのご飯もインドのご飯も
みんな同じインディカ米と一まとめにされていますが、
食べた感じでは全部違います。

タイのご飯もインドのご飯もその国の料理で食べればおいしいけれど、
申し訳ないけどフィリピンのご飯はとても食べられたものじゃありません。
町の食堂もホテルのレストランも小奇麗なチェーン店も全滅です。

昼食後、3号線のグバオ駅から再び高架鉄道に乗りました。
目的地のケソン・アヴェニュー駅までは2駅です。

Manila1003-507.JPG


そしてケソン・アヴェニュー駅に到着。

ケソン・アヴェニューに来たのはフィリピン人から、
マニラで一番楽しい繁華街はケソン・アヴェニューだと聞いたからです。
観光客エリアからは離れているけど
夜は大きなクラブあったりテレビ局もここに集まっているとか。

Manila1003-508.JPG

しかし・・・。
どこにも繁華街らしきものが見当たりません。
確かにテレビ局の大きなビルはあるけれど・・。

Manila1003-509.JPG

地図に載っていたホテルもなにか怪しげ。

Manila1003-510.JPG


どうもここが中心らしい思われるトーマス・モラト通りへ行くも、
ぽつぽつとエルミタとは違った大きな店はあるものの、
前に車で乗り付けるような店で新宿や渋谷のような
ここが町の中心だと言うような繁華街は見つかりません。

Manila1003-511.JPG

Manila1003-513.JPG

まあ確かにエルミタやキアポよりはお金のある人が来る雰囲気だけど。
フィリピンである程度お金のある人は町を歩いたりせず、
目的の場所まで車で乗り付けるのだろうか?

Manila1003-514.JPG

Manila1003-515.JPG

後で聞いたらこの町は夜が楽しいのであって昼間は何もないとか。
早く言えよ!!

Manila1003-516.JPG


かなり期待して遠出してきただけにちょっとがっかり。
どっと疲れが出て帰りはタクシーで帰ることにしました。

ディモグ通りとの交差点のロータリーで
ホテルの出待ちをしていたタクシーに乗り
距離からすると200ペソぐらいかなと思って運転手に聞くと
なんと2,000ペソというふざけた答えが帰ってきました。

なんでそんなに高いんだと言うと遠いからだと。

はあ?空港からでも全然安いのにふざけんじゃねえ、
ぐらいの感じで怒鳴りつけてタクシーから降りました。

他のタクシーをつかまえて聞くと
「う~ん」と考え込んでから300ペソと言う答え。
前の運転手は2,000ペソだと言ったと言うと
運転手もあきれてました。

Manila1003-517.JPG

半日以上かけて来た道のりをタクシーでひとっとびです。

Manila1003-518.JPG

Manila1003-519.JPG

Manila1003-520.JPG

こんなんだったらキアポをもう少しゆっくり見ていたほうが良かったかも。
まあ、自分の目でケソンを見れて良かったか。

そしてまた雑然としたエルミタの町に戻りました。
メーターは200ペソよりすくなかったけどしっかり300ペソとられました。

Manila1003-521.JPG

ホテルに戻ってから町に出るといきなりスコールに見舞われました。
雨宿りにバーに駆け込みサンミゲール・ライトを一本。

まだ明るいけど飲みモードに入っちゃいました(笑)。

Manila1003-522.JPG

中は売春婦のおねえさんとおばさんでいっぱいの店。
女の人でいっぱいで普通の客は1/4ぐらいしかいません。

Manila1003-523.JPG

入ってくる客が座れないほどの人数がいたんじゃ、
それじゃあんたらも商売になんないでしょう?
もう少し頭使った方がいいんじゃないの?


