アジアへ散歩に行ってきます

年甲斐もなくバックパッカーにあこがれだしている、中年海外旅行初心者のブログです。



タイ・サムイ島、チャウエンビーチ

GWは昨年11月に泊まった京都の Hostel Ebi に3泊して京都旅行です。

HostelEbi.png


Hostel World を初めて使ってみようかと思ったら一泊4,500円もしました。
Booking.com で見てみたらキャンセル不可ながら税込み一泊3,600円でありました。
これで即決、3泊で10,800円と格安です。

さて交通手段ですが、3列シートなら高速バスでも大丈夫かと、
行きだけ予約したのですがすぐにGWの大渋滞を思い出してキャンセル。
キャンセル料が100円だけで助かりました。

次に、またぷらっとこだまを使おうと思ったら、
予約が可能になる一ヶ月前でグリーン車しか残っていませんでした。
あっという間に売れちゃったんですかね。

で、成田から関空に飛ぶことになりますがLCCを探したら、
Peachで2万円を切っていたので予約しました。

PeachOsaka.jpg


しかし、よく考えたら自宅から成田、関空から京都まで、
有料の特急を使わなくても片道分で3千円はかかります。
ぷらっとこだまでグリーン車予約しても同じじゃないか(涙)。

まあ、高速バスで渋滞にはまるよりはいいと思って行ってきます。


関連記事
金曜日に大阪に日帰り出張しましたが、
今度一緒に仕事をする事になった以前の会社の友人と飲むために
自腹で難波のFUKU HOSTEL NAMBAに一泊してきました。

またカプセルホテル風の二段ベッドのドミトリーに宿泊。
キャンセル不可ですが一泊2,775円と格安でした。
最近この手のホステルやゲストハウスがマイブームです。

場所は千日前通り近くのビルの3階ですが、
1階に大きな看板があって直ぐ見つかりました。

Osaka201703-101.jpg

Osaka201703-102.jpg


スタッフも宿泊客も若い人ばかりでおっさんの自分はちょっと浮いていました(笑)。

Osaka201703-103.jpg

Osaka201703-104.jpg


ドミトリーはこんな感じで私は下の段です。
かなりベッドの数が多いです。

Osaka201703-105.jpg

Osaka201703-106.jpg


廊下に鍵付きのセーフティーボックスが有りました。
荷物が入る鍵付きのロッカーはありませんでしたが、
ベッドの中に大きな棚が有りました。
バックパックはチェーンキーでくくりつけておきました。

Osaka201703-107.jpg


共用の洗面台とシャワールームです。
シャワールームは男女共用が3つと女性専用が1つありました。

Osaka201703-108.jpg


ベッドメイキングに手間取りましたが、
終わると前のコンビニで待っていた友人と飲みに行きました。
ベッドの上に乗ってベッドメイキングするのはなかなか難しいです。

まずは裏なんば虎目横丁のいつも串かつ屋へ。
小鉄という店ですが関西人の友人によると有名店だったようです。

ビール、ハイボールを飲みながら串かつとどて焼きです。
ソースが足りない時にはお通しのキャベツですくってかけろと教育されました。

Osaka201703-109.jpg


アスパラまるごと一本の串かつ。
これがあるところはいい店だとか。

Osaka201703-110.jpg


いい感じに酔っ払ってきたところで友人に連れられて立ち飲み屋へ。
なんと泊まったホステルの隣でした。

Osaka201703-111.jpg


奥に長〜いカウンター1本の店です。
大阪で飲んでるぞ〜という感じ満点です。

Osaka201703-112.jpg

Osaka201703-113.jpg

Osaka201703-114.jpg


友人が日本酒を飲んでいたのにつられて日本酒を飲んでみました。

Osaka201703-115.jpg


ベロンベロンに酔っ払ってホステルに戻りました。
隣で飲んでいたので楽勝です!
いびきを掻いて爆睡しました。
壁があるドミトリーで良かったです。

翌朝10時半頃ホステルを出て家に帰りました。

Osaka201703-116.jpg


飲み過ぎで疲れて新幹線の中でも爆睡でした。



せっかく買った Mammut Neon Speed 15L を使うために、
甲府に一泊旅行に行ってきました。

とりあえず普通乗車券を買って八王子まで行き、
あずさが空いていたら乗ろうと自由席のところに並んだのですが、
3分後にすぐ来たあずさの自由席はほぼ満席でした。

あきらめて次の普通列車に乗りました。
高尾で松本行きに乗り甲府で下車。
こっちのほうが空いていて料金も半額で、
1時間長くかかりましたが12時少し前には甲府に到着。
こっちでぜんぜん問題なしでした。

