アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

淡水線で中山站へ戻る途中、剣潭站で途中下車して
士林夜市にちょっと寄って見ることにしました。

駅のすぐ横に食べ物屋さんがたくさん入った建物がありました。
ここはものすごい人ででした。

Taipei501.JPG

Taipei502.JPG

同じように見えても満員の店とがらがらの店とはっきりしてますね。
私も適当に混んでいる店に入って焼きそばみたいなのを食べて見ました。

そのあとは別の場所の小物などを売っている店の夜市へ行きましたが、
そこは人もまばらで売っている物もばったもんみたいなのばかりでした。
さっさと切り上げて駅に行き、ホテルへ戻りました。

Taipei503.JPG



いよいよ台北最後の夜。

最後にちょっと軽く飲んでくつろぎたいなと思いましたが、
近くには台湾人向けのクラブらしき店しか見つかりません。

かなり高い店もあるらしいので適当に入るわけにも行かず、
ホテルでもらったパンフレットに載っていた
2時間飲み放題1,500元(約4,200円)のセット料金がある
少し離れた日本人クラブへ行きました。

中に入ると結構感じのいい落ち着いた雰囲気でした。
まだ時間が早いせいか他のお客さんは2組ぐらいしかいません。

席に着くと女性がぞろぞろやってきて、
私一人に6~7人もつきました。
ちょっと料金を心配しましたがセット料金のみでOKでした。

しかし私の隣に座った女性に話しかけられて
二人で話していると残りの女性は何もしゃべらず
笑みを浮かべながら全員じっと私の方を見ていました。

なにこの雰囲気?
もういごこち悪いったらありゃしない。

正面のちょっとベテランそうな女性に
もっとみんなでわいわい話さないの?と聞くと
二人で話しているのに割り込むと悪いですからという答え。
なにそれ、大勢いる意味がないじゃん?

そうこうしている間にだんだんお客さんがやってきて、
女性は一人を残してみんないなくなりました。

やがて店のチーママが私の横にやってきて、
今晩のお相手は決まりましたか?と耳打ちしました。

そうか、そういう事だったのか。
ようはさっきの女性たちはその中から一人
今日のお持ち帰りを選べという事だったのね。

今日は飲むだけね、と答えました。
お持ち帰りもいいですけど、ちょっとそういう気分では・・。

客層は日本人サラリーマンばかりでお疲れ様とか
日本語が飛びかって日本語でカラオケしてるし、
予想はしていたものの完全に浮いていました。


2時間セットですが1時間ぐらいで切り上げてホテルに戻り、
ホテルのフロントのおじさんにどこかショット・バーがないか聞きました。

イギリス式のパブは二駅先の駅の近くの農安街という通りに多いそうで、
紙にメモを書いてもらってタクシーに見せてその通りに向かいました。


しかしその通りはそんなに繁華街ではなく、
どこにそんな店があるんだという感じでしたが
ちょっと歩くと入り口から中のカウンターが見えている店があり、
感じのいいおばあさんとお客さん一人が座っていました。

さっそく中に入りました。
おばあさんは日本語は少しだけだけど英語が上手でした。
お客さんも一人旅の日本人でした。
30代前半に見えましたが大学生の頃はバックパッカーで、
今も年5回ぐらい旅行をするそうです。

どこの国が良かったですかとかたわいもない話を
日本語と英語と混ぜこせで3人で話してました。
ネパールは良かったとか、ミャンマーは行く必要ないとか、
インドは苛酷な環境に耐えられるなら行ってみればとか、
まあ、そんな話です。

ようやく最後にしっくりする飲み屋さんを見つけました。
小瓶のビールを3本ほど飲んでからホテルに帰りました。


翌日朝7時頃ホテルをチェックアウトして、
MRTで台北站まで行ってリムジンバスに乗り空港へ行き、
午前11時のユナイテッド航空838便で無事帰国しました。

-終わり-


という事で、MRT淡水線に乗って終点の淡水駅へと向かいました。

椅子に座ってついうとうとしてしまいました。
目が覚めると車内の電光掲示板に終点の表示があり、
他の乗客と一緒に私も降りました。

しかし、地図によれば駅から海までは100m程なはずなのに
まわりは山ばかりで海が見当たりません。
それどころか海の方向に行く道すら見当たらない。

最初駅から真っ直ぐ続く道を歩き出しましたが、
幅が1mもない歩道で観光客どころか誰もおらず
まさかこの道じゃないだろうと駅まで引き返しました。

迷っていると海があるはずの方向に一本の小さな路地を発見。
まさか・・・この道? 半信半疑で歩き出しました。

Taipei401.JPG


少し歩くとおじさんが3人いたので、
そのうちの一人に地図を見せて身振り手振りで海はこっちか聞くと
おじさんも身振り手振りでずーとずーと真っ直ぐ行って
最後に左に曲がれと言うことなのでちょっと安心して歩き出しました。