雨も上がったのでホテルのまわりを一回りしました。

Manila1003-524.JPG

Manila1003-525.JPG

Manila1003-526.JPG

町中でバスケットボールをしてる人たち。
意外とのどか。

Manila1003-527.JPG


1日だけですが結構歩き回りました。

晩御飯はホテルのレストランでパンシット。
前回、唯一見つけた無難な食事です。

Manila1003-528.JPG


夜のエルミタの町並みです。
といってもホテルの前の通りだけですが。

Manila1003-529.JPG

Manila1003-530.JPG

Manila1003-531.JPG

セブンイレブンはどこ行ってもありますねえ。

Manila1003-532.JPG

遠くの派手なイルミネーションのビルがいい目印になりました。

Manila1003-533.JPG

なんかおいしそう。
晩御飯、ここにすればよかったかも。

Manila1003-534.JPG

朝7時チェックアウトですが、
寝る前に軽く一杯飲むことにしました。

Manila1003-535.JPG

売春婦で一杯の店の隣にある系列店。
でもこちらはガラガラ。
店員の女の子と話しながらビールが飲めて
私的にはこっちの方が楽しいです。

Manila1003-536.JPG

Manila1003-537.JPG


ホテルまでは歩いて5分ほど。
途中の道端で肉の串焼きを売っていたので
豚肉の焼き物を一本ためしに食べて見ました。
味は濃いけど割といけてます。

Manila1003-538.JPG

Manila1003-539.JPG


ホテルに戻って、翌朝の帰国に備えて早く寝ました。


ジョンズ橋から見たパッシグ川。
左はイントラムロス側、右はチャイナタウン側です。

Manila1003-401.JPG


ジョンズ橋の向こうにチャイナタウンの門が見えてきます。

Manila1003-402.JPG

Manila1003-403.JPG


門をくぐったチャイナタウンの町並みは意外と普通な商店街です。
バンバーガーショップの Jollibee、良く見かけます。

Manila1003-404.JPG


通りの突き当りにはビノンド教会の古い建物がありました。
この日4ヶ所目のカトリック教会。
なかなか重厚な雰囲気の建物です。

Manila1003-405.JPG

Manila1003-406.JPG

ここもミサをやっており人でいっぱいでした。

Manila1003-407.JPG

この教会は天井の絵がきれいでした。

Manila1003-408.JPG

Manila1003-409.JPG


ここで右折してオンピン通りを歩きました。
途中にあったスーパーでお土産に瓜の種や干しマンゴーを購入。

Manila1003-410.JPG

Manila1003-411.JPG

お土産にと思ってよく見ると台湾製だったりします。

Manila1003-412.JPG

Manila1003-413.JPG

仕事をしているのかしていないのか、路上でたむろしている人たち。

Manila1003-414.JPG

Manila1003-415.JPG

中華風の門で通りは終わり。
門の向こうにロータリーと噴水がありました。

Manila1003-416.JPG

Manila1003-417.JPG


その向こうにはサンタ・クルス教会ありました。
ここは他に見た教会よりはこじんまりとしています。

Manila1003-418.JPG


サンタ・クルス教会のすぐ先には高架鉄道1号線のカリエド駅があり、
その先はキアポ教会まで市場になっていました。

Manila1003-419.JPG

Manila1003-420.JPG

マニラの庶民の市場で、観光客など誰もいません。
洋服や日用雑貨が売られていました。

Manila1003-421.JPG

Manila1003-422.JPG


市場を抜けるとキアポ教会に突き当たりました。
この日6ヶ所目の教会。
ブラック・ナザレの像で有名だそうです。
この日はものすごい参拝者で教会の外まで人があふれていました。

Manila1003-423.JPG

Manila1003-424.JPG

フィリピン人、信仰心が熱いです。

Manila1003-425.JPG

Manila1003-426.JPG


教会の南側の通りにも市場が続いていました。
こちらは野菜や果物が売られていました。

Manila1003-427.JPG

Manila1003-428.JPG


キアポを離れてケソン・シティーへ行くことにして、
キアポ教会の隣にある大通りを歩いて
少し歩いたところにある高架鉄道2号線のレクト駅に向かいました。

大通り沿いの商店街です。

Manila1003-429.JPG

Manila1003-430.JPG


歩き疲れてめんどくさくなり、
タクシーを捕まえようと通りの向こうに渡りました。
歩道橋は二つに仕切られていますが、
仕切りのコンクリートの上でも物を売っていました。