Kofu201703-101.jpg


とりあえず駅中のそば屋で昼食に天玉ソバを食べました。
立ち食いそばレベルの店ですが意外と良かったです。

Kofu201703-102.jpg

Kofu201703-103.jpg


甲府の駅の近くの観光名所を調べたけどあまりなく、
北口からバスに乗って武田神社に行ってみました。

Kofu201703-104.jpg

Kofu201703-105.jpg


10分ぐらいで武田神社に到着。

Kofu201703-106.jpg

Kofu201703-107.jpg


神社は武田信玄の屋敷だった躑躅ヶ崎(つつじがさき)館跡の中にあります。
もう屋敷はありませんが神社の横は発掘現場になっていました。

Kofu201703-108.jpg

Kofu201703-109.jpg


この石垣の外の南側も館だったそうで、
かなり広く規模的にはお城と言っていいレベルですね。

さてまたバスに乗って甲府駅に戻り、
甲府駅から徒歩5分のところにあるサドヤワイナリーに行ってみました。

Kofu201703-110.jpg


とりあえずワインでも土産に買おうかと売店に入ってみると、
日に何度かやっている地下セラー見学ツアーの次回があと5分。
聞いてみるとまだ参加できると言うので参加することにしました。

Kofu201703-111.jpg

Kofu201703-112.jpg

Kofu201703-113.jpg


参加料500円払ってツアー開始です。
まずは外のぶどうの木の説明を聞いてから地下セラーに入りました。

Kofu201703-114.jpg


今ワインを作っているところが見学できるのかと思ったら、
昔ワインを作っていた工場跡の見学でした。
昔の人手でワインを作っていた頃の道具の説明もあり、
それはそれで面白かったですが。

Kofu201703-115.jpg

Kofu201703-116.jpg


ここ、実は昔ワインを貯蔵していた場所です。
壁の白いタイルにワインの染みができています。

Kofu201703-117.jpg


狭いところから出ると広い樽を並べた場所に行きました。
まだ使っていない輸入した樽を並べてある場所です。

Kofu201703-118.jpg

Kofu201703-119.jpg


その奥がワインの試飲会場となっていました。

Kofu201703-120.jpg


ロゼ・白・赤と三種類のワインが少しづつ入ったグラスが置かれていて、
試飲というよりテイスティングのやり方の説明でした。
まず色を見て、香りをかいでその香りを言葉に表して、
そして口に含んで味を見るとか。

鼻がちょっと悪いんで香りはぜんぜんわかりませんでした(笑)。
香りを言葉に表す例として「トマトジュースの香りがする」なんて言ってたので、
質問の時になんでワインがトマトジュースの香りがするのか聞いてみたら、
同じ物質が入っていて同じ香りがするそうです。

Kofu201703-121.jpg


見学が終わるともらったグラスワイン交換券を持って、
グラスワインの売店に行ってワインと交換。
ワイナリーで青空の下で飲むワインはうまいです!
(味はわかりませんが・・)

Kofu201703-121b.jpg


売店でワインのハーフボトルを土産に買ってホテルに向かいました。
ということで適当によったワイナリーでしたが結果的に良かったです。

さてこの日泊まるのは東横イン甲府駅南口1です。
甲府駅前には東横インが2ヶ所ありますが、
駅の直ぐ近くの方ではなく舞鶴城公園の南にある方です。
一泊5,800円でした。

Kofu201703-122.jpg

Kofu201703-123.jpg

Kofu201703-124.jpg

Kofu201703-125.jpg


しばらく休んでから夕食を食べに甲府の繁華街へ出かけました。
残念ながら半分シャッター街のようになって寂れていました。

Kofu201703-126.jpg


Googleマップで見ると評判のいいラーメン屋さんがあったので行ってみました。
繁華街を抜けた先にありました。

Kofu201703-127.jpg


入ってみると老夫婦二人でやっている(よく言うと)庶民的な店でした。

Kofu201703-128.jpg


一番人気だという塩ラーメンを食べてみました。
刺激のない飲みやすいスープで美味しかったです。

Kofu201703-129.jpg

Kofu201703-130.jpg


ただ、エベレストの岩塩を使っているとか散々うんちくを聞かされ、
あげくに岩塩をなめさせられてまいりました。

聞くと、他の仕事をしていたのがラーメン好きが講じて
自分でラーメン屋をはじめたとかでもともとは素人。
ラーメン自体はそこそこ美味しいかもしれませんが、
客のことなど考えておらず自分の趣味を客に押し付けているようで、
商売人としてはぜんぜんダメで気構えが素人だと思います。