しかし現れる風景は・・・まわりが畑になっていくんですけど。
ローカル過ぎる(涙)。

Taipei402.JPG


このまま行ったらどうなるんだと思っていた時に、
水路沿いの道に突き当たり右手に最初に歩いた道と
同じ道と思われる道を発見しました。

Taipei403.JPG

横にMRTの線路があってこの道なら駅まで戻れるだろうと
そちらの道を歩くことにしました。

って、なんで終点で降りたはずなのに電車が走っているんだ?
何か大きな間違いを犯しているような気がするんですが・・・。

まわりはのどかな山の風景。
海に来たはずなんですけど(涙)。

Taipei404.JPG

歩き始めて30分、2km程も歩いたでしょうか、
いくらなんでもこれはおかしいと駅に戻ることにしました。

3時ごろ歩き出して駅に着いたのはもう4時でした(涙)。
そして着いた駅には北投站と書いてありました。

Taipei405.JPG


ガイドブックの路線図を見るとMRT淡水線は
北投站まで赤い線が2本書かれていて
その先、淡水站までは線が1本になっていました。

降りたのは乗った電車の終点だったという事のようです。
だって、電光掲示板に終点としか書いてなくて
どこにも駅名書いてなかったじゃないか!

はあ・・・。


気を取り直して再びMRTに乗って淡水駅に向かいました。
そして再び車内の電光掲示板に終点の案内(笑)。
しかし今度は間違えようがありません。
車内からもう海がすぐ近くに見えています。

駅の改札を出ると海は目の前でした。

Taipei406.JPG

海沿いに食べ物やお土産の店が連なります。
誰だ台湾のベネチアとか言ったやつは。
ここは熱海か江ノ島か、といった雰囲気です。

Taipei407.JPG

Taipei408.JPG

もう日が傾いてきていました。

Taipei409.JPG

Taipei410.JPG

北投で1時間も歩いて足は棒のようでしたが、
海沿いに10分ほど歩いて紅毛城へ行きました。

400年近く前にスペイン人が築いた城で、
その後管理する国がいろいろ変わったそうです。

Taipei411.JPG

Taipei412.JPG

城というよりちょっとした大邸宅といった感じです。

Taipei413.JPG

Taipei414.JPG

Taipei415.JPG

ガイドブックに写真が載っていた砲台はとってもちゃちです。

Taipei416.JPG

丘の上にあり夕日が良く見えました。
まあ海岸にいても良く見えるわけですが。

Taipei417.JPG

夜市と化している海岸沿いを抜けて駅に向かい、
台北へと戻りました。

Taipei418.JPG


台北2日目はよく晴れて気温も上がり観光日和となりました。

この日はまず迪化街(ディーファジエ)へ行きました。
食料品などの問屋の古い建物が立ち並ぶ通りです。

静かな古いたたずまいを想像して行ったのですが・・・、
旧正月前の大売出しで朝から大変なことになっていました。

Taipei301.JPG

こんないい感じの建物が並んでいるんですが、
通りにせり出した売り場や通りの上の飾りつけなどで良く見えません。

Taipei302.JPG

こうなったら正月前の雰囲気を味わうしかありません(笑)。

Taipei303.JPG

Taipei304.JPG

Taipei305.JPG


次に行ったのは龍山寺(ロンシャンスー)です。

いきなり正面の門に電光掲示板が。
古いお寺に電光掲示板って違和感ないのかな?

Taipei306.JPG

ここは規模はさほど大きくありませんが、
屋根や柱の精巧な飾りつけがすばらしいです。

Taipei307.JPG

Taipei308.JPG

Taipei309.JPG

Taipei310.JPG

中に入ると大勢の人が熱心にお参りしていました。
長い線香を配っている人からもらって早速突入しました。
なんといってもこれが初詣ですからね。
あっ、台湾では正月前だから初詣にならないかな?