Manila1003-431.JPG

結局タクシーは捕まえられず、
レクト駅に向かってまた通りの反対側に行きました。
通りを渡っただけ無駄でした。

Manila1003-432.JPG

Manila1003-433.JPG

レクト駅のある建物の入り口ではしっかり荷物検査をされました。
中には飲み物や食べ物を売る売店が何件か並んでいました。

Manila1003-434.JPG

Manila1003-435.JPG

ここでゼリーが入ったピンク色の飲み物、ハロハロを飲みました。

Manila1003-436.JPG


目的地は高架鉄道3号線のケソン・アヴェニュー駅。
上に上がり電車に乗って3号線との乗り換え地点の
アラネタ・センター・グバオ駅へ向かいました。

さらに北に向かい、リーサル公園を出てイントラムロスへ向かいました。
イントラムロスは城壁で囲まれたスペイン領時代の城塞都市です。

Manila1003-301.JPG

Manila1003-302.JPG

イントラムロスの入り口が見えてきます。

Manila1003-303.JPG

入り口の左にあった建物。
マニラ水族館だったようです。

Manila1003-304.JPG

ゲートをくぐりイントラムロスの中へ入ります。

Manila1003-305.JPG

Manila1003-306.JPG

Manila1003-307.JPG

Manila1003-308.JPG

西洋風の建物が並びますが、
ちょっと横に入ると庶民が暮らす路地に出ます。

Manila1003-309.JPG

Manila1003-310.JPG


サン・オウガスチン教会に到着。
前回ゆっくり見たので今回はちょっとのぞくだけ。
世界遺産だそうです。

Manila1003-311.JPG

Manila1003-312.JPG

Manila1003-313.JPG

Manila1003-314.JPG


サン・オウガスチン教会の前の路地の奥に庶民的な通りが見えています。
横道にそれてそちらに行って見ました。

Manila1003-316.JPG

Manila1003-317.JPG

Manila1003-318.JPG

さっきの通りはなんだこのよそ者は、という雰囲気でしたが
こちらの道は笑いかけてくれてフレンドリーな感じ。
子供が走り回って活気があります。
何が違うんだろうか?

Manila1003-319.JPG

オレンジ色の大きな幕は選挙の宣伝らしいです。

Manila1003-320.JPG

サン・オウガスチン教会があった道の1本横の道を歩いて
マニラ大聖堂へ向かいました。

Manila1003-321.JPG

マニラ大聖堂の横に出ました。

Manila1003-322.JPG

Manila1003-323.JPG

ここはステンドグラスがきれいです。

Manila1003-324.JPG

Manila1003-325.JPG

まわりには観光客目当てのカレッサがいます。

Manila1003-326.JPG

Manila1003-327.JPG


さてここまでは前回と同じコースですが、
今回はここで右に曲がってジョンズ橋へ行き、
パッシグ川を渡ってチャイナタウン、キアポへ行くことにしました。

イミグレーションの手前で奇妙な建物に出くわしました。

Manila1003-328.JPG

Manila1003-329.JPG

最初はただの廃墟かと思ったのですが、
ヘルメットをかぶったスポーツ用の自転車に乗った人が来ると
中から警備員が出てきてドアを開けて中に入れたのです。
いまでも使っているって事?

なんとも良く分からない建物です。

Manila1003-330.JPG


そこからはイントラムロスの外を壁沿いに歩きます。

Manila1003-331.JPG

途中でジプニーのボンネットを開けているおじさんがいて、
お願いして写真を撮らせてもらいました。

Manila1003-332.JPG


少し歩いてジョンズ橋に到着。
橋を渡ってチャイナタウンへ歩いていきました。

Manila1003-333.JPG


朝目が覚めると窓の向こうにエルミタの風景が広がっていました。
すぐ近くの汚いビルも、またここに来たんだと実感させてくれます。

Manila1003-202.JPG

Manila1003-201.JPG

ホテルのレストランで朝食バイキング。
小さいホテルの割りに割りとまともかも。

Manila1003-203.JPG


ホテルの中は割といい感じ。
手で扉を開ける骨董品のエレベーターがご愛嬌です。
前回と同じホテルなのですべて前回と同じ。

Manila1003-204.JPG

Manila1003-205.JPG

Manila1003-206.JPG


観光できるのはこの日1日だけ。
朝食をとるとすぐに町歩き開始です。

Manila1003-207.JPG

とはいえまずはホテルのまわりを一回り。

ホテルを出て左側(南側)の通りです。

Manila1003-208.JPG

正面にある屋台のハンバーガー屋さん。
柵まで取り付けたハンバーガー屋さんがある一方で
こんなオープンな店もあります。

Manila1003-209.JPG

そしてホテルを出て右側(北側)の通り。
一つ小さなホテルを挟んでエルミタ教会が見えています。

Manila1003-210.JPG

Manila1003-211.JPG

たまに見かけた小奇麗なハンバーガーチェーン店の jollibee。

Manila1003-212.JPG


すぐ隣のエルミタ教会を手始めに、北側に向かって町歩き開始です。

Manila1003-213.JPG

Manila1003-214.JPG

ちょうど日曜日でミサをやっていました。
ほんとうはカトリックの教会は中で写真を撮っちゃいけないそうですが・・。

Manila1003-215.JPG

Manila1003-216.JPG

カトリック・スクールが併設されています。

Manila1003-217.JPG

教会を出てさらに北へ。
リーサル公園へと向かいました。

Manila1003-220.JPG


今回はジプニーの渋滞に阻まれることもなく
順調にリーサル公園に到着。

Manila1003-221.JPG

Manila1003-222.JPG

朝のさわやかな公園風景に見えますが真夏の暑さです。
温度計は見ていないけど30度以上はあったでしょう。

Manila1003-223.JPG

Manila1003-224.JPG

売店の脇のテーブルでくつろいでいる人たち。

Manila1003-225.JPG

Manila1003-226.JPG


公園を出てさらに北へ、イントラムロスへ向かいました。