そういう意味ではおすすめしません。

さて翌朝、チェックアウトするとホテル隣りにある舞鶴城公園に行きました。

Kofu201703-131.jpg

Kofu201703-132.jpg


西に山が見えてきて眺めが良かったです。

Kofu201703-133.jpg


南側は甲府の町が一望できます。
泊まった東横インも見えています。
よく見ると鉄塔の横に富士山が見えていました。

Kofu201703-134.jpg

Kofu201703-135.jpg


帰る前に駅前で甲府名物のほうとうを食べてみました。

Kofu201703-136.jpg

Kofu201703-137.jpg


初めて食べましたが、味噌が臭くて一瞬ぎょっとしました。
食べれば別に普通の味噌味でした。

駅に行くとちょうど10分後ぐらいのあずさ号があったので、
日和って指定席特急券を買って帰りはあずさで帰ることにしました。

Kofu201703-138.jpg

Kofu201703-139.jpg


帰りのあずさはがらがらでした。
1時間ぐらいで八王子について楽ちんでした。



Mammut Neon Speed 15L を衝動買してしまいました。
一泊ぐらいにちょどいいバックパックが欲しかったのですが、
形が気に入ってこれにしました。
(写真だと潰れていて形がわかりませんが・・)

Mammut01.jpg

Mammut02.jpg


背中側に MacBook Air がなんとか入りますが、
そうすると他の荷物があまり入りません。
下着と洗面道具ぐらいを詰めて一泊するのには使えますが、
出張で仕事道具も入れるとなるとちょっと無理ですねえ。

試しに空の2Lのペットボトルを入れてみましたが、
ファスナーを開けて容量を拡張しても3本しか入りませんでした。
誰かにバックパックの容量表記の基準を教えてほしいです。

Mammut03.jpg


作りはかなり本格的な登山仕様のようです。
笛がついていますが遭難したときのためでしょうか。
通勤ならぴったりの大きさですがちょっともったいないです。

30Lだと一泊出張にはちょっと大きいので、
もう一つ22Lぐらいのが必要ですかね(笑)。


関連記事
1月末の金曜日に大阪に出張した時に自腹で一泊してきました。
泊まったのはアパホテルなんば心斎橋です。
アパホテルには初めて泊まりました。
朝食無しで一泊7千円でした。

Osaka201701-101.jpg


部屋の広さが10㎡なので相当狭いことを覚悟していたのですが、
部屋の形が真四角で意外と圧迫感がありませんでした。
10㎡で細長い部屋だと壁がせまってきますがこれならなんとかOKです。

Osaka201701-102.jpg

Osaka201701-103.jpg


部屋自体はとてもきれいです。
服をしまっておく場所がないので女性が何泊も泊まるのは辛いかも。

Osaka201701-104.jpg

Osaka201701-105.jpg

Osaka201701-106.jpg


話題になってたオーナーが書いた本がありました。
前書きがやたら大きい字なのに本文が半分ぐらいの大きさの字で笑いました。
途中の一ページだけ読んでみたけど内容はまともだと思います。
反論があるなら根拠を示して議論すればいいだけと思います。

Osaka201701-107.jpg


さて部屋に荷物を置くとさっそく飲みに出かけました。
ロビーは部屋の広さに似合わないゴージャス感。
まあ、私の趣味とは違います。

Osaka201701-108.jpg

Osaka201701-109.jpg


ホテル前の路地を100mほど歩くと御堂筋に出ます。

Osaka201701-110.jpg


御堂筋に出るともう道頓堀が見えています。
右を見るとドンキーという立地です。

Osaka201701-111.jpg

Osaka201701-112.jpg


道頓堀は相変わらず中国人でいっぱいでした。

Osaka201701-113.jpg

Osaka201701-114.jpg


相合橋筋で曲がってなんばに行きました。

Osaka201701-115.jpg


行き先は千日前通りにある裏なんば虎目横丁です。

Osaka201701-116.jpg

Osaka201701-117.jpg


いつもの串かつ屋小鉄のカウンターに座って生ビールを注文。

Osaka201701-118.jpg

Osaka201701-119.jpg


お通しのキャベツです。

Osaka201701-120.jpg


どて焼きと串かつ10本盛り合わせを食べました。
ここでこれを食べないと大阪に来た気がしません。

Osaka201701-121.jpg

Osaka201701-122.jpg


近くをちょっとブラブラ。
一瞬なんばグランド花月で漫才を見そうになりましたが思いとどまりました(笑)。

Osaka201701-123.jpg

Osaka201701-124.jpg


戎橋筋を通って心斎橋に戻りました。

Osaka201701-125.jpg

Osaka201701-126.jpg

Osaka201701-127.jpg


そして戎橋を渡ると心斎橋筋が中国人で満員電車のようになっていました。
隣の路地に行けば誰も居ないのに道頓堀とここだけ大混雑です。
こういうのを見るとうんざりします。

Osaka201701-128.jpg


心斎橋筋には突入せず右に曲がって隣の路地へ。

Osaka201701-129.jpg


またバニーちゃんのいるショーパブに吸い込まれました。
バニーちゃんに弱い私・・。

Osaka201701-130.jpg


さて、最後は味仙の担仔麺で締めました。

Osaka201701-131.jpg

Osaka201701-132.jpg


出張で大阪に来すぎて特に観光する気も起きず、
翌朝、特にどこも寄らずに新幹線で帰りました。