Taipei311.JPG

この横にある建物の屋根の龍や鳳凰(かな?)の飾り付け、
本当に精巧に出来ていて色彩もきれいで見事でした。

Taipei312.JPG

柱にも蛸とかいろいろな生き物の彫刻がしてあってすごいです。

Taipei313.JPG

裏手に回っても熱心な参拝客でいっぱいでした。

Taipei314.JPG



次は一転して超高層ビルの台北101へ行きました。
現在完成しているビルでは高さ世界一だと思います。
UAEドバイのブルジュ・ドバイが建設中ながら
既に台北101を抜いて世界一だといううわさもありますが。

Taipei316.JPG

89階の展望台へは5階からエレベーターで上がります。
入場料は400元(約1,100円)もしました。

5階はビルの高い部分がそのまま室内にあるデザインで
私的には結構好きです。

Taipei317.JPG

89階の展望台は高すぎて見える物すべてが小さくて、
泊まっているホテルの場所がどこだとかぜんぜん分かりません。

Taipei318.JPG

展望台の内部はこんな感じです。

Taipei319.JPG

91階に階段で上がると屋外に出れます。
以前は別料金がかかったようですが今は無料です。

こんな柵で囲まれていて絶対物が下に落ちないように
2~3名の警備員が見回りをしています。
柵からカメラを出して写真を撮っていたら注意されました。

Taipei320.JPG

そして間近に見るビルの最上部です。

Taipei321.JPG

88階には世界最大の制振装置があってこれも見学できます。

Taipei322.JPG

下に降りてまだ2時ごろでした。

Taipei323.JPG



朝考えた予定ではこの3ヶ所で夕方ぐらいで考えてました。

時間があるのでどうするか、ビルの前でちょっと腰掛けて考え、
淡水に海を見に行くことにしました。


台北2日目です。
市内観光はまずは台湾民主紀念館(中正紀念堂)へ行くことにしました。

京都商務旅館のフロントです。

Taipei201.JPG

立っているのはこの旅一番のお気に入りのお姉さん。
大して美人じゃないですが愛嬌がありました。
横にもう一人立っていたんですけどねえ、
なんかしゃがんじゃいました。

このホテルのフロントの人は全員日本語を話します。
といってもそのレベルはというと・・・?
しかし、全部日本語で用が済むというのは助かりました。


この日は寒波でしかも風が強くてほんとに寒かったです。
最初甘く見て半袖のTシャツにセーター、ウインドブレーカーという
なめたいでたちで外に出たら寒い寒い。
東京近辺と全然変わらないじゃん。

すぐにホテルに引き返してセーターの下に長袖のTシャツを
もう一枚着込んで外に出たけど全然効果なし。
もう一度引き返してセーターの上にフリースを着込んで
ようやく寒いながらもなんとか外を歩こうと言う服装になりました。

おかげでフロントのお姉さんにさんざん笑われましたよ。


ようやく服装も整い観光に出発。
途中の町の様子も見たいので、町の見物がてら、
台湾民主紀念館まで歩いていく事にしました。

かなり歩いて明治時代の日本の建物がある辺りに到着。
監察院です。

Taipei202.JPG

他にはめぼしい建物なし。

椰子の木とダウン着込んだスクーターの兄ちゃん。
かなりアンバランスです。
台北の町はスクーターが多いです。

Taipei203.JPG

そして台湾民主紀念館の正門に到着。
いやあ、意外とでかいですねえ。
さすがに中国を統治していた人の紀念館ですね。
たいしたもんです。

台湾でこれなら北京に行ったら・・。
台湾を見て中国(本土)に行きたくなってきます。

Taipei204.JPG

国家音楽廰(向かって左)と国家戯劇院です。

Taipei205.JPG

Taipei206.JPG

そして台湾民主紀念館(中正紀念堂)です。

Taipei207.JPG

中にある蒋介石の像です。

Taipei208.JPG

Taipei209.JPG

そして中正紀念堂から見た正門です。

Taipei210.JPG

結構、広いです。

Taipei211.JPG

もうお昼時になっていておなかもすいていて、
ガイドブックに載っていた近くの食堂へと向かいました。

おおっ、なかなかローカルな雰囲気でいいじゃないですか。

Taipei212.JPG

しかーし!

着いた建物は屋根が壊れていて洗濯物が干してあるボロ家。

ガイドブックに載っていた店の看板は屋根の上にあるものの、
どうも別の店になってしまっていたようです。
中をちょっと覗くと結構混んでいるのでこれはいいかもと突入しました。

Taipei213.JPG

メニューの中からご飯ものとおかずを適当に指差して注文しました。
チャーハンと鴨肉のローストが出てくるのを想像していたのですが、
出てきたのはこれ。

Taipei214.JPG

肉、頼まなくて良かったジャン(涙)。

味は良かったですが肉は結構硬くて骨がたくさんあって、
たまに食いちぎれない皮があって、
ただひたすら罰ゲームのように肉を食べました(涙)。

ゆで卵が一番おいしかったです。


食後、食いすぎの腹を抱えて総統府へ行きました。

Taipei215.JPG


一度ホテルへ戻る事にしましたが、
今いる場所もホテルも微妙に地下鉄の駅から遠くて、
真っ直ぐ歩いて帰っても大差ないと判断して
台北車站経由で歩いてホテルに戻りました。

これが大きな間違いで途中で腰が痛くなりました(笑)。

台北車站(台北駅)の手前に帰りのリムジンバスのバスターミナルがありました。
最初入った建物はなかなかきれいでした。

Taipei216.JPG

Taipei217.JPG

しかしあったのは長距離路線だけ。
空港リムジンは隣のもっと質素な建物でした。

Taipei218.JPG

そして台北車站です。

Taipei219.JPG

台北車站を見たあとそのまま歩いてホテルに戻りましたが、
寝不足と寒さと歩きすぎでどうも体調がおかしく、
少し寝ることにしました。

しかし眠いはずなのにほとんど眠れず、
夕方になって体調が戻らないまま夕食に出ました。
ホテルから5分ぐらいのところで雲呑麺を食べました。

Taipei220.JPG

Taipei221.JPG

雲呑はおいしかったけど麺が腰がまったくなくてダメ。
横で手打ちで作っていたのになんでこんなにべちゃべちゃなんだか。


そのあと体調悪いのに調子こいて飲みに行ったのが間違いの元。
だんだん寒気がしてきて頭もクラクラしだして、
早々に切り上げてホテルに戻って寝ました。

という事でとっても内容の薄い2日目でした。

Taipei222.JPG

↑夕食を食べた通りはこんな感じです。


正月明けの3連休に1日有給休暇を付けて、
あんまりみんなに話さずにひっそりと
1月9日から3泊4日で台北に行ってきました。

今回乗ったのはユナイテッド航空の台北便、
夕方6時45分成田発のUA853便です。
昨年の8月に特典旅行で予約していたのに4月に廃止になって
9月に復活したと言う鬼のような路線です(笑)。

今回購入したのはなんと総額 28,990円!の正規割引航空券です。

成田空港に到着してチェックインを済ますとすぐに、
年末の釜山旅行のときに見つけたタイ料理屋に
ちょっと遅めの夕食を食べに行きました。

Taipei101.JPG

食べたのは無難にレッドカレー(ゲンペッ)です。
味は無難においしかったです。

Taipei102.JPG


今回は食べ物がおいしいと聞いていた台湾ですが
私の口に合わないのか偶然なのかまずいものが多く
結局今回の旅行で一番おいしかったのはこのレッドカレーでした。


3時間ちょっとのフライトで無事釜山(←アホ!)台北の桃園空港に到着。
台湾なのにかなり寒くて体感気温はぜんぜん東京と変わらなかったです。
そして空港から国光客運の台北車站行きのリムジンバスに乗って
宿泊する京都商務旅館(キョウト・ビジネスホテル)へ向かいました。
ホテルの場所は林森北路と長春路の交差点すぐ近くです。

Taipei103.JPG


京都商務旅館は久々に泊まるちゃんとしたホテルでした。
http://www.taipeinavi.com/hotel/goods_view.php?goods_seq=40
http://www.kyotohotel.com.tw/jp/about.htm

Taipei104.JPG

トイレなんかウオシュレットですよ!
まあタイやマレーシアのハンドシャワーの方が実用性は上ですが。

Taipei105.JPG

そしていつ以来だか分からないバスタブ付き。
まあ私は洗い場が別にないとお湯をためたりしませんが。

Taipei106.JPG

Taipei107.JPG


チェックインしたのは夜中の12時ごろ。
さすがにエコノミークラスの機内食だけでは腹が減り、
近くのまだ開いている食堂へ行きました。

食べたのがこれ。

Taipei108.JPG

細めのうどんぐらいの太さのビーフンをみじかくっ切った麺と、
冷えた台湾風のソーセージをちょびっとだけ乗せた料理。

ビーフンはほとんど味がしなくてぜんぜんうまくなかったです。
ソーセージはパクチーみたいな葉っぱと一緒に食べて味はまあまあ。
かなり不満足な台湾での初食事でした。

無理やりおなかにかき込んだ後、
セブンイレブンで台湾ビールと青島ビールを1本づつ買って帰り
ホテルで置いてあったクラッカーをつまみに飲んで
寝るときには既に2時半ぐらいになってました。

Taipei109.JPG

↑部屋の窓から見えた交差点にある店です。